菊花賞の予想

菊花賞、ちょっと意外な前売り人気になってると思っている ふぉんてん ですm(__)m

金曜日のトーホウジャッカルへの大口投票は驚きましたね。
てっきりワンアンドオンリーが1倍台の断然人気になると思っていたのですが。
先週ヌーヴォレコルトが負けたことも影響してるのでしょうか。

展開はサングラスが逃げ、並行してシャンパーニュ、その後ろにゴールドアクター。外からトゥザワールド、サトノアラジン。
そこそこ逃げ先行で競馬をしてきた馬が揃っているので長距離としてはペースは流れるのではないかと思っています。

ワンアンドオンリーは外枠に入ってしまったので後方から内に寄せていくスペースを探すような感じになるでしょうから中団よりも後ろの位置取りになるのではないでしょうか。
それを見るようにトーホウジャッカルやサウンズオブアースといったところが仕掛けどころを図る、ショウナンラグーンは更にその後ろから終いにかけるそんな感じでしょう。

あれこれ考えましたがやはり本命はゴールドアクターに期待します。

スタミナは十分。
展開的にスローは想定していないので一瞬のキレを求められることはなくゴールドアクターのような持続して早い脚を使えるタイプに向くレースになると思います。

相手にはワンアンドオンリー、タガノグランパを本線にトーホウジャッカル、サウンズオブアース、ショウナンラグーン、マイネルフロスト、トゥザワールド、ハギノハイブリッド、ヴォルシェーブ、サングラスまで手広く。

馬券は単複をしっかり買って、あとは馬連で。

では今日も一日、楽しい競馬になりますように!

スポンサーリンク

富士ステークスの展望

ども、ふぉんてんです m(__)m

菊花賞は金曜日の前売りオッズで2番トーホウジャッカルに大口の投票があって1.4倍の1番人気。
面白いですね~。
最終的にはワンアンドオンリーが2倍前後の1番人気になると思いますが、金曜日の段階で伏兵と目される馬に200万円近くの大口投票があるというのは何かしらの根拠があるはずと考えてしまいます。

これを見るまでは軽視していましたがトーホウジャッカルにも注目せざるを得ません。ん~~~

さて、菊花賞はひとまず置いておいて。

富士ステークス。
サウジアラビアロイヤルカップという冠がついてますが、来年からはいちょうステークスがサウジアラビアロイヤルカップと名称を替えて2歳新設重賞となりますのでそれに何か関係した結果になるんじゃないだろうか、などと思っているのですが馬柱を見ても何も思いつきません(笑)

なので普通に展開から考えてみます。

おそらく人気はダノンシャーク。
それでも抜けた人気にはならずオッズでは混戦模様という感じがします。

ダノンシャークは比較的楽に先行できそうですが特に逃げを主張する馬がいないだけに周りの出方を見ながら各馬仕掛けが早くなってしまうパターンのように思えます。

前半のペースとしてはややスローが予想されながら案外こういう時は終いに掛けるタイプにハマる展開になることが多いんですよね。

東京コースで終い確実に早い脚を使ってきた実績のある馬に注目したいと思います。

本命は4番ロサギガンティア。
東京コースを使った前2走(NHKマイルカップ、毎日王冠)は後方からの競馬で4着、7着にとどまっていますがいずれも上がり最速で差を詰めてきていますし一団のスローで進む展開なら内から差してくることができると見ました。

対抗には8番ダノンヨーヨー。
8歳馬ですが前走の毎日王冠も上がり3Fはメンバー中3番手の脚を使っていますし、馬群が固まる展開なら十分に届くのではないかと。

単穴に3番インパルスヒーロー。
この馬も東京で終いに徹すれば確実に切れる上位の上がりを使える馬。
内々で脚を溜めて前が開けば十分勝ち負けになるのではないかと思います。オッズ的にも狙いたいタイプだと思います。

