「予想」カテゴリーアーカイブ

京王杯2歳S(2017) 予想


 
タワーオブロンドンが人気だ。

確かにききょうSの時計はこのメンバーに入れば出色だ。
他にもオープン特別や重賞を勝っている馬はいるがそれらと比べても頭一つ抜けた指数を示している。ケンカを売るのはなかなか勇気のいる相手だ。

展開を考えてみよう。

何が何でも逃げたいのはいない。直線長い東京コースだし、できるだけ直線まで各馬とも脚を溜めたいだろうことを思えばそれほど早い流れにはならない。

そういう展開なら武豊・アサクサゲンキがテンのスピードで自然にハナに立つ形だろう。
このメンバーで武豊にケンカを売るジョッキーがいるとも思えない。
タワーオブロンドンの出方を見ながら牽制しあう展開になるだろう。
そんな流れなら馬郡一団で進みラスト2Fの瞬発力勝負になりそうだ。

好位で進めて終いも速い脚を使えるタイセイプライドを本命に据えたい。

中京で1400mの新馬戦、新潟で同じ1400mのダリア賞と番手追走でいずれも上がり1、2位の上がりを使って連勝。違う適性を求められる2つのコースで同じパターンでレースをして勝ち切れるのは力のある証拠と考える。
府中の1400mでも好位から上位の上がりで押し切るレースができると想像する。

相手筆頭は逃げ残りを見込んでアサクサゲンキ。それほどペースが早くなるとは思えない点、長い直線をどれだけ我慢できるかがポイントになるが楽に先行できれば1400mも十分に残すだけの力量はあると考える。

3番手にはやはりタワーオブロンドン。スローを見越せばルメールが後方儘で脚を余すとも考えにくい。

以下、ピースオブユニヴァース、エントシャイデン、トーセンアンバー、ニシノウララまで。

馬券はタイセイプライドから印への馬連6点。
 
 
 

 
 
 
金曜日の競馬はファンタジーSとJBCの3鞍だけ馬券を買ったがすべてハズレw
 
ファンタジーSは馬連3連複を購入したが、JBCの3鞍は3連複か3連単を買った。
 
ファンタジーSは本命馬が7着だったので完敗だったが、JBCは馬連を買っていればレディースクラシックとクラシックは的中できた。
 
馬連では好配当は望めないと見込んでの3連馬券勝負だったが完全に裏目。
 
 
先週もそんな馬券選びで全くダメだったのでここはしばらく馬連を中心に馬券を考えてみようと思う。
 
期待値は重視するが、同時に的中率を上げられるような馬券を選んでいきたいと思う。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

JBC(2017) 予想


 
ダートの交流重賞はJRA馬を中心に考えればいいのでオッズ的に妙味も少ないことが多いと思っている。

なのであまり買うこともないしレースをリアルタイムで観ることもあまりない(結果はあとでチェックするけど)が、JBCは一日にJpn1が3鞍もあるのでやはり興味は惹かれる。
地方競馬はあまり知らない、普段から関心もそれほど高くない自分でもそう思うのだからJRAも同じような企画をしたら競馬に関心のない人も興味を示すんじゃないだろうか。
そこにキタサンブラックのような人気馬が出走となると俄然馬券売り上げも上がるような気がするんだが。
だからホープフルSは有馬記念の日に戻して、ついでに2歳牝馬のGIか1400mくらいの短距離GIもう一つ作ってしまえよと思ったりする。

・・・というか有馬記念のあとに一日ポツンと競馬やるのやめてくれ、マジで。
 

それはさておき
馬券を買うかどうかはまだわからないが、JBCの予想だけはしてみる。無責任極まりないなw
 
 

・JBCクラシック

JRA馬の後先だけ考えればいいので実質7頭立て。
さらにいかにルメールが乗ると言ってもオールブラッシュはこの相手では厳しそうに思えるし、ミツバもGI級で勝ち負けというレベルではないだろう。

ということは5頭立て。
馬連5頭ボックスを買っておけば絶対当たりそうな気がするがそれではトリガミだろうし、残った5頭でどういう馬券を買うか。予想というよりも券種を含めてどう馬券を組み立てるかのセンスが問われるレースだ。
 

アウォーディーは最内に入ってしまったので1枚割り引くとして、同じコースで行われるJpn1の東京大賞典勝ち馬アポロケンタッキーと帝王賞勝ち馬ケイティブレイブのどちらを上に取るか、その見極めができれば的中に近づけると考える。

アポロケンタッキーの東京大賞典の勝ち時計は2:05.8。帝王賞も同じ時計で走って5着。
一方ケイティブレイブはその帝王賞で2:04.4で勝っているわけだ。
となれば答えは明白。

本命ケイティブレイブ、対抗アポロケンタッキー、単穴サウンドトゥルー、押さえにアウォーディー、グレンツェント。

馬券はケイティブレイブ1着固定の3連単。
2着アポロケンタッキー、3着にサウンドトゥルー、アウォーディー、グレンツェントを置いて2,3着は入れ替えたパターンも塗る6点買いでどうだろうか。
 
 
 

 
 
 
・JBCスプリント
 
こちらはJRA馬は6頭。
初の1200m戦に挑んできたコパノリッキーの取捨がポイントになるだろう。
過去1400mでの勝ち鞍があるとはいえ3歳春でのもの。その年の秋にはオープン特別の霜月S(1400m)で1番人気を裏切って10着に負けている。
重賞レベルでは適性はマイルまでとみてここは無印にしたい。
 
ドリームバレンチノは10歳ながら近走も健闘しているが掲示板までが精一杯、ネロも近走成績をみると手を出しにくいし、ダートも3歳時に一度使われているが12着に負けている。
 
残るのはニシケンモノノフ、ノボバカラ、コーリンベリーの3頭。
 
コパノリッキーがある程度人気を背負ってくれるならこの3頭の3連単ボックスでいいか。
 
 
・JBCレディスクラシック
 
大本命と目されていたクイーンマンボが回避になって一転混戦模様。
 
実績からホワイトフーガ、勢いのあるアンジュデジールの2頭が人気になりそうだがここはちょっと捻ってプリンシアコメータから狙ってみたい。
 
休み明けの前走、牡馬相手の準オープンで0.2差4着ならここでもいい勝負になるのではないだろうか。
交流重賞は初めてだが1800mは距離ベストだし、鞍上武豊で一気の戴冠を狙ってきているとみたい。
 
1頭軸3連複Fで2列目にホワイトフーガ、アンジュデジール、3列目にはワンミリオンス、キンショーユキヒメ、タガノヴェローナと大井のララベルも加えた6頭を塗った9点で。
 
 
当たるといいなあ・・・
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ファンタジーS(2017) 予想


 
2歳馬なので例によって初勝利時のTARGETの指数を比べてみると上位は

1位:93 モズスーパーフレア
2位:92 コーディエライト
3位:87 ペイシャルアス、アルモニカ
5位:86 スノーガーデン、ベルーガ、アマルフィコースト

指数的にはモズスーパーフレア、コーディエライトの2頭がやや抜けている。
が、両馬とも逃げ切りでの勝利、逃げ先行馬がこれだけ揃っていて直線平坦な京都コースなら緩いペースにはならないだろうし、自信を持って軸にできるというほどではない。

上位に挙げていない馬でも85ないし84の指数は出しているので、能力的にそう差はないと考えても良さそうだ。

ならばデビュー戦の阪神内回り1400で2番手追走から上がり最速の34.5で後続を0.5突き放したアルモニカ本命で。

新種牡馬ロードカナロア産駒。
産駒成績は好ダッシュを決めているものの、重賞では同じ新種牡馬オルフェーヴルがすでに2頭の重賞勝ち馬を出しているのに対しまだ未勝利。ここらで産駒の初重賞を決めたいところだ。

対抗に距離経験を優先してコーディエライト、単穴にモズスーパーフレア。

以下、アマルフィコースト、ダイシンステルラ、ベルーガ、アーデルワイゼまで。

馬券はアルモニカからの馬連、3連複1頭軸流しで。
 
 
 

 
 
 
この3日間開催で一番楽しみなのが土曜東京の最終レース。
 
東京ダ2100mで連勝中のマイネルクラースが出走する。
前走の500万での勝ちっぷりは「これ絶対GI級だろ」と思わせるレースぶりだった。
 

 
↑この500万で出した時計はGIクラスでも十分勝負になる時計。
1000万条件は単なる通過点だろう。
 
どんなレースを見せてくれるのか。1000万、準OPはすんなりパスして早く重賞戦線を賑わせてほしいものだ。
今年のチャンピオンズCには間に合わないだろうが、もし出走できればかなりおもしろい存在になると思う。
まだ3歳なので来年以降のダート重賞路線のエースにのし上がってくるだろう。柴田大知に久々にGI勝ちを贈る存在だと思っている。
 
土曜日のレースではおそらく抜けた人気になるだろうし、穴党の自分としては馬券的には難しくなりそうだが強いレースを見せてくれると思うのでとても楽しみだ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

天皇賞・秋(2017) 予想


 
スワンS完敗、アルテミスS本命馬は勝ったものの2着馬抜け、というわけで残念な土曜日の結果。単勝万馬券の馬が2着に突っ込んできてのハズレなので仕方がない、と思ったが展開をしっかり考えられれば押さえられたかもしれない相手だったなあ。
 

気を取り直して天皇賞・秋。
 

ハナを取るのはロードヴァンドールだろうか。
前に行けそうなのは他にも内からネオリアリズム、ディサイファ、キタサンブラックといる。

夜になってからはずっと雨が降っていて馬場は重、もしかすると不良にまで悪化しそうな様相なので先週同様時計の掛かる展開になりそうだ。

となると追い込み一手では厳しい状況なのでどの馬も仕掛けは早くなりそうで、そうすると逆に差しが決まるという形になりそうな気もする。
しかし先行馬も相当に強力なメンツだけに簡単に止まるとも思えず、重馬場ゆえに差し追い込みは後方のまま届かず、というのもごく当たり前に想像できる。

なんとも悩ましい。

本命はネオリアリズムに取った。

逃げる馬を見ながら2~3番手からの競馬になるのではないか。
時計の掛かる馬場なら先行しながらしぶとくメンバー上位の脚も使えるタイプだし、好位から直線早め先頭でそのまま押し切るレースを期待する。

対抗にヤマカツエース。先行馬群を見ながら中団から直線半ばで先頭をうかがう競馬。念願のGI奪取に一番近いレースはここだろう。

3番手にリアルスティール。ヤマカツエース同様国内のGIでリアルスティールに最も適性のあるGIはこのレースだろう。

4番手にグレーターロンドン。心情的にはこの馬が本命だが毎日王冠で上がり1位タイで追い込んではきたものの0.2差は小さいようで大きな差に思える。
その時の勝ち馬・2着馬と今度は同じ斤量で戦うことを考えるとこれ以上重い印は打てない。心の本命馬として4番手の印。

以下、やはり実績に敬意を表してキタサンブラック、堅実に上位に来るステファノス、追い込みの脚は無視できないサトノアラジン、穴でサクラアンプルール。

馬券はネオリアリズムからの馬連流し、ネオリアリズム→ヤマカツエース→リアルスティールの3連複3連単を各1点、それと心情馬券でグレーターロンドンからネオ、ヤマカツ、リアルへの1頭軸3連複流し。
 
 
 

 
 
 
ソウルスターリングはやはり毎日王冠の負け方が気に入らないので、そしてサトノクラウンは調教が良いとは思えないので無印にした。
両馬とも上位に来てもまったく不思議ではないと思うが、サトノクラウンが来たら今後調教映像を予想の要素にいれることはやめることにしよう。そうなるとJRAレーシングビュアーは解約してもいいかもな。
 
 
外枠ではマカヒキやシャケトラも気にはなるが、そこまで手を伸ばしていたら展開的に恵まれるかもしれないロードヴァンドールもこんなに人気がないなら押さえておけ、などと言い出すことになるし収拾がつかなくなる。
 
 
ホントにこいつだけはいらないだろと思えるのがディサイファしかいないので本当は馬券を買ってはいけないレースなのだと思うw
 
それを言い出すとそもそも競馬を諦めた方がいい、という話になってくるのだが。
 
 
あぁ~、ほんと悩ましい(←喜んでるw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

アルテミスS(2017) 予想


 
2歳重賞はよくわからない。もし当たったら幸運だ。

というのも自分は出走馬の過去走と枠順から展開をボンヤリと想像して、恵まれる穴馬はいないかと探してハマりそうなレースを中心に予想して買う、というのが基本的なスタイルだからだ。

ハマらないだろうなあと思っても重賞は予想をするが、それもやはり展開をまず考えてそれから各馬の能力やコースとの相性なんかを検討していくことが何とかできるから。

しかし、、、2歳馬。まず脚質が良くわからない。これでは展開の想像をしようがないのだ。

それでも、考えてみる。重賞だから(馬券は買うかどうかはわからないが。

と言い訳をまず並べるのはアルテミスSがまったく、本当にまったく展開の想像がつかないから。

普通、2歳の重賞って1頭や2頭前走で逃げ勝ってきたのとかいそうなものなのに、皆無w
いや前走逃げたのはいるけど勝ってないし、スタート良かったしちょっと試しに逃げてみましたという感じがするし。

みんな大人びたレースぶりで勝ち上がってきたのね、と感心している。

しかし、それでは予想ができないので無理やり印を打とう。

◎ラッキーライラック
〇ダノングレース
▲スカーレットカラー
☆トーセンブレス
△ラテュロス、ウラヌスチャーム、グランドピルエット

基準は何か?

勘だ

いや、嘘です。

一応、TARGET.JVで表示される各馬が初勝利を挙げた時の補正タイムの高いものからピックアップしている。

一番高かったのがラッキーライラックの84。

2番目がシンデレラメイクで82だったのだが、その後の2戦の補正タイムの伸びがあまり良くないのでこれは切った。

次いでダノングレース、スカーレットカラー、グランドピルエットで81
そしてラテュロス、トーセンブレス、ウラヌスチャームの80である。
サヤカチャンも初勝利時には80を出しているが、3戦目でやっと出した数字だったこととその後のりんどう賞があまり伸びてないのでこちらもオミット。

地方競馬のレースは補正タイムが表示されないので道営のミスマンマミーアは自動的に対象にならない。
コスモス賞2着のレースを観ると怖い存在なんだが・・・

馬券を買うならラッキーストライクからの馬連流しか、◎〇▲☆の馬連4頭ボックスか。
 
 
 

 
 
 
2歳重賞が当たったら幸運だ、と最初に書いた。
 
実際にめったに当たらない。これはうまいことハマったなという記憶があるのは2012年のザラストロが勝った新潟2歳S。もう5年も前だ。
 
この時はなんとなく2着したノウレッジからの馬連流しを買った。10番人気馬である。
 
新馬戦(ダ1200)で単勝1.7倍の断然人気。それを後方11番手から上がり最速で差し切ったのが強烈だったが、ダートだったためか新潟2歳Sでは全然人気がなかった。
しかしわざわざ芝の重賞に使ってくるんだから陣営も脈はあるんだろうと踏んでの流し馬券。
 
確か東スポか何かで鞍上の蛯名も脈あり的な記事があったのが後押しにはなっていた。
 
正直、本当に馬券になるとは思っていなかった。
それにあとでよく考えたらこの時期に2歳のダート重賞なんてないんだから、ダートで勝ち上がってもレースを使いたかったら芝のレースを使うのは当たり前なんだよな・・・
 
 
馬連は12,380円。ほぉ、幸運なことだなあとしみじみ思ったものだ。
 
 
それ以来、2歳の重賞で幸運だなあと思った記憶がない。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!