秋華賞、紫苑ステークス組から狙いたいが


 
秋華賞の登録馬を眺めている。

フルゲート18頭に25頭の登録。
現在、収得賞金1400万円のアロンザモナ、サロニカ、ブラックスビーチが抽選対象で1/3の席を争うことに。
1100万円以下のシーズララバイ、ミスパンテール、テーオービクトリー、ブライトムーン、マナローラは除外対象。

トライアルで優先出走権を取ったのはラビットラン、カワキタエンカ、リスグラシュー、ディアドラ、カリビアンゴールド、ポールヴァンドル。

あとは春の実績馬アエロリット、レーヌミノル、モズカッチャン、ファンディーナといったあたりが主力か。
 
 

京都の内回り2000mといえば内枠の先行馬が有利というのが定説だが、秋華賞に限って言えば何故か差し馬が過去10年で8勝、2着4回、3着7回と意外にも逃げ・先行を大きく凌駕している。

3歳牝馬最後の1冠、先行馬が有利な京都内回りという条件が鞍上の意識を前へ前へと行かせて予想外に早いペースになることが多い、ということだろうか。
また枠順もなぜか内枠と外枠に好走馬が集まっており、ちょうど良さげな中枠が意外に不振なのも特徴。この辺は覚えておきたい。

また荒れるイメージは強いが、勝ち馬に限ってみれば1~3番人気馬から出ていて、過去10年で4番人気以下が勝ったのは2008年のブラックエンブレム(11番人気)のみ。
基本的には軸は上位人気馬からピックアップして、ヒモ荒れを狙う馬券戦略がもっとも確率が高そうだ。

となると軸はアエロリットか、リスグラシューか、ディアドラか。

自分は今のところはディアドラに一番魅力を感じている。
紫苑S、中山の2000mを後方から外々を回ってきて差し切ったレースぶりは着差がハナ差とは言え、強いものだったと思う。
あとは相手のレベルがどうだったか、という一点だろう。

春の実績馬がローズSに集まったこともあり、評価はあまり高くはないが1:59.8というタイムも翌週のレインボーS(1600万)が2:01.4だったことを考えると悪くない。

同様にハナハナの3着だったポールヴァンドルも中団の後ろを追走し前がポッカリ開いたとはいえ馬群から伸びてきたのは評価したいところ。
先行して坂上で先頭に立ち2着したカリビアンゴールドよりはこちらを上に評価したい。

 
 
 

 
 
 
ローズS組から相手を探すなら勝ったラビットランよりもよりも先行してキレ負けしたほうに妙味がありそうな気がする。
 
そうなると休み明け+22kgでまったく精彩を欠いたファンディーナや同じく+14kgの馬体重だったモズカッチャンが良いのかもしれない。
 
そうはいってもやはり勝ったラビットランの勝ちっぷりはあまりにも鮮やかだったし、さすがに無印にはできないが(笑)
 
 
あとは枠順と予想される展開での上げ下げ。
 
アエロリットのような強い先行馬もいるだけに、早い流れで底力勝負が求められるような展開になってくれるとおもしろいのだが。
 
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

優勝写真が届いた


 
帰宅したらシルクからヴェロニカグレースの未勝利戦の優勝写真が届いていた\(^o^)/

一緒にJRAからの優勝賞品・馬名入り純金メダルの購入意思確認書も入っていた。申し込んでも抽選になるのだろうが当たったところでちょっと手は出ない。
馬主になって愛馬が勝つと賞金の他にもこういうものも貰えるのかと感心することしきり。
(ちなみにその純金メダルは約40万円相当だ。馬鹿にできない金額である)

一口馬主になって初めて知ることもあるものだなあ・・・と。

ただただ馬券だけをやっていた時とはやっぱり違うものだとつくづく。

なんだかまた一段と競馬のおもしろみが増してきたぞ。
 
 
 

 
 
 
今週の重賞は秋華賞と府中牝馬S。
 
府中牝馬Sはアイルランドトロフィーの冠がつき、やたらと長い名前になってしまった。
アイルランドトロフィーと言えば、エイシンヒカリがあの伝説の激走を見せたオープン特別だったのに牝馬重賞になってしまった。これも時の流れというものか・・・
 

 
こんなに外に寄れても3馬身半差勝ち。この時は現場で見ていたけどどんどんスタンド側に近づいてきて場内も凄く盛り上がってたw
 
 
ま、それはさておき。
 
秋華賞も楽しみだが、土曜日の府中牝馬Sもなかなかいいメンバーになりそうで面白そうだ。
 
アドマイヤリード、ヴィブロス、クイーンズリング、リエノテソーロとGI馬が4頭、他にも5戦連続重賞で馬券になっているクインズミラーグロや重賞勝ち馬デンコウアンジュ、トーセンビクトリーなどの名前がある。
 
GIIIの割りに豪華なメンバーじゃないかと思ったらGIIだったw もう6年も前からGIIだったのねw そういえばそうだったか。。。
 
 
今のところ、非根幹距離に強いクイーンズリングを中心にクインズミラーグロを本線にヴィブロス、アドマイヤリードは押さえに、トーセンビクトリー、ゲッカコウ、クロコスミア辺りが穴に突っ込んできたらおもしろいんだけどなあ・・・などと考えている。
 
今週は通常通りの土日開催だが、裏開催の新潟もあるし濃厚な週末になりそうな気がする。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

毎日王冠(2017) 回顧


 
3日間開催の重賞は2勝1敗。しかし一番自信があって大きく勝負した毎日王冠をはずしたので収支は若干のマイナス。う~む、強弱のつけ方・・・

毎日王冠、スローにはなるだろうと思っていたがテンの3Fが35.6、中盤3Fが36.5、上がり3Fが33.5。

本命にしたグレーターロンドンは32.6の上がり最速タイ(サトノアラジンと同じ)を繰り出したが位置取りが後ろ過ぎた。
もともとスタートは良くないので多少の出負けは想定内だったが、この流れであの位置では厳しかった。もう少し自然に前の位置が取れるようにならないとこのクラスの重賞では勝ち負けするには展開の助けが必要だ。

能力はあるだけにもったいないと思わせる3着だった。

これで賞金の上積みもできなかったし、GI戦線に出走するのは難しいかもしれない。

それにしても勝ったリアルスティールの1800m適性の高さよ。
ルージュバックの牡馬版かよ、と思ってしまう。そのルージュバックもオールカマーで2200mをこなしたし、リアルスティールも2000mなら勝ち切れるかもしれない。この後は天皇賞秋に向かうようなのでやはりマークは必要だろう。

ただ天皇賞ともなるとキタサンブラックも出走してくるし、今回ほどの緩い流れにはなりにくいだろう。
もっと底力の要求される流れになったときにどこまで食らいつけるか。
昨年のモーリスが勝った時のように中盤が緩んでくれれば十分に勝ち負けになるとは思えるが、タフな流れになったときには思わぬ惨敗の可能性もあるような気がする。

2着サトノアラジンはあわや差し切ろうかという勢いで追い込んできた。安田記念を勝った力は伊達ではない。
印は回さなかったがそれは最近はマイル以下でのレースが続いていたし、今回は1Fの延長がハンデになるのではないかと考えてのことだった。
得意の外枠だし気分良くレースを進めて直線勝負にかければ差し切られても不思議はないと思いながら、点数を広げたくないばかりにあえて切ったのでこの結果については納得のいくもの。
ま、まったく馬券圏内には考えていなかったリアルスティールに勝たれているのだからサトノアラジンが来ようが来なかろうが完敗だがw

サトノアラジンはこのあとどのレースに向かうのだろうか。マイルチャンピオンシップか、それとも天皇賞秋に向かうのか。
毎日王冠で切っておきながら言うのも何だが、あの末脚を見せられたら2000mに伸びても今度は無印にする自信はない(笑)

3番手評価にしたアストラエンブレムはまったく見せ場なく11着。大きな出負けがすべてだろう。前付けして持続できるスピードで押し切るのが信条のタイプ。終始最後方では持ち味を出す場面はまったくなかった。競馬をすることなく終わってしまった感じがする。

そして2番手評価のソウルスターリング。ラスト3Fからハロン1秒もペースが上がるような瞬発力勝負では分が悪かった。
もっと後続に脚を使わせるような流れに持ち込めればもう少しいい勝負をしたのではないかと感じる。
せっかくの軽量を活かせなかったルメールの騎乗ミスだと考えたい。これで次走評価が下がるならもう一度狙ってみたい。

そして、マカヒキ。このメンバーレベルでの瞬発力勝負ではこちらも良さが出ないということがわかった。
この馬も持続するスピードで勝負するタイプなのだろう。これで評価が下がってくるようなら展開が向きそうなときには注意しておきたい。

もっともダービー馬を捕まえてそんな評価もどうかとは思う。ダメならダメと見切るほうが潔い気もするが。。。
 
 
 

 
 
 
中休みしていたGIは今週から3週連続で再び行われる。
 
京都内回り2000mの秋華賞も外回り3000mの菊花賞も、そして東京の芝2000mも基本的に内枠有利のコース。どんな枠順になるか。
 
今のところは紫苑S勝ちのディアドラが一番このコースには向いているだろうと思っているが、枠順と展開次第では思わぬ穴馬の台頭もあるレースだけに丹念に出走各馬をチェックしたいところ。
 
 
 
毎日王冠のあった日曜日は東京競馬場で観戦したが、天気も良く入場者もGI並みの多さで盛り上がっていた。
 
さすがに秋華賞の日の東京競馬場はもう少し空いているだろう。
週末の天気は今のところそれほど良くはなさそうだが、もう少しのんびりとした雰囲気でゆっくり競馬をするのも楽しそうだ。
 
 
それとも土曜日のプラタナス賞に連闘で登録のあるスターリバーの応援にでも行ってくるのが良いだろうか。
 
今週も競馬場に行く気満々であるw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

毎日王冠(2017) 予想


 
グレーターロンドンを本命に指名したい。

安田記念でも本命にした。残念ながら0.1差4着に敗れたが、最後まで出走を迷っていたほど順調さを欠き、しかも初の重賞挑戦がGIという状況でこの着差での敗戦ならやはり能力は一線級と考えていいだろう。

現在の収得賞金3650万円ではここで賞金を積み上げておかないと次のGIにも進めない可能性もある。
鞍上も前走テン乗りの福永から田辺に手が戻るのも好材料。マイルで連勝を重ねてきているだけに距離がどうかという向きもあるだろうが、2勝目は同じ東京の1800mだった。苦にすることもないと考える。

東京でも中山でも終い確実に追い込んでくる末脚で初重賞制覇となると信じる。

対抗は人気だがソウルスターリング。やはり3歳牝馬の53kgという斤量は有利だろう。
馬場も回復してくると思われ、内でロスなく進められる1番枠も先行できるこの馬にはぴったりだろう。

3番手にはアストラエンブレム。ここに来ての充実ぶりはこのメンバーに入っても無視はできない。

馬券はグレーターロンドンからの馬連2点。
グレーターロンドン→ソウルスターリング←→アストラエンブレムの3連単2点も遊びで買ってみる。
 
 
 

 
 
 
あえて他馬にも印を回すなら4番手サトノアラジン、5番手マカヒキの2頭だが12頭立てで上位人気馬を中心にすることを考えると、そこまで手を伸ばしては期待値的に妙味がない。
 
あえて絞って臨みたい。
 
 
それに、
カズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞を受賞したのをサインとすれば、カズオ・イシグロ氏のイギリス国籍→グレーターロンドン、カズオ→藤沢和雄調教師のソウルスターリング、という如何にもなものもある。
 
密かに馬連1点でもいいんじゃないかと思っているのだが。
ただアストラエンブレムとグレーターロンドンの組み合わせが十分にオッズがあるので押さえておこうということで。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

サウジアラビアロイヤルカップ(2017) 予想


 
日曜の毎日王冠は12頭立てながらGI馬5頭という豪華メンバー。
レベルの高い一戦が見られそうで楽しみだ。

が、その前に土曜日のサウジアラビアロイヤルカップ。

キャリアの浅い2歳馬、能力比較も難しい。朝から重でスタートの馬場状態もどのように変化してくるか見極めにくく、予想もどこを手掛かりにすればいいのか悩ましいところ。

東京のマイル戦なので瞬発力勝負になることは多いコースだがハクサンフエロ、スターリバーとこれまですべて逃げてきたのが2頭、先行して勝ち上がってきたタイプも多く、終いはスピードの持続力に秀でたタイプが台頭してきそうな気がする。

ならば少ないキャリアの中でも上位の上がりを使ってきた馬を丹念に探していきたい。

人気だが本命はステルヴィオで仕方がないか。
東京マイル戦でのデビュー戦時計も優秀、4番手を先行して上がり3F34.2と最速で後続を0.3突き放した。
このときの3着スプリングマン、4着スターフィールドはともに次走で勝ち上がっているし、5着ハヤブサレジェンドも3走目に未勝利脱出。決して対戦メンバーのレベルが低かったというわけでもない(2着サトノオンリーワンは次走クビ差2着)

ステルヴィオ自身の2走目は札幌のコスモス賞。重の洋芝コースを中団の後ろから進めて3~4角で外を回して位置取りを上げ、直線でしぶとく競り合いを凌ぎ切って連勝した。

現時点での完成度はかなり高いと感じられる。ロードカナロア産駒なら1800mからの距離短縮もむしろ良さそうだ。産駒初の重賞勝ちに期待したい。

2歳戦だけに相手は手広く行きたい。

中京の未勝利戦をレコード勝ちしてきたシュバルツボンバー。この馬も道中4~5番手で先行して上がり最速の34.3で後続を0.4突き放した。これも相当に強い内容だった。2番手で。

3番手にコスモインザハート。
前走の札幌2歳Sは5着に負けているが、初戦の阪神外回りのマイル戦では中団追走からやはり上がり最速の34.9で差し切った。
内々を回ったコース取りの利はあったと思われるが、直線は内を捌きながら抜け出してくる器用な競馬。
初戦であの競馬ができるなら多頭数の今回も上手く抜け出してくる可能性はありそう。人気もないのであえて高く評価したい1頭。

4番手にダノンプレミアム、5番手にテンクウ。
ダノンプレミアムの初戦はすっと前に取りついて2番手で折り合い、4角で先頭に立つと坂上で4馬身突き放す楽勝、テンクウは新潟2歳Sの上がり最速32.6が光る。
 

以下、ダブルシャープ、カーボナード、ルッジェーロまで。この3頭も終いは確実に速い上がりを使える。

1番人気馬からの相手7頭は如何にも多く、期待値的に買えるオッズではないが当てることを考えるならこういう予想に落ち着く。
馬連、3連複では朝の段階では合成オッズが2倍前後、3連単1着固定なら3.6倍くらいに上がるが、これなら単勝勝負にするほうが良さそうだ。
 
 
 

 
 
 
ここにはスクリーンヒーロー産駒のスターリバーが出走している。
朝の段階では単勝オッズ200倍前後の18番人気w
 
ステルヴィオの単勝勝負をするなら、スターリバーの単複も100円だけ買って応援しようか(笑)
 
 
京都2Rのナムラルビー、東京3Rのヒダルマ、京都8Rのウインベラシアス、京都10Rのマイネルパラディと他に4頭のスクリーンヒーロー産駒が出走するがこれらの様子を見て、メインも買うかどうかを考えよう(←関係ないw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ホワイトフォンテンで競馬の虜になった男の日記