「回顧」カテゴリーアーカイブ

弥生賞(2018) 回顧


 
ダノンプレミアムの強さばかりが目に付く弥生賞になった。

↓公式発表によるラップタイム

12.5 – 11.0 – 12.5 – 12.8 – 12.7 – 12.4 – 12.8 – 11.7 – 11.0 – 11.6

前後半が61.5-59.5のスローペース。
これを離れた2番手で折り合ってメンバー中2番目の上がりで、しかも4角では大きく内を空けて回ってくるのだから強いなあという感想しかない。

おそらく鞍上の川田は三冠を強く意識しているに違いない。

まだホープフルSを勝ったタイムフライヤーや京成杯のジェネラーレウーノ、共同通信杯馬オウケンムーンなどとの対戦が終わっていないので、そんなことはおくびにも出さないが今年の牡馬クラシックは全部取るつもりだろう、そう思わせるレースぶりに見えた。

父ディープインパクトとの親子2代の無敗の三冠馬が誕生となればおおいに盛り上がるだろう。
父とは違って好位から危なげのないレースができるところはディープインパクトよりもシンボリルドルフに近いタイプにも思える。

そのレース巧者ぶりのせいだろうか、間違いなく世代最強の存在だろうということは認めるが父ディープインパクトの時ほどの興奮は感じない。
冷静に、強いなあ~と認めるだけだ。自分としては競走馬としての魅力はそれほどは感じない。
これはあくまで個人の好み、シンボリルドルフの時も強いなあと呆れはしたが魅力的だとは思わなかったし、馬券が堅く収まるのでむしろ退屈ささえ感じていた。

そういう点ではディープインパクトの時のほうが興奮状態だったし、とても魅力的な競走馬だったと思っている。

しかし、こうしてディープインパクトと当たり前のように比較してしまっている時点でダノンプレミアムの強さは既に名馬の域に達しているということなのだろう。

2着ワグネリアン。

上がり最速でなんとか2着までは追い込んだものの、今回は展開的には仕方がないだろう。
東京なら、ダービーならと思わせるレースではあった。

しかし気性的にあの位置から運ばざるを得ないのは有利とはいえないだろう。これからどの程度の成長を見せるか。
ダノンプレミアムを逆転するためには瞬発力にさらに磨きをかけるか、もっと前の位置でレースを運べるようになるかが必要だとも感じる。

3着ジャンダルム。
ダノンプレミアムをマークするような位置で運んで4角ではダノンが空けてくれた内を通して仕掛けていったが結局ダノンプレミアムと同じ上がりタイム。
世代上位の能力は認めるがやはり勝ち馬とははっきりと能力差を感じさせられた。今後は有力な2~3着候補という存在に思える。

惜しかったのは4着サンリヴァル。

もう少しで優先出走権を手にすることができたがハナ差届かなかった。上手いペースで逃げて、ダノンプレミアムに交わされてからも2着はあるかという粘りも見せていたが。
持っている力は出し切ってのものだけに陣営も残念だと思う。しかし仮にクラシックに出走できても勝ち負け云々というレベルではないだろう。展開が向いて3着までならあるかという存在。
 
 

穴に期待したアサクサスポットはブービーの9着。
スタートは上手く出たが芝の流れにはついていくのが精一杯という感じだった。4角で待避所に向かおうとしたというオブセッションの煽りを食らったにしろ、それがなくても掲示板も無理だったように見えた。
むしろもっとスタミナを必要とされるような流れになって、終いに賭けて運ぶ形になればもう少し上位に入れたかもしれないが、現状、芝ではトップレベルにはまったく力が及ばないようだ。残念w
 
 

そして初出走が話題になったヘヴィータンク。

もう少しまともに走れるのかと思ったが、ブービーからも20秒以上も差をつけられる大差負け。

いや~、森調教師さすがだ。これで出走奨励金108万円をゲットだからね。未勝利戦で4~5着になるよりも高い賞金。
おそらく未勝利戦に出ても断然のビリだろうと思わざるを得ないタイムでしか走れない馬にこんな賞金を稼がせるんだから有能な経営者だ。お見事でした。
あんなに大きく遅れたのは他の馬に迷惑をかけないように走ったためだと信じたいが、スタートしてすぐにかなり遅れていたんだから他馬に迷惑のかけようもなかっただろう。まったく競走馬としてのレベルには達していない。ホントに呆れるほどはっきりとした出走奨励金狙い。

一部に無事に完走して良かったみたいなコメントを見たが、アホかとしか思わない。そもそも平地の競争で完走もできないような馬を出走させるとかありえないだろう。バカバカしいことこの上ない。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

阪急杯、中山記念(2018) 回顧


 
中山記念はサクラアンプルール本命、阪急杯はヒルノデイバロー本命で少しだけ馬券を買った。

サクラアンプルールは4着、ヒルノデイバローはブービーの17着w

サクラアンプルールの4着はともかく、ヒルノデイバローの17着はいただけない。無理な狙いにも程があろうというものだ。やや出負け気味だったというのはあるが、それにしても負け過ぎだろう。いったい何を考えて予想をしていたのか。我ながら意味が分からない。
 

普通に考えたら中心はモズアスコットかレッドファルクス。負担重量と位置取りを考えるとモズアスコットに軍配が上がるが開幕週で外枠はどうなのか。
一方レッドファルクスは後方からの追い込み一辺倒。これも開幕週では勝ち切るまでは想像しにくい。
3番人気のカラクレナイが阪神の芝1400mは2戦2勝、父ローエングリンの母カーリングというのもちょうどオリンピックで日本が銅メダルを取ったところで盛り上がってるし、なかなかいいんじゃないかとも思った。しかしこちらも外枠からでは後方からのレースになりそうでどうも軸には推しにくい。

ならば軸は思い切った人気薄からワイドで遊ぶのがおもしろいんじゃないか、そう考えた。

候補に考えたのはニシノフラッシュ、ミッキーラブソング、ムーンクレスト、ヒルノデイバローの4頭。
枠順と脚質でいいと思うのはニシノラッシュだが準オープンからの昇級初戦で別定GⅢではちょっと厳しい。ミッキーラブソングは位置取りが心配、
残った4枠の2頭、ムーンクレストとヒルノデイバローのどちらにするかという段階で前々走のスワンS2着が光った。
この時と同じようにうまく先行できれば逃げ残りが期待できないか。ありがたいことに人気は9番人気、ワイド流しでもそこそこの期待値だ。

結果、ニシノ4着、ミッキー14着、ムーン13着、ヒルノ17着だからどうしたって的中しようがない予想だったのだが、このとき何故ダイアナヘイローも候補に取り上げられなかったのか。

近2走は2桁着順だが前走は道中ずっと引っ掛かっていたし、前々走はスプリンターズS。こういう逃げ先行タイプは負けるときは大敗は珍しくないのに、全然軸候補には考えることができなかった。

18頭立てということもあって、全出走馬を丁寧に見ることができていなかったのが原因に思える。雑な予想で的中できるほど競馬は簡単ではない。
 
 

中山記念はもう少し厳しい流れになると思ったのだが、終わってみれば4角1~3番手が1~3着。

決して緩い流れではなかったがいわゆる後続がなし崩しに脚を使わされるミドルペース。

こういう展開だとウインブライトは能力を十分に発揮できるし、中山の芝1800mというのはそういう展開になりやすいコースということなのだろう。

マルターズアポジーが逃げてテンの3Fが36.2で1000m通過が59.2。
公式ラップの2F~5F目の11.7 – 11.7 – 11.5 – 11.5という辺りは善臣先生絶好調じゃないかという運びに思える。
そんな流れで番手につけているのが横山ノリ。
松岡は4番手追走から3角過ぎから早めに押し上げてよく押し切ったなと感心するくらいだ。この馬のことはホントに手の内に入れているということだろう。

こんな流れで蛯名・サクラアンプルールはよく頑張ったように思う。4着も仕方なし。

スタートでマイネルハニーが出負けした時点で自分の予想は終わっていたということだ。これは納得のハズレ。もう一度予想してもサクラアンプルールから入るしだろうし、マイネルハニーがちゃんと出てくれていればもっと違った結果になったはず。

逃げ先行馬が出負けするところまで予想しないといけないんだからホントに競馬は難しい。
なんでこんなに難しいことをずっとやっているのかと思うが、それでも惹きつけられるんだから競馬は素晴らしい。
(完全に負け惜しみw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

クライスマイル、約2年8か月ぶり勝利


 
クライスマイルが土曜日の白嶺Sで約2年8カ月ぶりの勝利。

内から柴田善臣が積極的に出していって道中は2番手追走。

直線入り口で先頭からは3~4馬身離された2番手だったが、そこからぐいと伸び追いすがる2着ナムラミラクルに3馬身差の快勝!

最初に追っつけて出されても道中は2番手でぴったりと折り合い、直線で抜け出してからもまだまだ余裕のあるレースぶり。
強いじゃないか!と思わせる走りを見せてくれた。

いや、マジ、嬉しかったな。

2年前の同じレースで1番人気(10着)だったのが今回は11番人気。
確かに近走の成績を見るとそれも致し方あるまいとは思っていたが、それでもずっと見ている者としては3走前よりも2走前、2走前よりも前走と徐々にではあるが復調してきている感じを受けていた。

さすがに大きな勝負はしなかったがw、ここは応援の意味を込めて単複馬連ワイドを最少単位で購入。

バッチリと還元してくれたのは嬉しい誤算、それよりも何よりも復活勝利がとにかく嬉しい。

モーリス、ゴールドアクターと同じスクリーンヒーローの初年度産駒。
スクリーンヒーローのダート路線の代表はクライスマイル、プロトコル、ヨヨギマックの3頭が担うし、いずれかがダート重賞も勝ってくれるんじゃないかと期待していた。

ひと足早くオープン入りしたプロトコル、ヨヨギマックはオープンの壁にぶつかっている感じもある。
しかし遅ればせながらここにクライスマイルが加わってきたことで血統に勢いも出てこないだろうか。

現役産駒の代表であるゴールドアクターが調子を落としてしまっている今、一時は引退目前までいっていたこの馬が復活勝利を挙げてくれたことがスクリーンヒーロー応援隊を自認する自分をとても勇気づけてくれた。

 
 
 
これまで2度の大きな怪我で2016年秋から1年余りの長期休養。
 
昨年秋の復帰前も、帰厩して調教の具合を見てから引退か現役続行かを決めるという状況だったようで、そのことを考えると馬主さんや厩舎関係者の喜びはどれほどのものか。
 
自分のように単純にスクリーンヒーロー産駒だからというだけで無責任に応援しているものでさえこんなにも嬉しいのだから、関係者にとってはオリンピックで金メダルでも取ったような喜びなんじゃないだろうか。(無責任な想像
 
 
これでダート路線の代表産駒にも勢いが戻って活躍してくれると嬉しいのだが。 
プロトコルは長い休養に入っていてその後の動向が見えないが、今週の仁川Sにはヨヨギマックがスタンバイ。(登録25頭で除外かもしれないけど。
 
クライスマイルが復活勝利を挙げた勢いをかって、ヨヨギマックにも好走を期待しよう。(ちなみにミュゼエイリアンもここに登録してる。賞金的に確実に除外されそうな気がするがw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

フェブラリーS(2018) 回顧

土曜日から東京のダートは前に有利な状態。
これが騎手の先を急がせる心理に強く影響をしただろうか。
ある程度早いペースで流れるんじゃないかとは思っていたが、想像以上のハイペースになった。

公式ラップによるとテンの3F34.1、4F45.8、5F58.3、ちなみにやはりハイペースだった昨年の安田記念の公式ラップは3F33.9、4F45.5、5F57.1。
さすがに5ハロン目は1秒以上の差があるが3F目で0.2、4F目で0.3の差しかない。これはさすがに前に行った組には厳しい流れだった。

ニシケンモノノフとケイティブレイブが押してハナ争い、そこにノボバカラとテイエムジンソクが絡んで直後にララベル。
前残りの馬場を利して何とか流れ込もうとする伏兵に、人気のテイエムジンソクが自分の競馬をしようと掛かり気味に前に行ったためにできた厳しい流れだったと思う。

前有利の馬場に加えて、内で詰まると定評のある福永が2番枠だったことも影響したんじゃないか。福永が前が詰まることのないポジションを取りに行ったこと、1200mを使ってきたニシケンモノノフも内からハナを取りに行ったこと、そこに逃げて底力のあるテイエムジンソクが絡んできたことで想像以上のハイペースになってしまった。

後方から進めるサンライズノヴァ、ゴールドドリームが中心と考えていた自分には内心しめしめと思う絶好の展開、これで本命に取ったサンライズノヴァは4着に負けたのだから明らかに力負け。
これだけ厳しい流れになってしまっては、現状で上位馬には差し比べでも敵わないということはハッキリとわかった。しかしまだ4歳、これからの成長に期待したい。

いつもテンの出足がつかず、じりじりとしか脚を延ばせないノンコノユメにはまさにうってつけの流れ。
縦長の隊列になったおかげで外を回してくるしかない同馬にはロスも最小限に抑えられてドンピシャの展開となった。

去勢してしばらく不振が続いたが、これですっかり3歳時の輝きを取り戻した。長く活躍できるダート戦線、後方一気の脚質ゆえ展開に注文は付くが当分は上位争いを続ける存在になると思われる。

