ふぉんてん のすべての投稿

小学生の頃、ハイセイコーでもたらされた競馬ブームに乗って競馬を見始めました。観戦歴だけなら40年を超えてます。 馬券を買うようになったのは社会人になってからなので馬券歴としてはホンの四半世紀ほどですがさっぱり上達しません。 そんな私の日常を競馬とともに。。。 シルクHC一口馬主、はじめました。 現在の出資馬はヴェロニカグレース、サトノジュピターの16、ラックビーアレディトゥナイトの16の3頭です。

今週の3重賞


 
 
チャンピオンズカップはゴールドドリームが回避になって、ケイティブレイブとルヴァンスレーヴの一騎打ちか、という雰囲気になってきた。

個人的にはルヴァンスレーヴ1強という印象だが。
マイルチャンピオンシップ、ジャパンカップと2週続けて3歳馬が勝っているし、その勢いに乗ってここもルヴァンスレーヴが勝ってしまうような気がする。
オメガパフュームとの3歳ワンツーもあるんじゃないか?

外国馬のパヴェルの実力がどのくらいなのかというのが気になるところ。ハナから飛ばすような逃げ馬だったら要注意かと思っていたが、勝ったStephen Foster Handcap(GⅠ)もアクセラレートの2着になったPacific Classic(GⅠ)もレースぶりを見ると先行馬を見る位置からの競馬。
今年のチャンピオンズカップはあまりペースが早くなるようなメンバーでもないし、日本特有の瞬発力比べになったら出番はないか。鞍上のM.グティエレス騎手も日本での騎乗をしたことはないし、ここは軽視でいいように思う。

ルヴァンスレーヴを頭としたら相手はどれか。
有力どころはいずれも中団あたり、もしくはノンコノユメやサンライズノヴァのように追い込み一手というタイプなのでその中でも好位につけそうなケイティブレイブはやはり無視できないだろう。

それでも穴っぽいところを狙うならそれよりも前で運んで粘り込めそうなタイプ。
アンジュデジールかヒラボクラターシュあたりだろうか。もちろんサンライズソアも押さえは必要だろう。それなりに人気しそうで妙味はなさそうだが。。。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
チャレンジカップは注目はレイエンダか。強い3歳世代だしw
天皇賞秋の馬場入りで大暴れして放馬・除外となったダンビュライトも気になるが。

登録メンバーには何が何でもハナのマルターズアポジーがいて、他にもサイモンラムセス、ロードヴァンドールも逃げたいクチ、マウントゴールドも前2走は逃げて重賞3着、OP特別勝ちの良績。
開幕週でもあるし勢いペースは上がりそうなメンツだ。

ますますレイエンダの差しが光りそうな感じだがw、連勝中のエアウィンザーもここに来て良血開花という感じで見逃せない。
もっともこの2頭で決まるようなら馬券的にはまったく面白くないがw

狙ってみたいのはステイフーリッシュ、トリコロールブルーのステイゴールド産駒2頭か。(マウントゴールドもステイゴールド産駒だが展開的に厳しいように思う。)
阪神内回りだし、忘れたころにこのコース得意の種牡馬が存在感を示してくれないだろうか。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
ステイヤーズSは大好きなレース。長丁場のレースは単純に見られる時間が長いことも嬉しいが、道中の騎手の駆け引きを見るのも楽しみ。それだけに凡戦を見せつけられると腹立たしいこともあるわけだがw

今年はアルバートの4連覇がかかる。

過去JRAで同一重賞を4連覇した馬などいるだろうか。
自分の知る限りではコウエイトライが阪神JSを4勝しているが、これは3連覇した翌年に負け、その翌年に勝ったという記録(これはこれで凄いと思うがw)
アルバートがこれを達成すればおそらく史上初だろう。

長距離重賞だからこそ達成されそうな記録ではあるが、こんなチャンスはなかなかないことだから是非とも見せてほしいとは思う。
函館記念の鬼エリモハリアーも4連覇に挑んた年は4着に終わっているし、達成できれば偉大な記録と言っていいだろう。

ただ他にも注目している馬はいて、、、リッジマンが気になる。

門別ダート1000mをデビュー勝ちしたスウェプトオーヴァーボード産駒がステイヤーズSに出走するなんて。それもそこそこ人気しそうだしw
スウェプトオーヴァーボード産駒といえばレッドファルクスやパドトロワといった短距離馬を出す種牡馬というイメージ。
最近はオメガパフュームのようにダート中距離で活躍している産駒もいるが、芝の長距離戦、それも3600mのステイヤーズSというのがイメージとは真逆な感じで実に面白い。

もっともリッジマンは準オープン昇級以降は好走しているのが斤量52kgの時だけなのでハンデキャップホースという雰囲気もあり、56kgを背負う今回はあまり人気するようなら嫌ってこそ妙味という感じもするが。。。

人気薄で一発ありそうなのはララエクラテールか。
格上挑戦だがこれまで29戦して実に10戦が2600m戦。こんなに2600mを使われているのも珍しいような気もするがその成績が[2.2.3.3]。3000m超のレースは初めてだが豊富な2600m戦での経験を活かして一気の重賞獲りなんてあったらおもしろくないだろうか。

 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

シルク出資馬近況


 
 
久しぶりにシルクの出資馬の近況なんぞ。

ヴェロニカグレースはNF天栄で調整中、次走は12月22日の中山・ノエル賞。
中山大障害の日だし、トラストが障害でいいレースを見せてくれてたからこれは両レースが楽しみだ、などと思っていたらトラストは年内休養だとか。
楽しみが半分にw

ま、でもヴェロニカグレースの前走は得意とは思えない東京でまずまずのレースをしてくれたし、コーナー4つの中山芝1800mならかなり期待できるんじゃないだろうか。牝馬限定戦だし。
週に3回坂路でやっていてそのうち2回はラスト13秒台で上がっているというし調子も良さそう。暮れにもう一つ勝ってくれたら嬉しい限り。

ジュピターズライトもNF天栄で調整中だが、30日に美浦に帰厩する予定とのこと。
12月の中山開催でデビューの予定でいるようだ。
ちょっと前まで調教中に苦しがるところを見せるとコメントされていたので、まだまだデビューは遠いのかと思っていたのだが。
その状態でデビューに向かうというのは、あまり先まで期待もできないので取り合えず出資者の手前デビューだけはさせてしまおう、というところなのだろうか。微妙だ。

マイタイムオブデイはNFしがらきにいる。
ゲート試験合格後、少しすくむようなところを見せていたとのこと。今は無理をしないで成長を促した方が良いという判断で、しがらきで状態が上向いてくるのを待つようだ。
デビューは来年の1回か2回の京都あたりか。

ヒカルアマランサスの17とベッライリスの17はともにNF早来。
うっかりしている間に馬名募集は終わってしまったし、今はどんな名前になるのかな~とボンヤリ待っている感じ。

ヒカルアマランサスはすでに騎乗馴致を始めて1カ月ほどが経っているはず。ベッライリスも鞍付けが終わって騎乗馴致を始めている頃だろうか。
ともにまだ馬体重が410~420kgほどのはずだから、まだまだこれから馬体の成長を見守っていくという段階か。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
アーモンドアイがジャパンカップまで勝ち、シルクの募集馬が年間でGⅠを4勝もしてしまうなんて5年くらい前には想像もつかなかった。

他にも重賞はセダブリランテス、プリモシーン、ブラストワンピース、ヒーズインラブ、ストロングタイタンが勝っているし、馬主リーディングでもサンデーレーシングに次ぐ2位で107勝を挙げている。

ちょうどキャロットが2000年代前半以降、ノーザンファームの生産馬を中心に扱うようになってから劇的に成績を挙げたのと同じような歩み。
やっぱりノーザンファームって凄いな。この一強状態は競馬界にとってはあまり喜ばしいことではないとは思うけれど。
 

アーモンドアイは確か一口60,000円、募集総額3000万円。
それが牝馬3冠のみならずジャパンカップまで制するのだからわからないものだ。

ちなみにアーモンドアイと同じ世代のシルク募集馬で一番高かったのはピボットポイントで一口240,000円、募集総額1億2000万円。
次いで高いのがオブセッション、ルーカス、ブレイニーランの3頭でいずれも一口200,000円、募集総額は1億円だ。

ピボットポイントはこれまで8戦して1勝、3歳8月にようやく未勝利を脱出した。その後休養し次走は12月8日の中京で復帰する予定。

オブセッションは新馬、シクラメン賞と連勝するもののその後弥生賞、青葉賞の2戦を着外に敗れ、故障のすえ引退。

ルーカスは新馬勝ちのあと東スポ杯をワグネリアンの2着するものの、ホープフルS,スプリングS、NHKマイルCと着外に沈み、その後長い休養に入っている。現在はNF早来で調整しており、かなり調子も戻してきているようだがまだ次走の予定は立っていない。

ブレイニーランは6戦目、7月の未勝利戦で初勝利、昇級後2戦しているがともに4着。デビュー以来掲示板を外しておらず堅実に走るが勝ち身の遅さが気にかかる。

ちなみに私の初めての出資馬ヴェロニカグレースもアーモンドアイと同期だが、一口価格は30,000円、募集総額1500万円。
それでも2勝してくれているし、今年はなんだかんだ6戦してくれて1勝を挙げているし、12月にもう1戦してくれる予定だから、まあまずまずがんばってくれているほうなのだろう。
 
 

このように一口は必ずしも高い馬に出資すれば活躍するというわけでもないところが面白い。
それでもシルクのこの世代は募集馬74頭全頭がデビューを果たし、半分以上の43頭が勝ち上がっている。かつての自分の経験を思うと優秀な数字に思える。

実は昔々、まだ20代の頃、キャロットクラブで一口をさらに友人数人で共同出資したことがある。
その当時のキャロットはまだノーザンファームのバックアップはなく、今のような活躍馬はいなかった。ちょっと名前の知れている馬というとポジーがいたくらいの時代。
一口50,000円を友人5人で1万円ずつ出して出資をしたのだが、結局その馬はデビューすることもなく終わってしまった。
今はもうどんな血統の馬だったかさえ思い出せないw

そんなことがあったので、一口に興味はあっても自分で出資するということにまでにはなかなか至らないでいたのだが・・・

そういえば自分が一口を始めるきっかけになった2017年の大阪城S・勝ち馬もシルクのアストラエンブレムだったっけ。

ま、きっかけになったのは13番人気で2着に突っ込んでくれたミルファームのトルークマクトのおかげなのだが(笑)
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
昨日、シルクから追加募集のお知らせが来ていた。

今年はもう出資する気はまったくないが、どんな馬がいるのかな?と覗いてみた。

目玉は父ディープインパクトのラッドルチェンドの17か。母父デインヒルダンサー、祖母ラヴズオンリーミーでその産駒にはリアルスティールやプロディガルサン、ラングレーといった名前がある。なるほど。
しかし一口112,000円。ちょっと高くないか?

他には
父ノヴェリストのエリモアクアポリスの17、母父ダンスインザダーク。一口28,000円。

父マジェスティックウォリアーのミオリチャンの17、母父スウェプトオーヴァーボード。一口24,000円。

父オルフェーヴルのメジロルバートの17、母父メジロライアン。一口56,000円。

父パイロのミステリアスオーラの17、母父シンボリクリスエス。一口32,000円。

この中だと人気になりそうなのはメジロルバートだろうか。
父オルフェーヴルに祖母メジロラモーヌ。メジロルバートの後継牝馬メジロツボネがグローリヴェイズを出しているし、母系には他にフィールドルージュやコウソクストレートの名前がある。
当たりはずれは大きいタイプの種牡馬だが父オルフェーヴルというのも今はまだ魅力だろう。

自分が(この中から)出資するならミステリアスオーラだろうか。シンボリクリスエスの肌にパイロならダートの短距離で堅実に走ってくれそうなイメージ。

しかし、アーモンドアイがジャパンカップ勝ったこのタイミングで追加募集のお知らせとはシルクも商売上手だな~と(いや、元々の予定だったんだろうけどね)
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ジャパンカップ(2018)回顧


 
 
ジャパンカップ、最終的に自分が打った印は

◎1番アーモンドアイ
〇5番ミッキースワロー
▲8番キセキ 
△14番ウインテンダネス、7番サウンズオブアース、13番ノーブルマーズ、11番スワーヴリチャード

きっとアーモンドアイが勝っちゃうんだろうな、馬券的にはこのまま買っても面白くないよなあ・・・と考え続けて、結局買ったのはこんな馬券。

午前中に芝2000mの2歳未勝利でレコードが出てるし、8R1000万条件のオリエンタル賞(芝1800)では1:44.7とレコードに0.5差、一段と時計が早くなってるし、これはある程度前目の位置につけないと厳しいだろうなとボンヤリ考えていた。

ルメールのことだから今日のアーモンドアイはきっと好位につけるだろうとは思ったが、最内枠だし万が一スタートでちょっと遅れて包まれて後方に下げる可能性もゼロではない。
ならばこのメンツなら前に行ってしぶとく残しそうなキセキに期待してみようとそこからの馬券。
このところの川田も外国人騎手の陰に隠れてはいるが日本人騎手の中では今は一番乗れてる気もするし。

できればアーモンドアイが3着以下になったりしたら思わぬ好配当だななどと思いながら、それでも気分的にはアーモンドアイとキセキの馬連1点が中心。
でも、そんなにたくさん買うレースじゃないなといつものように観戦料を支払う気分。

開門ダッシュを決めて5番柱付近に一般席を確保してくれた友人にお礼のビールを振舞いつつ、朝9時頃からダラダラと過ごしながら馬券はそんな感じで決めた。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
スタート時刻の10分前くらいに自分の隣の荷物置きに使っていた席を「ここ空いてませんか?」とちょっと小太りの若い男性が聞いてきた。
もうこれ以上仲間が集まるわけでもないし、どうぞと席を空けたらその若者は急にテンションを上げ始め、ちょっと高い声で「アーモンドアイしかないです!」と聞いてもいないことをいきなり話しはじめた。
面食らいつつも、強い競馬見せてくれるといいね、と返したらこんな馬券を持ってるんです!と見せてくれたのが馬連1-8を500円と1番の複勝500円。

お、おう・・・(;’∀’)(同じ馬券持ってるwww

そ、そうか当たるとイイね、などと返しつつ、自分はよく知らない人にいきなり馬券を見せるとかなかなかできないなあ、と変な感心をしてしまう。

どうもジャパンカップだけを観に来たような感じだし、彼はいつもはどのくらい競馬をやってるんだろうか、こういうお祭りみたいなイベントが楽しくて来てるだけなのかな、それとも自分たちのようにドップリ嵌ってるんだろうかなどと想像を膨らませていた。

直接本人に聞けばいいのにね。でも、ちょっと苦手なタイプだったのだ。マイペース過ぎる感じが・・・

そうこうしているうちにスタート時刻が迫る。

やっぱりGⅠはドキドキする。まして今やダービー、有馬記念と並ぶビッグレースになったジャパンカップだ。
アーモンドアイが強い競馬を見せてくれるといいなという気持ちと、思い切って荒れてくれないかという馬券好きの気持ちとを抱えてスタートを待った。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
アーモンドアイは一瞬ハナに立つんじゃないかと思うようなスタートを決めた。
じんわりとキセキが前へ、外からウインテンダネスが来るかと思いきやピンクの帽子はノーブルマーズのほうが前に出て、ガンコを挟んでウインテンダネスはその後ろ。

これは川田がレースを支配する流れか。。。

内を走るアーモンドアイの外を行くのがノーブルマーズとガンコ。

この並びなら直線もアーモンドアイは楽に外に出せそうだなと見ていたら、いつの間にか逃げるキセキから少し離れた位置の2番手で進めている。

1000m通過が59.9の掲示。澱みなく流れているようだが、時計の早い今日の馬場なら前には楽なペースっぽい。

直線でキセキが後続を突き放すような脚を見せるが、2番手のアーモンドアイは更にそれを上回る脚を魅せる。

ホント、ワンダーホースだな、こいつ。

ゴール後、時計に目をやると「2:20.6」

は?なにそれ?ちょっと・・・脚、大丈夫か?
 
 
 
 
なんともないようだ。
この後の疲れが心配だけど、今日はこの圧倒的な凄さにしばらく酔いしれていよう。

友人が「ウオッカとダイワスカーレットの天皇賞秋に並ぶ感動的なレースだな」と呟く。

うん、異議なし。まったくだ。ホント凄い馬が現れたもんだ。来年が楽しみだよ。。。
 
 

 

後から何度も何度もリプレイを見ても、やっぱり凄いな~と。

単純にレース結果を見ると向こう正面の中ほどで1,2,3番手にいた馬が1~3着になるいわゆる「行った行った」のレースなのに。

「行った行った」ってつまらないレースの代名詞のように使われることが多いのに、そんなレースでみんながこんなに凄いとか感動したとか言うんだからアーモンドアイっていうのはいったい何者なんだ?

今年の年度代表馬はもうこれで確定。

1枠1番の枠順が決まったときにJRAもスターホースを誕生させるのに必死だなと思ったりもしたけど、やっぱ可愛いは正義だし、可愛くてい圧倒的に強いんだからこれはもう大正義だなと。

来年の秋、ロンシャンでアーモンドアイとエネイブルが対戦するのを我々ファンは楽しみに待とう。

それまで自分たちも頑張ろう、うん。

そんなことをしみじみと。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ジャパンカップ(2018)のサイン?


 
 
久しぶりにジャパンカップのサインを考えてみたい。

な~んて思ったのはカルロス・ゴーン氏逮捕などというビッグニュースが飛び出たから。これはサインでしょう、と言っている数人の馬友の顔が思い浮かぶw

で、日産、ルノー、カルロス・ゴーンというキーワードで何かないかなあ~とぼんやり考えてみたけどなかなか出てこない。

ず~っと考えて気がついたのはルノーがフランスの会社だということ。
フランス馬は出走してないから、これはフランス人のルメールか。しかしそれじゃ断然1番人気じゃないか、つまらないな。

でカルロス・ゴーンって何人よと調べてみたらWikipediaによると国籍がなんとブラジルとフランスとレバノン。二重国籍どころか三重国籍なの?そんなことが許されるの?

ま、それはともかく。

ブラジルとフランス。

これはもうルメールとモレイラで決まりじゃないか。それってアーモンドアイとサトノダイヤモンド?たぶん馬連1番人気か2番人気じゃないのか?

それともブラジルとフランスの国籍を持つゴーン氏が逮捕されたのだから、ルメールとモレイラはない、そういうことなのか?

そっちでいったほうが馬券的には面白そうだ。

しかし、、、それじゃ絞れないじゃないかw
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ニュースを見ていると、ゴーン氏が逮捕されてもルノーはゴーン氏のCEO解任は見送り、日産はゴーン氏を解任して新たに日本人取締役の代表権を追加する方向で検討しているようで、これは日産のルノーに対する反撃とも考えられるか。

それを今回のジャパンカップに置き換えるならば、、、

このところの外国人騎手の優勢に対して日本人騎手が反撃を見せる、そんな話に映せないだろうかと。

んじゃ、日本人騎手の誰だよって話なんだけどw

取り合えずJRAの日本人騎手は6人しかいないんだから6頭馬連ボックスくらいでいいんじゃないか?という結論で。(北海道の服部くんにはちょっと遠慮してもらうね。7頭ボックスだと多いから)

内からミッキースワロー、サウンズオブアース、キセキ、ガンコ、ノーブルマーズ、ウインテンダネス。。。どの組み合わせでもかなり好配当ではないかと。
なんならワイドでもトリガミにはならなさそうだけど、どんなもんですか?
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
いや~、くだらないねw

たまにはそんなくだらないのも・・・ダメか。。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ヴェロニカグレースはノエル賞に


 
 
出資馬・ヴェロニカグレースの次走が中山4週目のノエル賞の予定とシルクのホームページに出ていた。

ノエル賞というと有馬記念前日、中山大障害の日の最終レース。

トラストも中山大障害を目指す方向のようだし、これは今年こそ初めて現場で中山大障害を見ることになりそうだ。

ノエル賞も得意の中山の芝内回り、しかも牝馬限定戦。ここなら必勝態勢で行ってもらいたいし、そのくらいの力はあるはず。

これは年末に楽しみなイベントができてきたぞ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今週はいよいよ大一番・ジャパンカップ。
もうずいぶん外国馬が活躍できず、国内の芝2400mの古馬チャンピオン決定戦になっているが、今年は外国馬が2頭と更に寂しいことに。

おまけにミッキーロケット、マカヒキの回避が伝えられて早くも今年は14頭立てになることが決まっている。

昨年の勝ち馬シュヴァルグランの鞍上予定だったボウマンが騎乗停止中となって、どうやら一番人気は今年の3冠牝馬アーモンドアイになりそうな気配濃厚。
早くもジェンティルドンナとの比較があちこちでされている。

何しろジェンティルドンナはオルフェーヴルを直線の叩きあいで弾き飛ばして勝った強力な馬だったが、古馬との初対戦でアーモンドアイは果たしてどこまでやれるのか。牡馬を弾き飛ばして駆け抜けるような強さをも持っているのか。注目すべきはその一点といった様相。

今年の3歳馬は牡馬は古馬混合でもJBCクラシック2着のオメガパフューム、マイルチャンピオンシップ勝ちのステルヴィオなど強さを見せているが、牝馬はエリザベス女王杯でノームコアが5着、カンタービレが6着と牡馬に比べるとやや落ちる感じがする。

そういう世代だからこそアーモンドアイのような3冠馬が誕生したのだという見方もできる。同じ国枝厩舎のアパパネなんかはまさにそういったタイプの3冠馬だったし、牡馬との対戦では一度も勝つことができなかった。4歳時にブエナビスタを下してヴィクトリアマイルを勝って臨んだ安田記念などは1番人気に支持されたものの6着に負けている。

果たしてアーモンドアイはジェンティルドンナのような3冠馬なのか、それともアパパネのようなタイプなのか。
 

・・・とここまで書いてから改めて確認してみたのだが。

これまで誕生した3冠牝馬はアーモンドアイを含めて5頭。

メジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナという先輩がいるわけだが、牡馬と戦って勝利を収めているのはジェンティルドンナ1頭だけだった。

ジャパンカップの予想オッズではアーモンドアイが1.8倍という断然の1番人気に支持されているが、果たしてそこまでの信頼を置いていいのだろうか。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
しかし近年、牡馬と伍して戦える牝馬は珍しくない。

ジェンティルドンナはもちろん、ブエナビスタ、ウオッカ、ダイワスカーレット、マリアライト、ショウナンパンドラ、サンビスタ、ストレイトガール、アエロリット、メジャーエンブレム。。。
牡馬を負かしてGⅠを戴冠した牝馬は数知れず。

海外ではエネイブルのように凱旋門賞を連覇、今年はブリーダーズCターフも制した牝馬もいる(来年も現役続行し、凱旋門賞3連覇を目指すらしい)。

そもそもジャパンカップだってこの10年のうち5勝は牝馬だ。
牝馬のほうが出走頭数が少ないことを考えると、牡馬よりもむしろ牝馬のほうが合っているレースなのかもしれない。

アーモンドアイの死角を探すつもりで書き始めたが、むしろアーモンドアイこそがジャパンカップを勝つ馬だという気がしてきた。
・・・穴党としては困るw
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!