そして抑えに14番ダノンシャークを加えて4番ロサギガンティアから3番、8番、14番への馬連3点流しで考えています。

水曜、木曜の雨がどの程度影響があるかを見極めつつ馬券を買いたいと思います。

菊花賞 枠順確定

菊花賞の枠順が確定しました。

1枠1番 マイネルフロスト 柴田大
1枠2番 トーホウジャッカル 酒井
2枠3番 サングラス 古川
2枠4番 サウンズオブアース 蛯名
3枠5番 シャンパーニュ 松山
3枠6番 ショウナンラグーン 吉田豊
4枠7番 トーセンスターダム 武豊
4枠8番 ワールドインパクト ブドー
5枠9番 ハギノハイブリッド 福永
5枠10番 ゴールドアクター 吉田隼
6枠11番 アドマイヤランディ 藤岡康
6枠12番 タガノグランパ 菱田
7枠13番 ミヤビジャスパー 池添
7枠14番 トゥザワールド 川田
7枠15番 ワンアンドオンリー 横山典
8枠16番 サトノアラジン 浜中
8枠17番 ヴォルシェーブ 岩田
8枠18番 メイショウスミトモ 武幸

断然1番人気のワンアンドオンリーは15番、トゥザワールドは14番、私が注目しているゴールドアクターは10番となりました。
おそらく逃げるであろうサングラスが3番と絶好の内枠。
ゴールドアクターより内枠には他には前に行くタイプは見当たらないのでおそらくサングラスを行かせてやや離れた単騎の2番手で競馬ができそうです。

ダービーでは好位につけたワンアンドオンリーもこの枠なら中団より後ろから競馬をしそうな気がします。
前哨戦の神戸新聞杯では後方から進み3コーナー過ぎからまくり気味に進出して最後まで押し切りましたので今回も同じような形でレースを進めると思います。
ゴールドアクターとしては出来るだけ追走組からのリードを取って、スタミナでどこまで粘れるかというレースを期待したいですね。

枠順はもう少し内だと良かったのですが並びは悪くないと思いますし、これはなかなか楽しみになりました。
あとはあまり人気にならないことを祈ります(笑)

菊花賞の狙い馬

菊花賞は大好きなレースの一つですが思い返すとディープインパクトの菊花賞以来的中した記憶のないふぉんてんです m(__)m

会心の菊花賞というと単複馬連をきっちり取ったデルタブルースの菊花賞。

img_0

2004年ですからもう10年も前なんですね。。。時の経つのは早いものだ。。。

 

それはそうと。

今年はたぶんワンアンドオンリーが一本被りの断然人気になるでしょうから、これが飛んだら美味しい馬券になるなあ、と穴党は妄想するわけです(笑)

今年の上がり馬でどんな穴馬がいるかなあと物色すると。。。

いました、いました。

ゴールドアクター。

大好きなスクリーンヒーロー産駒。俄然期待してしまいます。

青葉賞を4着に負けたあと、3ヶ月の休養に入り夏の札幌開催で芝の2600mを500万下、支笏湖特別(1000万下)と連勝ししっかりと菊花賞に出走できる賞金を確保すると狙いを完全に菊花賞一本に絞ってきている感じがプンプン。

牝系はよくわかりませんがwスクリーンヒーローと言えばジャパンカップを9番人気でブッコ抜いた成長力に富む馬でしたしその祖母ダイナアクトレスもマイル路線ではありましたが古馬になって牡馬と互角に渡り合った名牝。叔父にはステージチャンプという菊花賞、天皇賞春で2着しているステイヤー。

その血を引いているとなるとゴールドアクターも京都の3000mでその素質が一気に開花!というのが如何にもありそうではないですか。

完全に妄想ですが(笑)

枠順次第ですが先行してスタミナを活かして好走すること必至、と睨んでいます。

・・・単勝40倍くらいつかないかなあ。。。(取らぬ狸w)

私の第2のデルタブルースとしてゴールドアクターを今から指名しておきたいと思います(笑)

 

 

ホワイトフォンテンで競馬の虜になった男の日記