そして一番強い競馬をしたのはやはりゴールドドリーム。
意外に前(=テイエムジンソク)が早く止まってしまったために先頭に立つのも早くなってしまったのが痛かった。
それでもノンコノユメに並ばれたときに一瞬は差し返そうと抵抗をみせ、後ろから迫るインカンテーションを押さえて2着確保。
結果的に早仕掛けになってしまい、ああいった形になってしまったにも関わらずあの場面で差し返そうという根性を見せるのはさすが最優秀ダートホース。
今後もダート路線の中心馬という評価は変わらない。

3着インカンテーションも調子の良さは伝えられていたが、それを証明する好走。

予想ではもう少し前で競馬をするかと思っていたが、流れが早過ぎたからあの位置になったのか早いと見てあの位置に抑えたのかはわからないが出せるパフォーマンスはきっちりと発揮した3着に思う。三浦皇成の好騎乗だと思う。
 
 
 
 
テイエムジンソクは初めての東京で持っている力をまったく発揮できなかったように見えた。
力んで走ってしまい道中の消耗が大きかったようでなすすべなく12着。
 
能力的にこんな馬ではないだろうし必ず巻き返してくると思う。
できればマイペースでハナを切ったほうがより能力が活きるのかもしれない。
 
 
勝ったノンコノユメについては正直まだ疑っていた。根岸Sでは強いレースぶりだったが馬場と展開が上手く嵌ったという印象が強かったので人気通りの評価しかできなかった。
 
もっと馬を見極められていれば、本命に取ることもできただろうか。自分には到底そんな眼力がないのはわかっているのだが。
 
 
2018年最初のGⅠは見応えのある迫力あるレースになったと思う。
スローの瞬発力勝負もおもしろいが、厳しい流れの消耗戦での力比べはやはり他には代え難い迫力がある。
馬券はハズレてしまったがこういうレースを見せてもらえる僥倖に一日くらいは浸っていたい。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

東京新聞杯(2018) 回顧

馬連、3連複をサトノアレスから流してW的中、馬券は当たったが。

グレーターロンドン、なんで前に行ったんだろう?
きっとダイワキャグニーがこんなレースするんだろうと思うような位置でグレーターロンドンが運んでいて「は?」というレース。

これで前に行ってもこの馬の良さは出ないということは陣営もよくわかっただろうが、こんな運びにしてしまったのは何故だろう。
この馬としてはスタートが良すぎて前に馬を置けずにやや掛かり気味に前に行ってしまった感じはあるが。
何とか抑えて前に馬を入れることができていればまた結果は違っただろうか。
この辺は鞍上がテン乗りの川田だったこともあったのかもしれない。

それにしてもこの惨敗は本命にはしていなかったもののこの馬のファンとしてはショックだ。GⅠはともかく重賞は勝てる馬だと信じているだけに巻き返しに期待したい。
次にどこに出てくるのかはわからないが、その時は願わくば真ん中から内目の枠に入ってくれることを祈る。

勝ったリスグラシュー。
追い切り時計を見たときはやり過ぎだろうと思ったが、完全に本格化ということだったのねw
道中馬なりで先行馬を見る中団に位置取り、直線も残り400mを切ったところで前が開くと軽く仕掛けられるだけですんなりと抜け出してきた。
鞍上との息もぴったりで文句のつけようがない完勝。とても上手な競馬ができていたと思う。
GⅢとはいえ牡馬混合でこんなレースができるのだからヴィクトリアマイルに向けて展望は明るいだろう。

本命のサトノアレスは2着。
道中は後方3~4番手。枠順を利して内をロスなく進み直線も最内を突くレース。こちらは完璧なレースをしての2着だけにここからGⅠとなると少し厳しい気はするがペースにかかわらず末脚は確実に使ってくれる。
そういう脚質もあってか意外に人気にならないので、馬券的には今後も狙いたい1頭になりそう。

3着ダイワキャグニーは3番手評価にはしていたものの正直ここまで走るとは思っていなかったw
この馬もホントに強くなっている。今回は外枠が厳しかっただけだろう。
 
 
 
 

 
 
 
 
4着デンコウアンジュも人気はなかったが中団後ろから終いは間を縫うようにしっかりと脚を使っている。だいぶ成長しているように感じるし、アルテミスSを勝っているようにこのコースは得意なのだろう。
府中のマイルなら侮れない存在に思う。
 
 
そして今年も東京新聞杯は1番人気は勝てなかった(グレーターロンドン9着)
こういうことが言われ始めると得てしてそうしたジンクスは破れるものだが。。。
 
ハンデ戦でもないのにこんなに1番人気馬が勝てない重賞と言うのはもしかしたら珍しいのだろうか。
暇があったらちょっと調べてみようか(やる気なしw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!