「回顧」カテゴリーアーカイブ

セントライト記念(2017) 回顧


 
セントライト記念、アルアインを1着2着に置いた3連単F36点買いで的中。

久しぶりに重賞が当たった気がすると思って遡って調べてみたら、なんと宝塚記念以来の的中じゃないか。ずいぶん長いことハズシ続けたなあ・・・

しかし結果は2番人気→1番人気→3番人気での入線だから当てて当然じゃね?と言われそうだ。
それでも当てるのはなかなか難しいんだけど。。。
 

レースは想定通りサンデームーティエが逃げて、道中はずいぶんスローに見えたしこのまま押し切ってくれんかなあと思ったが、さすがにそれはなくw
それでも6着に残したのは上々。たぶんもうちょっと後続を離して逃げる方がいいんだろうな。

JRA発表のレースラップを見ると、

12.3 – 11.1 – 12.4 – 13.1 – 12.9 – 12.8 – 12.1 – 12.0 – 11.7 – 11.3 – 11.0

後半5Fずっと加速ラップw

勝ったミッキースワローは上がり3Fが33.4、アルアインが33.8。
着差は1馬身3/4差、決定的にも見えるがミッキスワローは3~4角で内目のコース取りだったのに対し、アルアインは外を回してチャンピオンの競馬。
コース取りがさすがのノリという感じで、その分の差だったように思う。アルアインはダービー以来の競馬だしこれで勝負付けが済んだとは言えないだろう。本番も悩まされそうで楽しみである(笑)

それにしても、、、
3着にギリギリまで残してくれそうだったスティッフェリオ、惜しかった。3,4着が入れ替わってくれてたら141倍だったのになあ。
 
 
 

 
 
 
惜しいといえば、中山最終のマイネルザウバーも惜しかった・・・。
 
こちらは果敢にマイネルザウバーに◎を打って、馬券はザウバーを1,2着に置いた3連単F30点。
 

 
結果は7番→11番→6番の入線。
 
これといった逃げ馬もいないし、スタート決めて先手を取ってくれるといいなあと思っていたら注文通りのハナに立つ競馬。
 
おぉ、これは行けるんじゃないか、とワクワクドキドキ見ていた。
 
直線に入っても手応え十分、これは行けるんじゃないか、そのまま押し切ってしまえ!と自宅テレビに心の中で精いっぱいの声援を送ったが惜しいところで止まってしまってあえなく3着。
 
休み明けとしては良く走ったと思うし、馬体重もプラス22kgと大きく増やしてあの競馬ができるなら次に期待は持てるだろう。
 
でも、次はもっと人気するよなあ・・・せめて2着に残してほしかった。とてもともて残念である。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

さあ秋競馬だ(だから違う


 
サトノダイヤモンドはフォア賞は4着だったようで。
馬場が重すぎたのか、出来がまだまだだったのか。両方の影響かね。
勝ち時計が2:35.86だから日本の競馬とは全く別のレースだったんだろう。東京の2400mならとんでもない不良馬場になってもこのクラスで2分30秒も掛かることはまずないだろうから。

前哨戦だし、この後の調整でどこまでヨーロッパのレースに対応できるようになるか陣営の技量に期待だな。
 
 
 

日曜日の重賞の馬券はともにハズレ。というか今週平場も一つも当たらなかったぞ。我ながら酷いな。

セントウルSは素直にファインニードル本命にしていれば馬連も3連複も取れたのにどうして無理やり捻るのか。
馬連5点、3連複10点で配当が3,090円、7,570円なら十分じゃないか。

夏競馬も終わって今週からは秋競馬も始まることだし(違)、秋競馬は素直に買うというのをテーマにしてみようと思う。

というと穴党から本命党への鞍替えか、と思われるかもしれないが、そうじゃない。

自分のスタイルで素直に予想して、それでガチガチの固い配当なら見送り、そこそこの回収が望めるなら買うという、基本に立ち返ろうということだ。

平場も特別戦も重賞も基本はこの線でやっていこう。

それでハズレるなら予想がそもそも違っているということだし、予想は大きくずれてない感じなのに的中が遠いというこの数週間のモヤモヤとした感じはなくなるだろう。

セントウルSを見て、そんなことを考えた週末だった。
 
 
 

 
 
 
 
それにしても。
 
京成杯AHのグランシルクは強かったな。
 
これまでのもう一歩足りない馬、というのとは別馬のような勝利。
 
田辺への手替わりでこれほどまでの違いを見せるとは驚きだ。
 
戸崎、福永というのはいったい何だったのか。
 
 
馬の個性にあった鞍上というのはつくづく重要だなと思わせる京成杯AHであった。
 
 
 
日曜日のながつきSでウインオスカーはとうとう堂々のオープン馬にまで出世したし(これさえも馬券はずした(ToT)、今年は寂しかったスクリーンヒーロー産駒もボチボチ復活し始めてきたし、自分も秋競馬から年末へ大きく巻き返しを図ろうと決意する週末だった。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

大敗をして秋競馬を迎えることに


 
やらかしてしまった。

先週末は大敗を喫した。藤代三郎流に言うなら全治3週間である。

特に熱くなったわけではない。極めて冷静に、ここは勝負だなと多めの勝負を挑んだレースをことごとくはずしただけだ。

それでもこんなに負けるんだなあ・・・( ̄д ̄) トオイメ

きっかけは土曜新潟の5Rメイクデビュー新潟芝1400。

スクリーンヒーロー産駒ハットワンスターが出走していた。
そしてダノンスマッシュが1頭断然人気で単複の票を集めていた。

全馬初出走の新馬戦は極端に人気が被り過ぎることがある。調教タイムと血統以外に検討する要素が少ないことがその原因だろう。

しかし、血統が良くても調教が凄くても実際のレースは走らせてみなければわからない。
検討材料が少ない分だけ一部の馬に人気が被り過ぎて能力差以上にオッズが開くことが多いから、逆にやけに美味しい馬券になることもある。

ハットワンスターは単勝5番人気だったがそのオッズは17倍、複勝でも3倍近くのオッズになっていた。

実戦に行ったら意外に良いタイプかもしれないじゃないか、とGIでもないのに単複にけっこうガンッ!と入れてしまった。

結果、ハットワンスターは13着。道中イイ感じで中団を追走していると思ったが、直線全く伸びずw

ま、そういうこともあるよな、と思って切り替えてその後も冷静にレースを選んでちょろちょろと買ったものの土曜日は的中なし。

日曜日は最初に買った新潟5Rの新馬戦で馬連3連複をそれぞれ4頭ボックスで的中して前日の不調は脱したかに見えたが、その後は新潟の両津湾特別で元返しの押さえが的中したのみ。

その後の3場メインは全てハズレ。最終もさっぱりで気がついてみればこの土日は最近では稀にみる大敗を喫してしまった。

買わずにもし買うならこういう印、というレースはけっこう当たっていたのでけっして予想自体が大きくずれているという感じはなかったが、そもそも買うレースを間違っているという痛い状況。

レースの取捨って入り口なのにそこがずれているようでは的中は遠い。

これ、どうやって修正していけばいいのかわからないのが困りものである。
 
 
 
 

 
 
 
 
丹頂Sのトラストは軽快に逃げていたように見えたが3コーナー辺りでは手ごたえをなくしたようで、4コーナーではずるずる後退。
なかなかショックな光景だった。
 
全兄がダート短距離で成績を挙げてきたウインオスカーだし、やはり長距離は向いていないのだろうか。
 
それとも単純に春までの連戦の疲れが抜けきっていないのか。
 
好スタートだったし、楽にハナを切り道中もさほど競りかけられるようなところもなく、マイペースで行けているように見えたが、あんなにバッタリ止まるところをみると鞍上や調教師ならわかるような原因があるのだろう。距離か、疲れか、調整の失敗か。
 
 
このメンバーで、この斤量で楽に先手を取ってこんなに負けるんだからさすがに菊花賞は無理だろう。
 
休養が少し長くなってもいいからじっくりと立て直してほしい。いっそ堀厩舎に転厩してくれんかな(ないw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

キーンランドC(2017) 回顧


 
新潟2歳Sは軸としたオーデットエールが伸びてくる気配が全然ないので直線は「ふ~ん」と落ち着いてみていたが、キーンランドCのほうは悶絶した。

軸にしたナックビーナスがロケットスタートからまさかの逃げ。先行するとは思ったがハナを取るとは思わなかった。
しかも直線に入っても後続は伸びあぐねている感じだし、これはなんとか3着には残りそうだぞ、さすがノリ!と思ってみていた。

直線に入って逃げ粘るナックビーナスを交わせそうなのがソルヴェイグ、大外からは11番人気のフミノムーンが長くいい脚で伸びてきている。
この3頭で決まったら130倍くらいにはなるはず!いいぞぉ~、と思ったら中からもっといい脚で伸びてきているのがいる。
なに、なに!?緑の帽子?モンドキャンノ?それじゃつまらないぞ、ま、でも当たるのなら良しとするかと思ったら勝負服にも緑色?違うじゃないか、え?なに?エポワス?マジか!?うわ~持ってないよぉ~~~~~なんだよ~~~~
 

終わってから確認するとエポワスは12番人気。
前走1番人気だったことを考えればさすがに人気を落とし過ぎの感じだし拾っておいてもいいかと思うオッズだったが、オープン特別でのあの敗戦ではちょっと手が出せなかった・・・
元々北海道では好走が多いし、前走は馬体重を減らしての凡走、馬体を戻した今回は鞍上も柴山からルメールへのスイッチと陣営は立て直してやる気十分だったわけで、その辺を見落としていたのは痛恨だった。

