ふぉんてん のすべての投稿

小学生の頃、ハイセイコーでもたらされた競馬ブームに乗って競馬を見始めました。観戦歴だけなら40年を超えてます。 馬券を買うようになったのは社会人になってからなので馬券歴としてはホンの四半世紀ほどですがさっぱり上達しません。 そんな私の日常を競馬とともに。。。 シルクHC一口馬主、はじめました。 現在の出資馬はヴェロニカグレース、サトノジュピターの16、ラックビーアレディトゥナイトの16の3頭です。

残念ダービー

ジメジメと梅雨も真っ盛りですね。今、エアコンのない部屋で仕事してるので体中がベタついて仕方がありません。
ども、ふぉんてんです。m(__)m
やっぱり早めにエアコン付けてもらわないとなあ。。。じゃなければ夏の間はず~っと休みとか、3ヶ月くらいwww

さて、福島開催ですね。
騎手時代、福島での活躍が目立った中舘調教師もきっと東の主場が福島となると気合も入るんじゃなかろうかと勝手に想像したりします。
今週は3頭が福島で出走するようで力関係はわかりませんが頑張ってほしいなあと思います。

夏の福島最初の重賞はラジオNIKKEI賞(GⅢ)
3歳限定のハンデ戦。
昔は『残念ダービー』などと呼ばれたものですが、これは前身である「中山4歳ステークス」の頃、出走資格が「東京優駿競争の勝ち馬を除く」とされていた時期があり、ダービーの敗者復活戦的な性格があったことからきているそうで、その規定が廃止されてからもしばらくは俗称としてそう呼ばれていた時代があったようです。

ただ私がその呼び方を知った頃にはダービーの敗者復活戦というよりも、ダービーに間に合わなかった馬たちの戦いというイメージで、そういう意味で残念ダービーと呼ばれるのかなと思ってました。

今年はプリンシパルステークスで優先出走権を得ながらダービーを見送り、ここに照準を合わせてきたアンビシャスがいますし、他にもナヴィオンやアッシュゴールドといったクラシックに向かう重賞戦線で上位にいた馬の出走もありますから、まさに残念ダービーと呼んでも良い好メンバーが揃いました。
オグリキャップの血を繋ぎたいストリートキャップや2戦2勝のキャンベルジュニアにレアリスタ、そして素質を評価されながらも春は休養でクラシックには出走が叶わなかったロジチャリスもいて、ハンデ戦ということもあり予想もなかなか難解な一戦です。

個人的には前走・東京芝1800mの500万クラスで2~3番手の好位を追走し33.5という2番めの上がりを使って勝ち上がってきたレアリスタ本命、対抗には8ヶ月ぶりの休み明けをプラス28kgの馬体重で3馬身差圧勝のロジチャリス、押えにアンビシャス、キャンベルジュニアの2頭、と思っています。

本命、対抗ともに前走は福永騎手鞍上で今回福永騎手はレアリスタに乗ります。
彼の伝統芸炸裂の可能性も高いと思うのでロジチャリス→レアリスタという馬券もぜひ買っておきたいところです(笑)

レアリスタの前走

ロジチャリスの前走

人気はアンビシャスでしょうか。
レアリスタ、ロジチャリスの馬単オモテウラにレアリスタからアンビシャス、キャンベルジュニアへの馬連の合計4点を買おうかなあと思っていますが。。。

その前に土曜日の馬券成績がどうか、というのも大きな影響はあるわけですけどw

[ラジオNIKKEI賞] ブログ村キーワード

なつなつなつなつ夏競馬~♪

ども、ふぉんてんです。m(__)m

いよいよ夏競馬本番ですね。
福島、中京、函館の3場。函館は一足早く開催が始まってましたがやはり福島や新潟、中京に小倉が東西の主場として開催されてこその夏競馬。

例年、夏競馬は実家(北海道の小樽です)に帰省した時に札幌開催が行われていれば見に行く程度であまり競馬場に行くということもなく、だいたい自宅で時間がある時にグリーンチャンネル見ながら気になるレースを3~4つ購入するというパターンが多いのですが、今年は弾丸福島日帰りツアーも予定していますし、帰省も函館開催最終週になったのでひとり夜行バスを使って函館競馬場に行くつもりです。

福島も函館も行ったことがないのでとても楽しみです。

福島へは7月12日の七夕賞の日に馬友3人と車で行きます。片道300km超、午前3時半に出発して午前8時半着を目標に。おそらく5時間くらいで着くと思うんだけどどうだろう?

今年の七夕賞の出走予定馬はどうなってるんでしょうか。楽しみです。

函館は最終週の土曜日。できれば日曜日の函館2歳ステークスを見たいところですが帰省の日程を考えると土曜日になってしまいます。
実家から札幌に出て、そこから函館行きの夜行バス。函館には朝の5時半ころに到着の予定なので開門まで何してましょうかね(笑)
朝市とかあるかな?イカ刺し食べたい。。。

そんな遠征を楽しみにしながら今週末の出走馬を眺めていたら先週宝塚記念のトーホウジャッカル同様菊花賞以来になるゴールドアクターの名前が土曜日函館最終・洞爺湖特別(1000万下・芝2000m)に。
勝ち鞍の3勝は札幌で2勝、1月の中山で1勝ですからおそらく函館の洋芝も合うはず。
問題は距離の2000m。3勝は2200mと2600m。菊花賞で3着しているのも長距離適性を示していると思いますし、ちょっと足りないかなあとも思いますが期待したいところ。スクリーンヒーローの初年度産駒としてモーリスよりも先にG1で馬券になったいわば長男坊のような存在。
1000万下に降級しての初戦ですし力の違いを見せてほしいところです。

土曜日には他にも函館6R3歳未勝利にリュウノースジョイ、中京8R500万下にデンタルキューティが出走予定。
リュウノースジョイは前走人気薄ながら3番手追走から惜しい2着。中1週で同じ函館の芝1800m。未勝利戦も残りそれほど多くはないですからここで何とか勝ち上がってほしいところです。

デンタルキューティは500万に昇級後は12着、5着、8着、15着とふるいませんが巻き返しはなるでしょうか。厳しいとは思いますが頑張ってほしいものです。^^;

[夏競馬] ブログ村キーワード

がんばれ!(スクリーンヒーロー産駒)馬券

ども、ふぉんてんです。m(__)m
先週のハズレ馬券のコーナーです(そんなコーナーないw)

昨日の日曜日は朝から東京競馬場に行っていたわけですがこの日は東京で3頭、阪神で1頭のスクリーンヒーロー産駒が出走していました。
1日に3頭もスクリーンヒーロー産駒を生で見られる機会はなかったので張り切って応援馬券を買うことにしてました。
ちょうど人気もない馬ばかりですし万が一馬券になったら儲かるしこれを黙って見送ることはないな、と(笑)

最初は東京1R。

ロッソマドンナ

ロッソマドンナ。単勝は9番人気で33.7倍、結果は13着。
序盤は先行馬軍に取り付いていい感じで走っていましたが直線に入ると手応えなく後退。
今度は芝で走らせてほしいなあ。。。

2頭目は東京7R。

コスモラパン

コスモラパン。単勝は6番人気で11.3倍、結果は5着。
410kgという小柄な馬体ながら3番手を追走して直線もしぶとく粘りましたが最後は勝ち馬からは2馬身ほど離されてのゴール。
それでも掲示板は確保しましたしよく頑張ってくれたと思います。
3着はあるかなあ~と思ったんですけどね。惜しかったと思います。

3頭目は東京12R。

シゲルウシュウ

シゲルウシュウ。単勝は15番人気で最終的には211.6倍w
結果も人気通りの15着でした。後方3番手で進んでそのまま見せ場もなく後方でゴール。
やはり無理がありましたね。なんとか掲示板に乗るくらい走ってくれないか、まかり間違って買ったりしたら初の単勝万馬券だぞ!とちょっと期待しのですが世の中はそんなに甘くなかったw

そして4頭目は阪神の12R。

ナムラヒューマン

ナムラヒューマン。単勝は6番人気で14.5倍。
ひそかにチャンスあるんじゃないかと期待していましたが結果は6着。
後方3~4番手を追走して直線でジリジリと追い上げましたが勝ち負けに参加する場面はなくなだれ込むようにゴール。
ただ掲示板をハズしたとはいえ勝ち馬とのタイム差は0.5秒。
昨年12月のデビューから休みなく使われて8戦目。ここらで少し休養して馬体の成長を促してもいいのかなあと思ったり。

以上、4頭とも馬券になることはありませんでしたが今後に期待したいと思います。

・・・とは言っても東京1Rに出走したロッソマドンナはまだ未勝利。
そろそろ3歳未勝利戦も終盤。だんだんと厳しい戦いになっていきますが東京と新潟の芝1600m戦で3着したこともありますので決して未勝利のまま終わる馬ではないと信じているので頑張ってほしいものです。

というわけで昨日は応援馬券は不発に終わりましたがいつかきっと喜びをもたらしてくれるものと信じますw

また競馬場に行った時にスクリーンヒーロー産駒が出ていたら昨日のように応援馬券を買いたいと思います。
どうか先週のハズレ馬券のコーナーが定着したりしませんように(-人-)

[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード

こんなに愛すべき存在だったとは・・・ゴールドシップw

ども、昨日の宝塚記念ですっかりゴールドシップに魅了されてしまったふぉんてんです。m(__)m

東京競馬場で観ていたのですがあのスタート時の騒然とした雰囲気。
失望している人よりもこれで穴馬券になると喜んでいた人のほうが多かったように感じたのは気のせいでしょうか。
私の前の席に陣取っていた推定20歳くらいの若者3名は最初にゴールドシップが前脚を大きく上げた時に「今だ!早くゲート開けろ!」などと叫んでいて、まあ気持ちはわからないでもないがそれは口にすべきじゃないだろうと。
そして2度めに大きく前脚を上げた瞬間にゲートが開いた時には「バンザイ!\(^o^)/」と。
私も内心「ヨシ!」とは思いましたがwゴールドシップを信じて買っている人もたくさんいるはずでもう少し控え目にしたほうがいいのになあと思ったものです。

それにしても。

逃げ馬不在で前半スローに流れるであろうことは衆目の一致するところではありましたが、向こう正面からゴールドシップがロングスパートを掛けて後半はけっこうタフな持久力勝負の流れになるんじゃないか、などと思っていた人たちには真逆の瞬発力勝負になってしまいました。

私もそんな想定をして、でもゴールドシップから買うのは彼の個性を考えてもリスクにリターンが見合わないと考えゴールドシップが今日はきっとあまり走る気がしないはずという勝手な設定で馬券を買いました。

昨日の阪神の芝は逃げ先行に有利な状態のようだったので、馬連フォーメーションで⑤カレンミロティック、⑦ワンアンドオンリー、⑪ヌーヴォレコルトを1列目に置き、2列目には上記3頭に②トーセンスターダム、⑥デニムアンドルビー、⑧ディアデラマドレ、⑬ラキシス、⑯ラブリーデイを置いたフォーメーションで臨みました。

というわけで馬券はまったくハズレてしまったわけですが、それでもこんなに楽しいというか面白い競馬を見られたのはもうそれだけでも満足。

回顧として道中のラップとか各馬の位置取りとかそんなものの確認なんてどうでもいいという気になります。

スタートのあの大出遅れはきっと人をちょっと困らせてやろうという彼の悪戯心にも思えますし、今日はホントなんかヤル気ないという強烈な意思表示にも思えますし。

今までゴールドシップという馬に対しては能力はとても高いけど馬券を買う身としてはなんとも扱いに困る悩ましい馬だなという認識でしたが、昨日のあの彼のパフォーマンスにはホントに魅了されてしまいました(笑)
レースであんなに笑わせてくれるG1・6勝のスーパーホースってなんだか凄すぎますよw

