フェアリーステークス予想

ここ3年連続で3連単配当が6桁という穴党が頑張りたいフェアリーステークスです。

人気はテンダリーヴォイス、コートシャルマン、カービングパスが三つ巴で5倍前後のオッズ。
これだけ人気が割れていると無理に穴狙いしなくてもイイかなと思いますが相手には人気薄を手広く拾いたい、そんな感じのレースです。

前走で逃げている馬は不在でこれまでに逃げた経験のある馬はヤマタケマツリ、マラケシュ、アドマイヤピンクの3頭だけ。
こういう何が逃げるかわからないというときは意外な馬が逃げ争いをして予想外のハイペースというのもよくあるのが厄介なところ(笑)
中山のマイル戦はスタートが一番高い位置で直線に入るまでずっと下りが続くのでペースが上がりやすい特徴もあります。
息が入りにくいペースで外を回らされると直線は短いですが坂でバッタリと止まるというケースが多いのもこうしたコースの特徴によるところも大きいと思います。

内でロスなく脚を溜められるレースが出来る馬はどれかを探すのが展開予想では大切かと。

枠順を重視して本命はテンダリーヴォイスで。
対抗はダートからの参戦ですが1200mを2番手で進んで新馬勝ちしてきたトラストレイカ、3番手にオーミアリスを取り上げます。
以下、ノットフォーマル、コートシャルマン、マラケシュ、カービングパス、ローデッド、メイショウメイゲツと手広く。

馬券は3連複フォーメーションで
1-4,5,6-2,4,5,6,8,10,14,15

こんな感じで。

スポンサーリンク

[フェアリーS(GIII)] ブログ村キーワード

スポンサーリンク

「フェアリーステークス予想」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA