「日記」カテゴリーアーカイブ

ローカル真っ盛りと降級制度廃止

小倉である。
日曜日には注目の九州産馬限定の新馬戦がある。

テイエム5頭出しに、カシノ2頭出し、ヤエノ2頭出し(そしてカシノとヤエノの勝負服がw)、他に山下オーナー2頭出しに竹原オーナー2頭出し。
これで除外になったテイエムのもう1頭とかキリシマなどが出走してたら更にめんどくさくなっていたことに。
毎年恒例のことではあるけれど、九州産馬限定の実況を担当される方は大変だなと。

単純にレースを観てる側としては同じ勝負服が複数あって面白いなと思うけど。
 
 

そんな小倉開催、現役時代小倉の古馬平地重賞3レースを制覇し、現在は小倉競馬場で誘導場を務めているメイショウカイドウが今年の夏で誘導場を引退するらしい。

今は北九州記念が1200mになっているから、いわゆるこの小倉3冠を達成するのはなかなか難しいだろうなあ、というか3冠すべてに出走する馬もなかなか出てこないと思われ。

こういった小倉のメイショウカイドウとか函館記念のエリモハリアーみたいな限られた条件だと妙に走るというのが出てくるのもローカル開催の面白さだなあと思ったり。

なので今年の七夕賞を勝ったゼーヴィントにはGI戦線では活躍しないで、秋の福島開催の福島記念を勝ってもらって福島3冠を達成してもらいたいなあ、などとボンヤリ考えている。

そして引退後は福島競馬場で誘導馬を!
 

GIレベルでは厳しいくても、そういうところで個性が光る馬というのも魅力だよなあ・・・などと思ったりする夏である。

あ、こんな書き方するとゼーヴィントはGIでは通用しないと思ってるように見えるけど、けっしてそういう意図ではありません。

せっかく今、福島3冠の権利を持っているのでできれば達成してほしいなあと思っているだけなのでご承知おきくださいませ。
 
 
 
 

 
 
 
 
今日、4歳夏の降級がなくなることが決定された。
 
2019年からの実施とのことなので現2歳馬から適用になる。
 
 
2歳時に重賞を勝って、その後上のクラスで凡走を続けてしまうような成長力にかける馬にとっては引退が早まるようになるか。
 
また、下級条件なら好走するが昇級すると能力的に厳しいとわかっているようなタイプはあえて勝ちにはいかないというケースも増えそうだ(=1着賞金を狙うのではなく、2~5着の賞金を積み上げて投資資金を回収しようとする)。
 
ま、ルールにはどんなものにも良い面、悪い面があるから何とも言えないけど、一口馬主的には必ずしも勝ってほしい、という空気ではなくなるのだろうなあ。
3歳時に下手に勝ち上がっちゃうと逆に引退が早まるとかなりそうだし。
 
 
降級制度廃止だけで、負担重量の変更がなければ2019年からは夏競馬は3歳馬中心に考える形になって予想は楽になるかもしれないが。
 
でも、馬券的妙味は薄くなるのかもしれない・・・なんとも・・・う~む。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

アイビスSDはフィドーシアかなあ

新潟開幕週を飾るアイビスサマーダッシュ。

新潟が現在の左回りに改修され誕生した芝・直千、もうすっかり定着した夏の名物レースでありながら、秋のGI開幕戦スプリンターズSへのステップとしても重要な一戦。

と書いてから調べてみると、過去10年でアイビスSDをステップにしてスプリンターズSで馬券になったのは2013年の2着馬ハクサンムーンと2007年の3着馬アイルラヴァゲインの2頭だけだったw(両馬とも間にセントウルSを挟んでるし)

それほど重要ステップというわけじゃないのね。

どうも2004年にアイビスSD、スプリンターズSと連勝したカルストンライトオのイメージが強力すぎて。

でも当時はアイビスSDは連続開催の6週目だったし、スプリンターズSは泥んこの不良馬場だったからなあ。
 
 

今年はその新潟の直千の重賞に18頭がエントリー。

フィドゥーシア、ネロが人気、続いてアクティブミノル、レッドラウダ、レジーナフォルテといったところが上位人気。

別定戦だが負担重量は上が58kg、最軽量が51kgとハンデ戦のような様相を呈しているので過去ハンデ戦で好走しているようなハンデキャップホースには注意したいところ。

そういう意味では前走の韋駄天Sを勝っているフィドゥーシアは斤量も前走と同じ54kgだし中心視せざるを得ないかもしれない。
これで8枠にでも入ったら素直に軸に信頼か、人気だけど。。。

 
 
 
◎ デビュー戦を追い込み3着だったヴェロニカグレースはノーザンファーム天栄に放牧に出た。
ここまでデビューに向けて結構攻め込んできたので疲れが溜まっているのは間違いないとのこと。
 
調教師のコメントでは

「レース後に左前脚が少しモヤッとしたので、火曜日に念のためレントゲン検査を行いましたが、特に異常は見られませんでした。獣医の見解だと、おそらく若馬特有の疲れが出てきたのだろうということでしたし、ゲート試験合格後からデビューまで続けて使ってきた疲れがおそらく出てきたのだと思います。結果を残すことは出来ませんでしたが、直線はいい脚を使ってくれて初戦から目途の付くレース内容だったと思いますし、いい状態で出走することが出来れば自ずと結果は付いてきてくれるでしょうから、まずはしっかりと牧場で疲れを取ってもらいたいと思います。」

シルクホースクラブのサイトより

 
 
そうすると2戦目は秋の東京開催あたりか。
 
デビュー戦の終いの脚を見ると東京の長い直線は合っていそうな気がするし、しっかり疲れを取って万全の体勢で戻ってきてほしい。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

 

ヴェロニカグレース、デビュー戦は7枠12番

ヴェロニカグレースは7枠12番。

開催最終週の芝コースということを考えると、この枠は良さそう。
血統的にはそれほど注目を集めるタイプではないと思うが、予想紙の印もそこそこついている。

これは調教時計がそこそこ良いタイムを出しているからか。

※画像はすべて日刊競馬

新聞の厩舎コメントは武市調教師が「飼葉食いが安定しないのが難点だが、十分に乗り込んだ。長く脚を使えそう」と。

シルクのHPでは「いい状態に仕上がったと思います。調教では水準以上の動きを見せていますし、初戦からいい競馬を期待しています」というコメント

若干ニュアンスが違うのはシルク会員向けへのリップサービスもあるんだろうなあと思いつつ、やっぱりそれなりに印もついてるし期待してしまう。

金曜夜23時の段階では単勝オッズ8倍の4番人気。

ダノンポピー、ナスノシンフォニー、プトラナの順で1~3番人気になっているが、複勝はコスモフェリーク、エイワファーストも売れていて、やや混戦模様。

ここは素直に単複の応援馬券を買って見守る。
 
 
 
 

 
 
 
 
中京5Rの新馬戦ではスクリーンヒーロー産駒ウインヒストリオンが4枠6番に入った。
 
金曜23時で単勝オッズ6.2倍の3番人気、複勝は2番人気に支持されている。
追い切りは栗東坂路で 51.9-38.2-25.7-13.2 という時計を出しているのでこれが評価されているのか。
 
TARGETのデータマイニングでは10位なので人気だからといって信用してもいいのかどうかと思っているが、やはり馬券的には軸に据えてワイド・3連複で少し買ってみようかと。
 
ちなみにヴェロニカグレースはTARGETのデータマイニングは堂々の1位。
それで4番人気だからちょっとオッズ的にも美味しいのかもしれない、などと良からぬ期待もしてしまうw
 
 
函館1Rにもスクリーンヒーロー産駒が2頭、ソウラセブンとヒダルマが出走するがこちらはあまり期待はしないほうがいいか。
 
ヒダルマに騎乗する短期免許で来たティータ騎手はどんな騎手なのか。
 
POGで指名しているカレンシリエージョが断然人気になりそうなメンバー、7頭立てという少頭数でもあるしここは馬券は考えずに応援に徹しようw
 
 
馬券勝負は日曜日に譲って、土曜日は新馬戦の応援馬券が中心になりそうだ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ヴェロニカグレース、出馬確定

ヴェロニカグレース、土曜福島5Rの牝馬限定芝1800に出走確定。

調教時計を見るとダノンポピー、ナスノシンフォニーあたりが強敵という感じ。
どのくらいやってくれるのか楽しみにしている。
一応、シルクホースクラブは福島がご当地馬主ということになるから、それに合わせてデビューを持ってきたという感じもしなくはないけどw、調教もそこそこの時計を出しているし案外いい勝負をしてくれるかもしれない。

一応、口取りの申し込みはしたのでもし権利が取れたら福島に行こうと思っている。
 
 
 
 

 
 
 
 
ヴェロニカグレース以外にも今週は応援馬が盛りだくさんだw
 
土曜日は函館1R、2歳未勝利にスクリーンヒーロー産駒のソウラセブンとヒダルマ、それにPOGで指名しているカレンシリエージョが、
 
同じく土曜中京5R、2歳新馬にスクリーンヒーロー産駒のウインヒストリオンが。
 
 
日曜日には函館5Rにスクリーンヒーロー産駒ジェネラーレウーノが、福島5Rに同じくスターリバーが、中京9Rに同じくナムラマルが、そして中京メインの中京記念にはグァンチャーレが出走する。
 
