東京新聞杯(2018) 回顧

馬連、3連複をサトノアレスから流してW的中、馬券は当たったが。

グレーターロンドン、なんで前に行ったんだろう?
きっとダイワキャグニーがこんなレースするんだろうと思うような位置でグレーターロンドンが運んでいて「は?」というレース。

これで前に行ってもこの馬の良さは出ないということは陣営もよくわかっただろうが、こんな運びにしてしまったのは何故だろう。
この馬としてはスタートが良すぎて前に馬を置けずにやや掛かり気味に前に行ってしまった感じはあるが。
何とか抑えて前に馬を入れることができていればまた結果は違っただろうか。
この辺は鞍上がテン乗りの川田だったこともあったのかもしれない。

それにしてもこの惨敗は本命にはしていなかったもののこの馬のファンとしてはショックだ。GⅠはともかく重賞は勝てる馬だと信じているだけに巻き返しに期待したい。
次にどこに出てくるのかはわからないが、その時は願わくば真ん中から内目の枠に入ってくれることを祈る。

勝ったリスグラシュー。
追い切り時計を見たときはやり過ぎだろうと思ったが、完全に本格化ということだったのねw
道中馬なりで先行馬を見る中団に位置取り、直線も残り400mを切ったところで前が開くと軽く仕掛けられるだけですんなりと抜け出してきた。
鞍上との息もぴったりで文句のつけようがない完勝。とても上手な競馬ができていたと思う。
GⅢとはいえ牡馬混合でこんなレースができるのだからヴィクトリアマイルに向けて展望は明るいだろう。

本命のサトノアレスは2着。
道中は後方3~4番手。枠順を利して内をロスなく進み直線も最内を突くレース。こちらは完璧なレースをしての2着だけにここからGⅠとなると少し厳しい気はするがペースにかかわらず末脚は確実に使ってくれる。
そういう脚質もあってか意外に人気にならないので、馬券的には今後も狙いたい1頭になりそう。

3着ダイワキャグニーは3番手評価にはしていたものの正直ここまで走るとは思っていなかったw
この馬もホントに強くなっている。今回は外枠が厳しかっただけだろう。
 
 
 
 

 
 
 
 
4着デンコウアンジュも人気はなかったが中団後ろから終いは間を縫うようにしっかりと脚を使っている。だいぶ成長しているように感じるし、アルテミスSを勝っているようにこのコースは得意なのだろう。
府中のマイルなら侮れない存在に思う。
 
 
そして今年も東京新聞杯は1番人気は勝てなかった(グレーターロンドン9着)
こういうことが言われ始めると得てしてそうしたジンクスは破れるものだが。。。
 
ハンデ戦でもないのにこんなに1番人気馬が勝てない重賞と言うのはもしかしたら珍しいのだろうか。
暇があったらちょっと調べてみようか(やる気なしw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA