「競馬場」カテゴリーアーカイブ

馬券の強弱が違う(T_T) ジャパンカップ(2016)観戦記


日曜日、当然のように東京競馬場へ行ってきたふぉんてんですm(__)m

実は土曜日に突然熱発。
昼ころには38℃まで熱が上がって「これは明日ジャパンカップ観に行けないかも・・・」と馬友に緊急メール。

予定では調布駅5:26発の高尾山口行に乗って東京競馬場の開門待ちの列に並ぶはずだったのですが、最悪家を出られないかもと連絡。

一般席は確保しておくから9時までに来れるかどうかの連絡をくれと言ってくれたので、朝7:30頃に起床、熱を測ると36.7℃。
たっぷり寝たせいか意外にスッキリとして東京競馬場に向かいました。

9時ちょうどくらいに競馬場に到着。
席を取ってくれていた友人たちにお礼の缶ビールを差し入れてスタンバイ。

やはりジャパンカップデーとあって朝からお客さんがいっぱいで、指定席はもちろん一般席もすべて埋まっています。
(ま、埋まっていると言っても3分の1くらいは荷物やら新聞などでキープされている状態ということですが;)

さっそく1Rから参戦。

4番シュピールカルテと8番パンドラフォンテンから馬連をパラパラ買ってみましたがシュピールカルテ12着、パンドラフォンテン10着と見てるだけ~という結果。

2Rはパスして3R。

ここは15番マイネルスフェーンと11番バトルスピリッツの2頭は堅いと踏んで2頭軸の3連複。
3着にきたアンジェーヌは前走11着も上がり時計がまあまあだったので気にしつつも切ってしまいこれは悔しいハズレ。

4Rの新馬戦は2番人気5番ナイルストーリーの単勝にするか、1番人気11番オーロラエンブレムとの2頭軸3連複にするか迷って3連複を選択。

3着にきた13番人気12番ゲンパチマサムネを拾えるはずもなくハズレ。

どうも選択が裏目裏目に来てるのに、ジャパンカップの高揚感か、ゴールドアクターが負けるわけがないという自信からかはわからないものの余裕で馬券検討を続けてました。

昼休みを挟んで5R。

ここは1番人気メイスンスパートと7番人気4番ワンボーイとの2頭軸3連単マルチ。
相手を3頭に絞ったものの一番人気のなかった13番メイプルキングが来てくれて的中♪

20161127_122335

これで一息つきましたw

6Rをパスして7Rを9番エトルディーニュから馬連を買うもののムーア騎乗のサトノアレスを切ってハズし、8Rは2番リアリスト、8番トーセンラムセス、10番セネッティ、15番フィールザプリティのワイド3連複BOXを買うもハズしてここでジャパンカップを待ちました。

場内はどんどん人も増えてきて、トイレに行くにも人をかき分けかき分け向かう状況。

本当はジャパンカップはパドックに行ってゴールドアクターの姿をスマホで撮ろうと思っていたのですが、人の多さに諦めて本馬場入場を待ちました。

そして本馬場入場で撮れたのがこの画像

20161127_152527

自分の席からではスマホの倍率を目一杯上げてこれが限界でしたw
 
 
 

 
 
 
それでも本馬場入場の時にはついにゴールドアクターがジャパンカップ父子制覇を成し遂げるときが近づいてきたとグッと来たものです。ちょっと泣きそうw
 
ちょっとうるさい感じはしましたが、このくらいならレースにいって鞍上の指示に素直に従う馬なので大丈夫だろうと思い見つめていました。
 
しっかり確認して馬券は単勝をたくさんwと、馬連を手広く、相手を1番キタサンブラック、12番サウンズオブアース、2番ビッシュに絞った3連単マルチを購入。
 
 
レースはキタサンブラックが好スタートを切り、1コーナーに入るところまでワンアンドオンリーとリアルスティールが積極的に行く構え。
 
ゴールドアクターはその後ろの内につけるような感じ。
 
 
向こう正面では1~2コーナーでの内外の差でアクターは3番手。
 
 
ここから3~4コーナーまでいい感じだなあと眺めていましたが直線坂上でアクターが意外に伸びない。
 
隼人!アクター!なんとか踏ん張ってくれ!と声援を送るもゴール前ではシュヴァルグランにも交わされて4着・・・orz
 
この時は本馬場入場のときとはまた別の感情で泣きそうでしたw
 
 
負けるとしたらキタサンブラックにだろうと思っていましたし、結果そのものに納得がいかないということはなかったのですが、ただただ無念という想いが頭の中を支配していました。
 
ホント、悔しかったなあ。。。
 
 
一緒に観戦してた馬友はキタサンブラックをずっと応援していたのでおめでとうと握手。
 
友人は自分の気持を察して「これで終わりじゃないでしょ、有馬記念があるから」と慰めてくれました。
 
「でも、有馬記念もキタサンブラックが勝って年度代表馬を確定したい」とも言ってましたが(笑)
 
 
 
このあと、敗戦の落胆を打ち消すために京阪杯にも手を出して返り討ちにあったこともご報告しておきます。あんな堅い馬券取れませんw
 
それにしても、ジャパンカップをもう少し控えめにして5Rをもう少し金額張っていれば一日の収支としては大幅プラスだったのになあ。強弱の付け所が違いました。。。
 
 
ジャパンカップの表彰式、北島三郎さんの唄うまつりを一節拝聴し、「あ~、悔しいけど、でもやっぱり競馬は楽しいな」とつくづく感じながら帰路につきました。
 
 
 
有馬記念、次こそは!
 
今度は祖父グラスワンダーと同じ有馬記念連覇を目指して頑張れ、ゴールドアクター!
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

東京スポーツ杯2歳S(2016) 観戦記


先週の土曜日、東スポ杯2歳Sの日に東京競馬場へトラストの応援に行ってきました。

この日は東京競馬場でトラストの他にも東京6R・2歳500万下にスクリーンヒーロー産駒メローブリーズが、また東京5Rの新馬戦に母母ダイナアクトレスのルレシャンテが出走していたのでパドックにも足を運ぶことに。

また、福島1Rにアクトレス、京都4Rにウインベラシアスと2頭のスクリーンヒーロー産駒が出走。

東京でも他場でも楽しめる幸せな一日。

まずは福島1R2歳未勝利戦ダート1150m

アクトレスはそれほど早いスタートではありませんでしたが序盤は先団に取り付き、がんばって前を追走していましたが3コーナーあたりからは徐々に位置取りを下げ、直線では外に持ち出し一瞬追い込む姿勢を見せるも7着。
まだちょっと力が足りないという感じでした。残念。。。
 

次は京都4R2歳未勝利芝1600m

1枠1番に入ったウインベラシアスも内に包まれないように先行、3コーナーでは3番手集団の最内でレースを進めましたが、直線伸びることなく11着。
馬場は中から外のほうが伸びる感じでしたが、道中ロスなく進めていたようですしこれも力不足は否めないところです。

2頭の今後の成長に期待したいところ。
 
 

さて午後には東京での愛馬たちw(違う

まずは5R新馬戦芝1800mのルレシャンテ。

ここを使うからには陣営もそれなりの期待をしているのかなと思いながらパドックへ。

母トレアンサンブルは中山大障害、中山グランドジャンプを勝ったマルカラスカルを出し、ダイナアクトレス牝系では初のGI馬を輩出(J・GIだけど)

トリビュートソングやソウフルヴォイスと平地4勝を挙げている産駒もいます。

%ef%be%99%ef%be%9a%ef%bd%bc%ef%bd%ac%ef%be%9d%ef%be%83

レースはスタート悪く1頭だけ1馬身遅れてのスタートでしたがすぐに中団の後ろに取り付きます。

3~4コーナーは中団の真ん中辺りを進みいい感じで直線に向いたかと思いましたが、それまでに脚を使ってしまったのか伸びるところなく11着。

出遅れた上に1000m通過63.3秒という新馬戦らしいスローの流れもあって見せ場はありませんでしたが、ここを叩いての上積みに期待します。
 

続いて東京6R2歳500万下芝1400m

メローブリーズは函館の新馬戦を勝った後、函館2歳S4着、アルテミスS14着した後の自己条件の平場戦。

人気は5番人気とそれほどではありませんでしたが、この条件なら意外に期待できるんじゃないかと思っていました。

%ef%be%92%ef%be%9b%ef%bd%b0%ef%be%8c%ef%be%9e%ef%be%98%ef%bd%b0%ef%bd%bd%ef%be%9e

鞍上も古川騎手から大野騎手にスイッチ。
人気のない馬をたびたび上位に持ってきてくれる騎手なので期待も高まります。

レースは好スタートを決めて好位の外に。
そのまま3~4コーナーも楽な手応えで外を回ってくると直線坂上からギュンと伸びて抜け出し、そのまま先頭でゴール!
無事に2勝目をあげることができました。単勝1170円、複勝320円はかなりありがたいw

このあとはどういう路線に行くのでしょうか。阪神ジュベナイルフィリーズに向かうのかな?
頑張ってほしいと思います。
 
 

さあ、そして迎えるメインレース、東京スポーツ杯2歳S・GIII

トラストは中央に転入しての初戦ですが、札幌2歳S勝ちがあり3番人気。

もしここを勝つようならクラシックに向けて期待も大きく高まります。

%ef%be%84%ef%be%97%ef%bd%bd%ef%be%84

レースでは好スタートを決めてマイネルエパティカを行かせて番手に。
先々を考えて好位で折り合いをつけるレースを覚えさせようという感じでしたが、1000m通過60.5秒という流れで少しかかり気味に見えました。

直線に向き残り300mくらいで先頭に。

が、前半で力んでいたせいか道中は後方に控えていた4頭に交わされて5着。直線坂上では苦しくなったのか右へ寄れる場面もあり(鞍上の柴田大知騎手は過怠金10万円)、現状では気分良く行かせたほうが良さそうです。

ただ、この馬場では厳しいペースで進んだこともありましたし、決して力負けではないと信じます。

次走どこに向かうのかはわかりませんが少しは人気も落とすでしょうし、そこでの激走に期待しています。
 
 
 

 
 
 
朝から雨が降り、午後には止んだものの少々肌寒い一日でした。
 
トラストは負けましたが、メローブリーズが勝ってくれましたし、なかなか良い一日でした。
 
 
ただ寒さのせいか翌日には鼻づまりと微熱でボ~っとしたまま家でのマイルチャンピオンシップ観戦。
 
馬券は土曜日の健闘を嘲笑うかのような大幅マイナスに陥落。体調の悪い時に馬券をやるもんじゃないなと思ったことは先に挙げた記事に書いたとおりです。
 
 
今週はカトレア賞にサリーバットマン、花園Sにヨヨギマック、京都2歳Sにマイネルザウバア、そしてジャパンカップにゴールドアクターが出走予定。
 
日曜日にはゴールドアクターの応援に再び府中に向かいます。
 
今度は人も多いだろうし、パドックで写真撮れるかな・・・
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

東京競馬場に毎日王冠とジョッキーベイビーズを見に行ってきた


久しぶりの東京開催、毎日王冠を見に行ってきました。

9:50頃に到着、さすが伝統のG2、たくさんの人が来ていて既に一般席はいっぱい、もちろん指定席も満席です。

どこか空いているところはないかとブラブラ席を探して歩いていましたが、どの席にも新聞やマークカード、レーシングプログラムなどで誰かが取ってるぞ!と主張されていて一人分の席すら空きがありませんでした。

幸い行くつもりだよと言っていた馬友が先に来ていて、ゴール板を過ぎた1コーナーも近い5番柱近辺に席を確保していたので、そこに合流。持つべきものは競馬好きの早起きな友達ですな。

彼は9:15頃に来たそうですが、もうどこも一杯で端のほうしか空きがなかったんだそうです。

いやいや、長い一日、自分の座るところがあるだけで十分です、はい。
 
 
 
馬券は東京3R、京都5、7R、東京9、10、11、12Rと購入しましたが的中できたのは京都7Rのウインオスカーの単勝と東京12Rの3連単の二鞍。

収支は残念ながら若干のマイナス。
まあ一日遊ばせてもらったと思えばそれほど痛いわけでもありませんが、やっぱりマイナスは悔しい。
 
 
毎日王冠はステファノスとディサイファに期待をして、この2頭を中心にした3連複フォーメーションを買いましたが、5,6着では何にもありませんw
 
しかし、ルージュバックは府中の芝1800mは走りますね。

そして2,3着に来たアンビシャス、ヒストリカルの音無厩舎2騎。両方とも馬券からは切っていました。完敗です。

アンビシャスもヒストリカルも天皇賞前の一叩きで馬券には一切関係ないだろうという決め打ちでしたが、大変失礼しました。

ヒストリカルはノリの得意の後方ポツンでしたが豪快に追い込んできましたねえ、驚きました。
まだまだ衰えはないところを見せつけられて、次走も買わないわけにはいかないかなあ・・・と思わされてしまった。

というわけで馬券はさして見せ場もない一日でした。。。無念
 
 

 
 
しかし今日のお楽しみは最終レースの後のジョッキーベイビーズ。
 
今年でもう8回目なんですね。すっかり定着してきました。
 
 
レース前には関東G1のファンファーレが流れ、観客はまさにG1さながらの手拍子を送り、スタンドも大いに盛り上がりました。
 
 
優勝したのは九州代表の上薄龍旺(かみすきりお)君。
 
20161009_163822
 
まるで新潟の千直のようにみんなスタートから外ラチに寄っていくの尻目に内目の2番枠(?)からただ1頭真っ直ぐに走り抜けてきました。
 
 
カッコよかったなあ。
 
 
レース後、戻ってくるときに高々と手を挙げて観客の拍手にも応えていて、G1を勝った騎手さながらのパフォーマンス。
 
 
こういうのホントにいいなあと。。。
 
 
 
このレースに出場した子供たちが大きくなってプロ騎手としてまた東京競馬場に来るのをオジサンはずっと馬券をやり続けて待ってるよ、そんな気持ちになる大好きなイベントです。
 
来年もまた必ず見に来ようと思いながら、帰路につきました。
 
 
さて、京都大賞典の検討に入りますか。
 
 
 
でも、キタサンブラックの人気が被り過ぎて、あまり買う気にならないというのが正直なところ。
 
他に面白そうなレースを探す作業になりそうです。
 
 
ではでは。
 
  
 

中山競馬場で生ゴールドアクター見てきました


日曜日は久しぶりに中山競馬場に行ってきました。

どれくらいぶりかな?と記憶を辿ってみると1月の京成杯以来。
今年はそもそも春からあまり競馬場に行ってなかったしなあ。

夏競馬の間たまに東京競馬場の場外には行ってたんですけどね。

ゴールドアクターの復帰戦を応援しに行ってきたわけです。

ありがたいことに中山はフリーパスの日だったので、回数券を使うことなく入場。
入場口で↓を渡されました。ありがたく頂戴します。

1

ちょうど阪神の1Rがスタートする頃に到着したのですが、フリーパスのせいなのかゴールドアクター、マリアライトのグランプリホース対決のせいなのか場内には早い時間の割にはけっこうお客さんも多く、スタンドで席を見つけるのにちょっと時間がかかりました。

1コーナー寄り、ウィナーズサークルを正面に見る位置で一人分の空席を発見し、そこに陣取りました。

口取り写真を撮るカメラマンの方が多くいる辺りなのですが、女性ファンで本格的な機材を持ってカメラを構えている方もずいぶん目立ちました。

競馬ファンもみんないろんな楽しみ方を見つけているのだなあと。

私もちょっとちゃんとしたカメラが欲しいなあと思ったり。

スマホのカメラではスタンドからだとこんな写真しか撮れませんしねえ。

3

中山2Rから馬券を買って、この日買ったのは中山2,3,6,7,11,12Rと阪神11R。

当たったのは中山3Rとオールカマーの2鞍。

残念だったのは中山6R。

先日名古屋で一日3勝という固め打ちをした藤田菜七子騎手が騎乗してたので一瞬だけ買おうかと思ったのですが、馬柱を見てさすがにないだろうと見切ったら積極的な騎乗で見事に2着に逃げ残り馬連が44,260円。

勝った菅原騎手から馬連流しをしていただけにちょっと悔しかったなあ。
 
 
ちなみに差し切ってしまった菅原騎手にはスタンドから「菜七子に勝たせてやれよ!」とヤジが飛んでました。

彼だって勝ちたいですよねえ。
 
 
7Rもユメノマイホームとクリーンファンキーのどちらにするか迷ってクリーンファンキーの単勝を買って、ユメノマイホームが勝って単勝1,410円。
なんともリズムの悪い感じだったので、馬券を少し休んで久しぶりの場内をウロウロと見て回りました。

蒸し暑く喉が渇いたので清涼飲料の自販機を探したのですが、タバコの自販機はちょいちょいあるのにドリンクの自販機が見つけられず。。。

売店で駿馬茶150円なりを2本購入して、、東西のメインに備えました。
 
 

 
 
神戸新聞杯はサトノダイヤモンドから相手を4頭に絞って3連複を買いましたが、2,3着馬はまったく持ってなくてハズレ。
 
 
 
そして本日のメインイベント、オールカマー。
 
単勝200円ではちょっと手が出ないので馬券はゴールドアクターからの馬連流し。
 
馬単流しにできないところが残念な私です。
 
 
結果、天皇賞春以前と変わりなく強い競馬を見せてくれたゴールドアクター。
 
嬉しかったなあ。
 
 
 
口取り撮影を終えてウィナーズサークルをあとにするアクター先生。
 
4
 
 
 
表彰式
 
5
 
 
レース中、ゴール前では「隼人ガンバレ!」と思わず声が出るほどイレ込んで応援していたのですが、目の前で行われた表彰式に吉田隼人騎手が立っていることがこんなに嬉しいとは・・・
 
ゴールドアクターが勝ってくれて本当に良かったです。
目標は先だと思っていたので、今日は2~3着でもいいレースをしてくれればいいよくらいに考えてたんですよね。
だから馬券も馬連流しだったわけでw
 
 
いや、いい一日でした。馬券の収支はちょっとマイナスだったけど(笑)
 
 
ところで。
帰宅してからリプレイを見たのですが、ゴール後の吉田隼人騎手のガッツポーズ。
 
左手で低く指を2本出してましたがあれは勝利のVサインってことでしょうか。
 
最初、何の意味だろう?とVサインとは思わなかったのですが。。。