「日記」カテゴリーアーカイブ

シンザン記念(2018) 予想

フェアリーSは本命に取ったスカーレットカラーが2着してくれて馬連的中。
勝ち馬が人気のプリモシーンだったが馬連32倍ついてくれてちょっと意外。スカーレットカラーそんなに人気なかったのか。

スカーレットカラーはあまりいいスタートではなく、中団の後ろから大外を回すレース運びでこれは厳しいかと思ったが、最後までしぶとく伸びてくれた。

まずまずイイ感じで今年最初の開催に対応できている気がする。この調子、続くといいなあ。
 

さて、シンザン記念。
馬券としては正直狙いにくい気がする。

少頭数が意外と荒れるというのはよくあるが、特に人気を被るという存在もいないしこういう時はわりとあっさり上位人気馬で決まって、まあそこそこの配当という穴党としてはイマイチ歓迎しにくいレースになってしまいそうな気がする。

配当妙味で本命に取るのは9番カフジバンガード。

あまりガリガリ先行争いになるというイメージのわかないメンバーなので、坂の下りから勢いをつけて押し切るような脚比べならこの馬が一番向いているような気がする。あくまでそんな気がするだけだ。根拠はない。

対抗は3番アーモンドアイ。同様に終いのキレ勝負なら牝馬らしいキレを持つこの馬が向いているか。

以下、11番カシアス、2番ファストアプローチ、8番プリュス、6番ブランモンストル、10番ヒシコスマーまで。

アーモンドアイ、スターリーステージ、プリュスといった牝馬勢がけっこう人気なのでメンバーレベルとしてはどうなんだろうな?と思うレース。

ケン、かなあ・・・
 
 
 

 
 
 
 
中山5R、3歳500万芝2000m
 
ヴェロニカグレースは5枠6番。前日21:37現在で単勝2.1倍の1番人気。
 
まあ単勝票数が2846票とまだまだ少ない状態での1番人気だから何とも言えないが、馬連や馬単、3連複の合成オッズでみても1番人気になっているので上位人気でレースを迎えることは間違いなさそうだ。
 
上手く勝ち上がってくれるといいのだが・・・
 
 
各馬が勝ち上がったときのTARGETの指数を見るとライバルはランリーナ、オウケンムーン、ロジャージーニアスの3頭か。
 
ヴェロニカグレースの単勝オッズが2倍台前半にとどまるようなら、単勝勝負というのもちょっとつまらないので3連単1着固定か馬単1着固定で相手を絞って、ということになると思うが・・・
 
どの程度の期待値になるか。
 
 
出資馬が人気になるのは嬉しい反面、馬券的には難しくなるもんだなあと思ったり。
 
ぜいたくな悩みだろうか。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

角居調教師、3年後に引退

角居厩舎が3年後に解散するというニュース。

びっくりだなあ。

祖母の代から受け継いでいる天理教の仕事に従事するために引退を決めたとか。

ウオッカやエピファネイア、ヴィクトワールピサ、ルーラーシップ、デルタブルース、ハットトリックなどなどなどなど・・・

名馬をたくさん育て上げている名トレーナー。

まだ53歳。続けてくれればまだまだたくさんの名馬を輩出してくれそうな調教師だけに残念ではある。

きっとご本人もそうとうに考えた末の結論なのだろう。

残りの3年もキッチリと仕事をしてくれることと思う。これからも、そして引退後も頑張ってほしい。
 
 
 

 
 
 
 
しかし、こういうニュースが入ってくると中山金杯のデニムアンドルビーが俄然無視しにくい存在になってくる(笑)
 
今回は展開的に向かないと思うのだが、前走久しぶりにデニムらしい走りを見せているだけになんとも困ってしまうじゃないか・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年も本ブログをよろしくお願い申し上げます
 

さて、暮れのホープフルSは(というかその日は一日中)ガツンとハズれて2017年の最終日を終了。
2018年の分まで先取りしてはずしたんじゃないかという感じのハズレっぷりだったので、安心して新年を迎えたw

年明けは東京競馬場にほど近い大國魂神社にて、2017年のお礼と今年の当たりを祈願すべく1月2日に初詣も済ませた。

これで万全の体制で金杯を迎えることができるし、1月8日には愛馬ヴェロニカグレースの3戦目もしっかり応援に行くことができる。万々歳だ\(^o^)/←カンチガイ
 
 