ほんと、悶絶したなあ。これだから競馬はおもしろいし、やめられない。

馬券は前日の中野省吾マイネルパラディと中谷マスクゾロで蓄えたプラスを吐き出すことになってしまったが、レース中はよしよしいいぞ!そのまま粘ってくれ!とドキドキしながら見ていたし、これならきっと取れるぞと思っているときの高揚感、そして直線の攻防で蒼白となる瞬間、ゴール後のやられたー!と思いながら浮かんでしまう苦笑い。

これも競馬だよなあ、おもしろいなあ、としみじみと負けを噛みしめていた。

そして必ず来週こそは!と思うのだ。その前に最終こそはと思うわけだがw
 
 
 
 

 
 
 
 
メインが終わった後は新潟最終を狙った。(札幌の最終・WASJ第4戦は期待していた中野省吾が思っていたほどの活躍ではなかったので冷静にケン。中央での経験の少なさが出てしまったか?)
 
新潟12Rにはスクリーンヒーロー産駒ラブターボに藤田菜七子。
鞍上不安だよなと思ったので軸はシグナリングにして相手を手広く8頭にしての3連複を購入。
 
見事に1,2,3着馬すべて持ってるという縦目を食らってその3連複が10万馬券。
 
う~ん、、、スクリーンヒーロー産駒応援隊がこの馬券をこういう形で取り逃がすのは極めて遺憾である。何をやっているのだ。 
単純にスクリーンヒーロー産駒を信じてラブターボからの3連複流しをしていれば簡単に取れてるんだ。12番人気3着のマンゴジェリーだってキッチリ拾っているのだから。
 
 
そもそも藤田菜七子を嫌っておきながら、東の斜行王・木幡巧也を軸にするというのが間違いのもとだ。深く深く反省すべき事案。
 
そして2年目ジョッキーで軸にしていいのはやっぱり荻野極だけだな(荻野極は小倉最終で7番人気馬で勝利を挙げこの日2勝の活躍)と改めて思い知る日曜日の夕暮れ時なのだった。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

レース回顧「何とかの銭失い」 クイーンS、アイビスSD(2017)

クイーンS、逃げた馬が馬券になることが多いレースなので(というか札幌芝1800が圧倒的に逃げ先行有利なので)、クロコスミア本命にして相手7頭の3連複21点買いをしたら無印のトーセンビクトリーに間を割られてハズレ。

直線でトーセンビクトリーの福永が完璧にシャルールの邪魔をしていたので、これ昔の降着制度だったら△-○-◎で当たってたなあとも思ったが、だいたいハナをアエロリットに取られた時点で、こりゃダメだと思ってた。

予想としてはエダテルのノットフォーマルが外から競りかけてこなければ、クロコスミアが楽にハナを取ってあれよあれよの逃げ切り、なんて思ってたのにまさかのノリにそれをやられてしまった。

まあ、完敗だな。

それにしてもGI馬にあんなレースされたらGIIIなら何とか勝ち負けにならんか、と思っているレベルの馬では手も足も出ないよな。

ま、横山典弘ここにあり!というレースだったので面白いもの見せてもらったということで無理やり納得したw
 
 
 
 

 
 
 
 
アイビスサマーダッシュは、これやっぱりアレコレ考えてもフィドゥーシアで仕方がないよなという結論でフィドゥーシアからヒモ荒れ期待の馬連8点流し。
 
そしてきっちりとヒモ抜け。
 
 
残り1Fくらいまでは「あ~、これ相手はやっぱりレジーナフォルテかアクティブミノルか、安いけど仕方がないな」などと思っていたら、そこからピンクの帽子にピンクの勝負服がグングン伸びてきて「それはやめてくれ~!」と思ったら、頭まで差し切られてしまった。
 
 
ここで直千の西田かあ・・・と。それで馬連43倍は悔しい。
 
シンボリディスコとかレヴァンテライオンとか買うくらいなら西田買っておけよと反省しきり。
 
 
まあ、噛み合わないときはこんなものだよなあと。
 
 
 
ちなみに今日は昼頃から府中場外で馬友とのんびり馬券をやっていたのだが、自分の座っていた席から島を二つくらい離れたところに、レース中以外はひたすら喋っているジイサンがいて、「ほら、『何とかの銭失い』っていうだろ。その『何とか』がどうしても思い出せなくてさ、何だったかなあ~」と連れなのかたまたま隣に座った人なのかわからない人に大きな声で喋り続けていて、笑ってしまった。
 
それ、安物買いの銭失いですね、と教えたかったんだけど、席が離れてたので教えられず。
そのジイサンほどでかい声でいうのも躊躇われたしw
 
JRAはこういうこと言いながらず~っと馬券買いに来てくれるジイサン、大事にしてほしいなあ。
 
 
100円単位で買う大穴狙いの馬券なんかは、まさに安物買いの銭失いだもんな。
ほんとに貴重なお客さんだよ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!