他にも日曜日には函館1Rにダイナアクトレス牝系のトランプが、福島9Rに同じくヒドゥンパラメータが出走予定。
 
都合、ヴェロニカグレースを筆頭に応援馬が11頭出走という大変な週末になってしまった(笑)
 
とても全部の応援馬券を買っている余裕はなさそうなのが嬉しい悲鳴とでもいうか、逆に冷静に判断できるなコレwという感じである。
 
 
来年には更にスクリーンヒーロー産駒のデビューも増えてくるはずだし(2015年の種付け頭数は一気に190頭とかに増えてたからな)、そろそろスクリーンヒーロー産駒だからという理由だけで馬券的には応援もできなくなってくるはず。
今週のように応援血統の多いときにどういう馬券をやるかというのはこの先のいい練習になる気がする。
 
 
まずは土曜日のヴェロニカグレースの新馬戦。
 
無事に走り切ってほしいし、願わくば勝てますように。そしてその時に口取り写真に入れたらハッピーだなあ・・・
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

函館2歳Sは当たる気がしないから

函館2歳Sって当てた記憶ないなあ・・・と思って記録のある分だけ調べてみたら、ほんとまったく当たってないw

ま、ほとんどの出走馬が1戦しかしてない馬たちのレースだし、展開を重視する予想スタイルとしては各馬の脚質もよく分からない時期だしこれは仕方がないとは思う。

馬体や1~2戦の走りで馬の特徴が把握できるような馬見ができればいいのだけど、そんなセンスはからっきしだし。

あまり手を出さないほうがいいレースではある。それでも重賞だからつい少しだけと手を出してしまうのだが・・・(笑)
 

去年はスクリーンヒーロー産駒のメローブリーズが参戦して、8番人気ながら4着に好走。あと一歩で馬券圏内だったんだけどな。当然私の馬券もはずれた。
 
 

なので自分で考えることを止めて、JRAサイトのデータ分析を見てみた。すると、

・キャリア1戦の馬
・4コーナーを5番手以内で通過して優勝
・前走の馬体重は480kg未満
・誕生日が4月上旬まで

などと書いてあるが、エントリー17頭中、14頭がキャリア1戦だし、16頭が4角5番手以内で優勝してるし、14頭が前走馬体重480kg未満だし、12頭が4月上旬までに生まれてるw

これじゃ消せないんじゃね?と思ったが上記の4つをすべてクリアしたのは9頭だけ。意外と消せたw

この9頭の中に勝ち馬がいるんだなと思ったが、netkeiba.comで上位人気になっている3頭が残っている。
それならその3頭の内のどれかを軸にしたいところだ。
となると9頭の内のもう何頭かを消して買い目を絞りたいところ。

・・・だが自分にはもう絞る根拠がないw 結局データ分析では買い目は決められないwww

 

こうなると出走馬の前走VTRをひたすら見るか、血統に頼るくらいしかない。

しかし、血統についてはまだまだ知見の足りない自分では過去5年の馬券になった15頭の5代血統表を見たところで何も思いつかない。
 

というわけで地方から参戦のヤマノファイトを除いた全馬の前走をチェックしてみた。

時計などは見ずに単にレースぶりだけを見ていいなと思ったのはスズカマンサク、ダンツクレイオー、デルマキセキ、ベイビーキャズの4頭。

なのでどうせ外れるしwこの4頭の馬連3連複ボックスで。
もし人気がないようならワイドも押さえてみようかなどと枠順も決まってないのに考えていたりする。
 
 
 
 

 
 
 
 
今週はいよいよ土曜日にヴェロニカグレースがデビューするし楽しみだなあ~と思っていたら、今日の想定では18頭が出馬投票する見込みで除外の可能性が(;’∀’)
 
確率は16/18で出走できるはずだが、まさかの除外にならないことを祈るのみ。
 
ここで除外になったら新潟になるのか、それとも札幌か。
まさか小倉はないよな。。。
 
 
ちなみに土曜・中京の新馬にはスクリーンヒーロー産駒のウインヒストリオンが出走想定。
今日の追い切り、栗東の坂路で 51.9-38.2-25.7-13.2 となかなかの好時計。
これはちょっと期待できるんじゃないか?などと思ったりしているが果たして。
 
 
各馬、無事にデビューして、そして願わくばいい走りを見せてほしいものだ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!