今年は1月6日に東西金杯、7日にフェアリーS、8日にシンザン記念と例年とは違う3日間開催からのスタート。

昨年から始まった有馬記念後の飛び地的1日開催といい、年初からの3日間開催といいこれまでまとまった休みといえば年末年始しかない競馬関連で仕事をされている方に同情を禁じ得ない環境になっていますが、どうか魅力的な競馬が続くようにこれからも頑張ってほしいなと応援したい昨今である。

年末年始の休日、しかも競馬開催もない土日をはさんだおかげですっかり曜日感覚がなくなっているが、自分の仕事始めと同時に3日間開催の出走馬も確定する。
正月ボケの2日間の仕事なんぞ手に着くはずもない(3日も休んだ後の月初なのでそんなことも言ってはいられないがw)

とりあえず京都金杯は開幕週のAコースなので枠順が決まらないことには事前にあれこれ考えても仕方がないので中山金杯の登録馬を眺めているが・・・

12月の最終日を見ているとペース次第で外差しも決まる馬場のようだったので、その流れは今週も続くのだろう。

何が何でも逃げというタイプはいないがそれなりに先行馬はいるので、どうしても中団あたりからスムーズに流れに乗って終いキッチリ脚を使うというタイプに目が行く。
しかも中山金杯はどちらかといえば消耗戦になるケースが多いイメージなので、スローの瞬発力勝負で良さが出るタイプよりも、じりじりと長くいい脚で伸び続けるタイプがいいのだろう。
となると浮上するのは自分のイメージだと人気どころならセダブリランテス、穴っぽいところならブラックバゴ、フェルメッツァといったところだがどうだろうか。

前走で久々に馬券圏内に来たデニムアンドルビーなんかは応援したいが、スローの流れを後方から追い込むイメージなので中山金杯は合わない気がする。

あとは明け6歳、前走勝ちでようやくオープン入りしたストレンジクォークが、中山芝成績の良さ[3.3.2.2]と軽ハンデに期待してヒモには入れたいタイプ。ただ小島太厩舎というのが気に入らないがw
 
 
 

 
 
 
 
2018年前半、一番気にしているのはやはりヴェロニカグレースがクラシック路線に乗れるのかどうかという点。
 
なので8日(月)の5R・3歳500万芝2000mでどこまでやれるかというのはドキドキだし、期待半分不安半分である。
 
鞍上・津村、というのはシルク=ノーザンファームはそれほど期待していないということなのか、それとも津村という騎手に今後の伸びを大いに期待しているということなのか。
 
当日は京都でシンザン記念があり、シルクの期待の1頭アーモンドアイが出走予定でそちらに戸崎を乗せるようで、そのため津村を指名したという流れのようだがそれならば初戦に乗った石橋脩でもいいんじゃないかと思うのだが。
 
クラシックを意識しているならあまりコロコロ鞍上を替えるというのは感心しないし、そういう観点で見るとやはりそれほど生産者サイドは期待していないのかと感じる。
 
 
ま、募集総額1500万円の馬だしなあ(笑)
 
 
とりあえず今年の最初の競馬場参戦は1月8日。中山の第5Rを自分のメインレースに据えてw、しっかり応援してくる所存。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ルーカス回避の報はなんだったのか

枠順確定したので見に行ったらルーカス出走するじゃないか。

昨日のニュースはいったい何だったのか。まるで回避することが確定であるかのようにニュースが垂れ流されていたが。
 

ま、出るからには贔屓馬だからなんであれちゃんと馬券を買って応援する。
 

しかし、もう1頭応援したいナスノシンフォニーが大外17番枠。人気もないだろうし狙い目でおもしろいと思っていたがよりによって大外とは。
場合によっては軸にしてもいいんじゃないかとまで考えていたが、少々検討しなおさなくてはいけないかもしれない。

こうなると素直にルーカス軸の馬券でいいか。。。
 
 
 

 
 
 
 
この日スクリーンヒーロー産駒の出走は他に中山で2頭、阪神で2頭。
 
ヨヨギマックが阪神メインのベテルギウスSに、マイネルパラディが阪神12RのファイナルSに出走する。
 
中山は2歳未勝利の2鞍、2Rにソウラセブン、3Rにウインスラーヴァ。
 
ヨヨギマックは半年の休み明けから5戦して11,9,9,16,8着。いいところなくオープンの壁にぶつかっている印象だが、昨年のベテルギウスSではミツバの3着と馬券圏内。
今年は昨年より1F距離が短くなっているがゲンのいいレースで復活の兆しを見せてほしいところだ。
 
ファイナルSのマイネルパラディは昇級初戦の前走・渡月橋Sを3着。行き脚がつかず後方からのレースとなったが直線に入ってから長く脚を使って2着馬をハナ差まで追い込んだ。
勝ったモズアスコットには2馬身離された完敗だったが、相手は次走・阪神Cを4着と如何にも強かった。このクラスならパラディも勝負になるだけの力はあるんじゃないだろうか。
3戦連続で10kgずつ馬体を増やしながら好走しているのは充実期に入っているとも思えるし、ここは期待したい。
 
中山の2頭は、まあ、頑張れ(笑) 3Rのウインスラーヴァは少しは良いところもあるだろうか。なんとか馬券圏内に来てくれれば・・・
 
 
 
ところで中山2Rのソウラセブンに騎乗する加藤聡一って誰だ?と思ったが、この日はヤングジョッキーシリーズだった。
 
西日本地区2位でここに駒を進めてきたんだな。
 
シリーズのレースだけじゃなく、他のレースにも騎乗依頼があるなんてたいしたもんだなあと感心しつつ、他にそういう地方騎手はいるのかなと確認してみたが、加藤聡一騎手が5R新馬戦と12RベストウィッシュCに乗っているだけ。
 
加藤聡一という騎手は期待されているのか、周りのバックアップが凄いのか、はたまた本人の営業力が秀でているのかw
騎乗する2Rソウラセブンも12Rニシノオタケビも、前走で騎乗していた黛や武士沢が中山にいるにも関わらずの乗り替わりだからこれは気になる。
 
ちょっと注目してその騎乗ぶりをよく見てこようと思う。
 
 
 
ところでヤングジョッキーシリーズの出走馬、なんというか馬柱的にもう少し走れそうなの揃えられなかったのかなあと感じるのは自分だけだろうか。
 
前日の大井の結果にもよるが、中山だけをパッと見てるとこれ荻野極の楽勝じゃなかろうかというふうに見えるのだが。
 
騎乗馬の決定はは単純な抽選なんだろうか。だとしたらクジ運の良かったもん勝ちという雰囲気が強すぎじゃなかろうか。
 
 
 
そういえば28日はJRAスーパープレミアムだとか。全券種の払戻率が一律80%。
ということは普段控除率の高い3連単とか、WIN5がよりお得になるということか。
ま、WIN5は買わないと思うが(当たらないしw)、3連単は普段よりちょっと意識して狙ってみようか。
 
しかし、そこまでしてポツンとこの日に開催する意味、ホントにあるか?
百貨店や飲食店でさえ正月くらいは休みにしようかという風潮に世間は流れているのに、完全にそれとは逆行する方向でJRAは突き進んでるな。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ルーカス、ホープフルS回避?

ルーカスが今朝の追い切りで放馬してホープフルSの出走を回避する方向だという報道が出てるんだが・・・

う~ん、今年最後のスクリーンヒーロー産駒重賞勝ちのチャンスだったのに。残念。

こうなったらヴェロニカグレースが3着に負けた新馬戦の勝ち馬ナスノシンフォニーを応援するか。
人気はないようだが前走・百日草特別も牡馬を相手に2着と頑張っていたし、牝馬だからと甘く見るとやられたと思わされる存在じゃないかと。

上位人気に支持されそうなジャンダルムやタイムフライヤーや京都・阪神の外回りを勝ってきているので、今回の中山内回りを上手くこなせるのかは未知数。
ならば中山経験のあるサンリヴァルや小回り福島の1800mで新馬勝ちしているナスノシンフォニーなんかはオッズ的に狙い目だと思う。

その辺を中心に据えて人気どころも押さえる、そんな馬券になりそうな気がする。
 
 
 

 
 
 
 
開催日程がおかしなことになっても今年の最終レースは阪神のファイナルS。
あのレースの本馬場入場のときに流れるEuropeの「The Final Countdown」。
 
これが流れると今年も一年、競馬楽しんだなあ~となんとも言えない気持ちになる。やたらとテンションが上がるけど、ちょっと寂しいような不思議な気持ち。
 
それが有馬記念の後にある、というのが今までの定番だったわけだがそれが今年からはちょっと違うわけで。
 
 
今年はどんな気持ちでこの曲を聴くのだろうか。。
 

 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!