朝日杯フューチュリティS(2017) 回顧


 
自分の馬券はケイアイノーテックの単勝と馬連三連複流し。

人気上位3頭は強そうだし、枠順もいいところに入っているしちょっとつけいる隙はないかなあと思いつつ、それでもタワーオブロンドンは1600m以上の距離経験もないし、ダノンプレミアムだって前走は上手く運びすぎての勝利。
ケイアイノーテックは前走こそ休み明け+22kgで3着なら今度は上積みも大きそうだし、終いは確実に早い脚を使えそう。一角崩しがないだろうかと期待しての馬券。

最初はステルヴィオからの馬券にしようかとも思ったがあまりにも上位馬3頭に人気が偏っていて妙味がないし、逆に単勝5番人気ながらもケイアイノーテックからだと馬連でもかなりオッズが良かったので、結局こちらの馬券を選択したw

直線、ケイアイノーテックがステルヴィオと一緒に伸びてきたときには3着には届くか?と期待したが惜しくもハナ差4着。う~ん、残念w
 
 

勝ったダノンプレミアムは現状はこのメンバーの中では頭一つ抜けていた。

1番枠でロスなく行けたのがあるにせよ、道中あまりペースの緩むところもない流れを3番手追走、上がり最速で後続を3馬身半突き放すレースぶりは強いとしか言いようがない。

序盤、外からケイティクレバー、ファストアプローチが前にいった場面では引っ掛かるようなところもあったが、鞍上の指示に従ってちゃんと我慢できるのだから賢いところもある。

他の路線から向かう期待馬もいるのでこれでクラシック最有力とはまだ言えないが、有力候補の1頭に名乗りを上げたのは間違いない。

2着ステルヴィオは序盤折り合いに専念、直線の末脚に賭ける戦法。
直線で伸び始めたところでケイアイノーテックに外に弾かれる不利はあったが、それがなければ逆転できたかと言われればちょっと疑問。
このメンバーでは上位の力があることは間違いないが、この脚質ではGⅠを勝ち切るには展開の助けが必要だろう。もう少し好位で運んで変わらぬ末脚を繰り出せるようになればいいのだが。(そうなればダノンプレミアムと変わらない力、ってレベルにはあると思う。)

3着タワーオブロンドンはダノンプレミアムを前に見る位置で運んで、直線でこれを捕まえに行くところを逆に離されてしまった。
なんとか3着は守ったがもしかしたら距離の壁があるかもしれないような印象。
マイルまでなら上位の力があると思うが、クラシック路線ではどうだろうか。

それにしてもダノンプレミアム、こんなに強かったのか。
だったらダノンプレミアムとステルヴィオとケイアイノーテックの3頭ボックスの馬券でも良かったな、儲けはなくともトントンにはできた、などと思ってもあとの祭り。
それにそんな馬券じゃつまらないからダノンプレミアムがこんなに強いとわかっていても自分は絶対に買わなかっただろうなw

むしろ穴ならこれと期待したケイアイノーテックが2,3着とは差のない4着に頑張ってくれたのでまんざら自分の見立ても悪くなかったと自己満足している。
見立てが良かろうが悪かろうが馬券がはずれてるのは同じなんだがw
それでもホントに競馬はおもしろい。
 
 
 
 

 
 
 
 
予想記事を書いた土曜日の重賞、ターコイズSは会心の一戦だった。
横山典、執念のイン突き。
 
直線坂上までは前が塞がっていた。
ラビットランが少し外に寄れてスペースができるという運の良さはあったが、それまでは脚を余すのも覚悟でインにこだわったベテランの勝負勘が導いた勝利だろう。
 
気分良かったなあ・・・
 
しかし、馬連は取ったがこちらは単勝を買っていなかった。
 
自分の勝負勘はサッパリである。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA