朝日杯フューチュリティSの展望・・・なのか?


 
今年の漢字は「北」になったそうで、それを聞いた競馬ファンはみんな「有馬記念はやっぱりキタサンブラックなのか」と思ったんだろうなあ。

でも、キタサンブラックって3歳秋以降、休養明け3戦目は必ず前走よりパフォーマンスが落ちてるので、今度は4着以下になると睨んでるんだがそれは穴党の願望がすぎるだろうか。
天皇賞春秋連覇してるし大阪杯も勝ってるし2年連続年度代表馬はあげるから、有馬記念は大穴を演出する4着とかになってくれないか。
 

どうも、ふぉんてんです。←久々w

気がつくと今年のJRA・GⅠはダービー、宝塚、秋華賞、JCと先週の阪神JFの5鞍しか的中していない。
的中率22.7%、だいたい普段のアベレージどおり。GⅠで情報が豊富に提供されるからといって、必ずしも当たりやすいわけではないということがよくわかるな。うむ。
 
 

残すところGⅠは3鞍。3つのうち1つくらいは当たってほしいものだ。
ホープフルSはルーカスから入ることは既に確定的なので、朝日杯と有馬は欲(=オッズ)に目をくらませることなく冷静に決めたい。

朝日杯フューチュリティステークス
軸はタワーオブロンドンかダノンプレミアムかステルヴィオの3頭からピックアップすることになるのだろうか。

ヒモはケイティクレバー、カシアス、ファストアプローチ、フロンティア、ケイアイノーテック、ダノンスマッシュあたりが候補になってくるか。

どんな枠順になるかはわからないが、おそらくハナに立つのはケイティクレバーで他馬がそれに競り掛けるというのもなさそう、ペースは落ち着いて直線の末脚比べになるという大方の予想通りの展開になるんじゃないだろうか。

となるとこれまでのレースでしっかりとした末脚を使っている馬に絞り込んでいくことになる。
出走各馬の前走のリプレイなどはまだチェックしていないが、馬柱から読み取れる数字だけで判断するなら、例えば上がり3Fを34秒台前半以内で出走馬中1~2番の脚を使ったことのあるタイプがいいんじゃないか。

そうなるとステルヴィオ、タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、穴っぽいところではケイアイノーテック、フロンティア、ムスコローソあたり。

ダノンプレミアムは先行して堅実に速い上がりを使えるがこの視点に立つと1枚落ちる感じになる。そうはいっても軽い印にはしにくいがw
 

ケイアイノーテックなんかは新馬戦(阪神1600m)で5F通過が63.0というスローだったとはいえ3~4番手追走で33.5という最速上がりを使っている。
デイリー杯は0.6差3着に負けているので今回人気はかなり落としそうだが、馬体重+22kgと大幅に増えていたし今回絞れて枠順と展開がハマればおもしろい1頭じゃないだろうか。(条件付き過ぎかもしれないがw)
 
 
 
 

 
 
 
 
朝日杯FSが阪神外回り1600mで行われたのが2014年からの3回。
馬券になった9頭のステップは前走デイリー杯組3頭、京王杯組2頭、いちょうS(現サウジアラビアRC)1頭と重賞組が6頭で2/3を占めているが、いずれも2,3着。
勝ち馬はベゴニア賞(500万・東京芝1600m)からが2頭、新馬戦(京都芝2000m)からが1頭だ。
 
ベゴニア賞からの2頭は新馬戦を2着または新馬未勝利を連続2着し、未勝利・500万と連勝してここに臨んでいる。
 
今年はそういうパターンの存在はいないかと見てみると、ダノンスマッシュがまさにそのパターン。違うのは前走距離が1400mという点のみ。距離経験は大事だと思うが、連勝中の勢いには注意したい。
それを言うと人気のタワーオブロンドン、ダノンプレミアムも連勝中なのだが。
 
 
しかしこうやって出走馬を整理していくと段々とイメージらしきものはできてきたような気がする。
 
ま、毎週それなりにメインレースのイメージはできているはずで、それでもハズれてるだろと言われると申し開きのしようがないが。
誰か簡単な必勝法、教えてくれないか。(無い
 
 
しかし先週の阪神ジュベナイルフィリーズといい、今週の朝日杯フューチュリティステークスといいレース名ちょっと長すぎないか。
サウジアラビアロイヤルカップ的なGⅢ感が拭えないのだ。サウジアラビアRCのほうができたのは後だけど。
GⅠのレース名はもっと天皇賞!とか桜花賞!みたいな短いスッキリした名前のほうがいいと思う(あくまで個人の見解w
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

香港国際競争(2017) 回顧


 
香港国際競争は各レース1000円ずつ、黙ってみてるのもつまらないから一応参加はしてみるというノリで買った。
香港ヴァーズと香港カップは的中したものの4レーストータルでマイナス1140円。

香港ヴァーズはトーセンバジルから、香港スプリントはラッキーバブルズから、香港マイルはヘレンパラゴンから、香港カップはタイムワープから買ったのだが回収率をあまり考えてなかったので2勝2敗でマイナスという情けない結果にw

香港マイルの2着馬ウエスタンエクスプレスが拾えていれば大勝利だったのになあ。
レースを観ているときは2着馬が13番だと思って取った!と思ったのだが、よく見ると12番。これはさすがに手が出ないよなあ~と納得はしたがちょっと悔しかった。

香港スプリントはラッキーバブルズとミスタースタニングのどちらから入るかで迷ってラッキーを選んで失敗。
ミスタースタニングからディービーピンの馬連でもそんなにつくのかとちょっと後悔。

ま、でもミスタースタニングは1番人気だったから自分にその選択はなかっただろうな。

今年は4競走で昨年よりも売上が10億円ほど減ったそうだが、1日にGⅠ4つというお祭りで馬券が買えるというのはちょっと嬉しいし、来年も日本馬は積極的に遠征してほしいものだ。

香港ヴァーズのハイランドリールは強かったし、その馬券をもって引退レース飾れて良かったなあと喜べるというのはなかなかプライスレスな楽しさだったと思う。配当は安かったけどw

次に海外競馬の馬券を買えるのは3月のドバイになるだろうか。
日本の競馬とは情報量が全然違うのでなかなかガッツリ馬券を買うという感じにはならないが、少額でちょっと遊ぶ分には海外競馬も楽しいのでもっと日本馬が外国のレースに参戦してほしいなあと思う。

 
 
 
 

 
 
 
 
今年の競馬も残すところあと2週、朝日杯FSと有馬記念でラストを迎える、、、
と思ったけどそのあとにホープフルSがあるんだっけ。有馬記念の日にやればいいのになあ。
どうせ競馬場には行けないし・・・
 
 
ま、それはともかく残り3つのGⅠ。願わくば連勝といきたいものだが果たして。
 
朝日杯FSは阪神JF同様比較的堅そうな気がするがどうだろうか。
タワーオブロンドンかダノンプレミアムか。
 
どちらかを軸に相手を数頭に絞って狙いたい。意外に人気は割れそうな気配もあって人気馬どうしの組み合わせでもそこそこのオッズになりそうだし、むやみと手を広げなければそれなりの回収は確保できるんじゃないかと漠然と思っているが。
 
 
穴党がそんなことやると痛い目見るというのもパターンなのだが・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

阪神ジュベナイルフィリーズ(2017) 回顧


 
今、競馬をやっているファンは本当に馬券が上手だなあと思った阪神JFだった。

週中のイメージではロックディスタウンがちょっと抜けた人気になるんじゃないかと想像していたが、単勝オッズは3.1倍。
人気順はまあイメージ通りだったがロックディスタウンは2倍台前半くらいの人気になると思っていた。

新潟で上がり最速32.5秒の末脚を使い、洋芝の札幌でレース上り36.6と時計の掛かるペースにも対応、隙のないレースぶりで2戦2勝、しかも牡馬を相手に重賞勝ちをして鞍上はルメール、如何にも抜けた人気になりそうなのに単勝オッズは3.1倍、2番人気馬が4.1倍、3番人気馬が5.5倍、4,5番人気馬が9倍台とファンの支持はそんなに力に差がないでしょうと言っている。

マジか。
ロックディスタウンはそんなに鉄板じゃないと思うし、人気だけを吸い上げて馬券圏外に飛んで、3~4番人気馬から1番人気以外の上位人気馬との組み合わせで意外に好配当になると期待していたのに。

結果、2,3,4番人気の順番で決着して馬連920円、3連複2,160円。ガッカリであるw

 
 
 
 

 
 
 
 
例年、前走1200mや1400mで逃げて勝ち上がってきたようなGⅠでは多分足りないけど出走できるから存在をアピールしたい!みたいな馬がいるイメージの阪神JFだが、今年はそんな感じの馬がいなかった。
 
だから前走で逃げているのが3頭もいて、それなりに先行してきた馬も揃ってるがあまりペースが早くなるイメージはなかった。
 
そこそこいい位置につけられてスローの瞬発力勝負になってもいい勝負になるタイプ(いわゆるそつのないレースができるタイプ)が向いてる感じかなあ~と、漠然としたイメージだけで本命はリリーノーブルにした。
 
対抗ラッキーライラック、単穴トーセンブレスで押さえの筆頭にロックディスタウン、以下マウレア、コーディエライト、ソシアルクラブまでに流す馬連。
ロックディスタウンは大外枠も厳しいし、力はあるだろうが休み明けの二ノ宮厩舎だしここはそんなにいい条件じゃない、もしそれでも勝つようならホントにバケモンだと考えた馬券。
エルコンドルパサーほどの怪物じゃないだろ、きっと圏外に消えて他の力のある馬で決まった割に好配当、なんて考えていたのだが。
 

 
一応、本線で決まったがそれほどダイナミックな濃淡をつけてないので回収率は184%。
的中はしたもののう~ん・・・という結果だった。
 
もうちょっとオッズつくんじゃないかと思ってたんだけどなw
ホント、みんな馬券上手だなあと。
 
こんなに馬券上手な競馬ファンと戦うんだから、もっともっと的中率も上げられる方向でも頑張らないと馬券では勝てないよなあ~とつくづく考えさせられるレースになった。
 
 
 
そうは言ってもやっぱり多少的中率には目をつぶっても穴っぽい狙いをしていきたい、というのは変わらないのだが。
 
 
応援している馬の馬券は別にして、長期的な回収率を考えると本命党では勝てないと思うんだよな。
 
50~60%くらいの的中率を誇れるなら本命党でもいいんだと思うが、自分はどんなに当てにいってもせいぜい25%程度の的中率しか実現できないことはわかってるから。
 
期待値400%くらいは欲しい。
 
本命党で馬連2点くらいで的中できるならそれもできそうだけど、自分には無理。
 
ということで・・・みんなもう少し緩く馬券買ってくれないかなあ(笑)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

いざ中山


 
今日は土曜日だが中山競馬場へ参戦する。

毎年、同じメンツでこの時期の土曜の中山競馬を楽しんだ後、忘年会へと繰り出す定例行事だ。

特に大きなレースもない師走の中山競馬場でのんびりとレースを楽しみ、そしてそこに集う個性的な競馬オジサンたちを観察する一日だw
今年も朝から菓子パンをつまみに缶チューハイを呑んでいたり、ずっとバイクのフルフェイスヘルメットを被ったままレース観戦をしていたり、午後の最初のレースの頃にはすっかり酔いつぶれて通路の一角で嘔吐したまま寝ているような、そんな面白いオジサンに遭遇することはできるだろうか。。。
 

そんな師走の土曜日、阪神メインのリゲルSにはグァンチャーレが出走する。
阪神のマイルは[0.1.2.2]、2度の着外は5着、10着。勝ち鞍こそないものの5回走って馬券圏内3回、掲示板4回ならまずまずだろう。人気もあまりないようだし一発決めてくれないものだろうか。
 
おそらくボンセルヴィーソが引っ張る流れ。人気のサトノアーサーは後方に、もう一頭の人気ファンディーナはサトノアーサーを意識して中団くらいの位置取りか。
もう1頭の上位人気ブラックムーンも後方からの終い一手。

直線の長い阪神外回りといえどもこの流れなら前残りも十分ありうる。

本命はボンセルヴィーソに、対抗レッドアンシェル、単穴でグァンチャーレ、押さえにファンディーナ、以下サトノアーサー、ブラックムーンを押さえに。
そんな予想を立てているがどうだろうか。
 
 
 
 

 
 
 
 
中山ではスクリーンヒーロー産駒が2頭出走。
 
6R新馬にアイラブトントン、7R3歳上500万にグレイスニコが出走。
また1Rにはスクリーンヒーロー産駒ではないがスクリーンヒーローの全妹にあたるブロンドヒロインが母のバットオールソーが出走する。
 
そっと応援馬券を買いたい。
グレイスニコは昇級初戦の前走8番人気ながら3着と好走しているのでそこそこやれるんじゃないだろうか。
 
 
ちなみに中京7R2歳未勝利にもアルジャーノン、ライクアスターの2頭が出走。
アルジャーノンも前走の新馬戦では12番人気ながら3着好走、今度はもう一歩上の着となってくれないか。
 
ともあれ全馬、無事の完走、願わくば好走を願う。
できれば好配当をプレゼントしてほしい。アフターの忘年会で美味しいお酒が呑めるように。
 
そして日曜日の阪神JF、香港国際競争の軍資金をまかなえればなお良し(そうはいかないのは知っているw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

中日新聞杯(2017) 予想


 
まずは土曜日の重賞、GⅢ中日新聞杯

ミッキーロケット、メートルダール、マウントロブソンが人気だろうか。

このメンバーだとロードヴァンドールが逃げることになるか。スタートが良ければ枠順の並びでバンドワゴンが先手ということもありそう。

いずれにしても上位人気馬は好位または中団からの差しタイプであまり流れは早くはならなさそう。

中京の芝2000mはスタートが直線上り坂の途中からなのでテンのスピードが上がりにくく、そのためペースも元々早くはなりにくい。その分、逃げ先行馬が有利な展開になることも多く、勝率・連対率・複勝率いずれも 逃げ>先行>差し>追込 という数字になっている。


 

ハンデ戦でもあるし、ここは展開利を見込んで12番ロードヴァンドールを狙ってみたい。
鞍上が太宰からテン乗りの横山典に替わるが金鯱賞2着の実績もあるしノリの老練な逃げに期待したい。

スローで前が有利と見るなら相手も当然先行馬を中心に。ロードヴァンドールの隣に入った11番マキシマムドパリを本線に2番スズカディヴィアス、5番バンドワゴン、10番ミッキーロケット、穴で3番タイセイサミットまで。

ロードヴァンドールの単勝と挙げた5頭への馬連で。
 
 
 
 

 
 
 
 
続いて土曜・中山メインの師走S
 
先週のチャンピオンズCを除外になってこちらに回ってきたサンライズソア、サンライズノヴァ、アスカノロマンが人気。
 
しかし枠順はなんとも微妙だ。
中団から後方に構えるサンライズノヴァが内枠の2番、一方先行タイプのサンライズソアが大外16番、アスカノロマンが13番とともに外枠。
 
これは展開読みも難しいw
 
内に案外差しタイプが揃っているので大外からサンライズソアがハナを取りに行くことも考えられるが、そうなるとテンにある程度出していかなければならないだろうし、典型的な逃げ馬が不在なのにペースが予想外に早くなるというケースも。
 
 
悩ましいw
が、ここは鞍上大野の10番ルールソヴァールから攻めてみたい。
 
前走みやこSではテイエムジンソクには完敗の2着だったが3着は1馬身1/4退けている。道中は中団の前に構え4角で早めに先団に取り付いてそのまま流れ込んできたしぶとい脚を評価したい。
直線の坂がどうかだが道中は中団前方で先行馬を見ながら進めて直線坂上で抜け出すようなレースを期待したい。
 
相手には3番ディアデルレイ、13番アスカノロマン、8番シャイニービーム。
オッズが折り合うようなら人気のサンライズ2騎や12番コスモカナディアンまで押さえてもいい。
 
こちらもルールソヴァールの単勝と馬連流しで。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ホワイトフォンテンで競馬の虜になった男の日記