きっとこの後は少し休養して秋には有馬記念あたりが目標になるタイプだと思いますが海外に挑戦しようが、ジャパンカップに出走しようが、天皇賞秋に出走しようが心から応援したいなと。

そして大きく期待を裏切ったとしてもそれを含めて彼の強烈な個性なんだと認めてあげられるそんな馬になってしまいました。

今までずっとゴールドシップを応援してきた皆さんもきっと昨日のあの出遅れも「それでもゴールドシップが好きだ!」と思わせるに過ぎない出来事なんだろうなとつくづく思います。

秋に再び私達の前でその勇姿を見せてくれるのを楽しみに今週からの夏競馬も楽しみたいなと思います。

いや~、ほんとゴールドシップ最高だわ。

本当なら勝ったラブリーデイが主役なんだけど、良くも悪くも「ゴールドシップ劇場」だった強烈に記憶に残る宝塚記念。

そして一言だけ他馬にも言及。
2着のデニムアンドルビー。
自分の競馬に徹して道中は実質最後方wからの追い込み。スローの一団で進んだらホントに切れるなあ。
一応ヒモには入れていたけど最後まで切ろうかと思っていたのですが牝馬限定戦よりもむしろ牡馬一線級とのレースでこそ買わなくちゃいけない馬なんですね。これはしっかり覚えておきたいと思います。

しかし金子真人オーナーの馬運ってつくづく強力ですね。他の馬主さんたちは羨ましいだろうなあとつくづく。

[宝塚記念] ブログ村キーワード

ゴールドシップが勝つか負けるかのどちらに賭けるか

おはようございます、ふぉんてんです。m(__)m

宝塚記念、どうにも悩ましいです(笑)

ゴールドシップの偉業達成を見たい気持ちもあるし、馬券的に荒れてほしいとも思うし。
ゴールドシップが勝つとしても相手はなかなか絞りにくいし。

展開はもう騎手次第というメンバー。
逃げ馬不在ですが思い切って行こうと考えている騎手がいれば皆が想定外のハイペースという可能性もそれほど低くはないと思いますし、各馬が皆の出方をうかがうような感じになれば今年の桜花賞並みのスローになることも無きにしもあらずw

阪神芝内回りの2200mは1コーナーまで525mあり基本的に枠の内外の差はないと考えていいですが、ゴールドシップのようにテンであまり行き脚のつかないタイプは包まれにくい外枠のほうが競馬はしやすい。
そういう意味で15番枠は良い枠ですし過去2年も外枠からスムーズに進めることができました。
またスタート直後が下り坂なのでスピードを上げやすく、かつ2F目に坂があるために前を行く各馬のラップが他のコースよりも早くなりにくくその間にいい位置までに押し上げることができるのもゴールドシップが得意とするコースとなっている理由だと考えています。

こういった条件を考えるとゴールドシップが人気になるのも至極妥当で、前走の天皇賞も強い競馬でしたし阪神大賞典3連覇を見ても力の衰えは無さそうですから中心視せざるを得ないと思います。

ただ、、、これだけ条件がそろうと皆をどうして?と思わせる敗戦をしてしまうこともあるのがゴールドシップ、というのも個性だったりするのが困りもの(笑)

馬券はゴールドシップが勝つか、あっさり負けるかのどちらに賭けるのかという1点がポイントになると思います。

ゴールドシップが勝つほうに賭けるなら1着付の3連単流し。
負けるに賭けるならヒモに取り上げる馬の馬連ボックス。

どちらにするか決めかねています。

印は
◎ゴールドシップ
◯カレンミロティック
▲ヌーヴォレコルト
△ディアデラマドレ
☆ラキシス
☓ワンアンドオンリー
穴ラブリーデイ

としていますが。。。

今から東京競馬場に向かいますが締め切り時間ギリギリまで迷いそうですw

では行ってきます。

[宝塚記念] ブログ村キーワード