2017 ジャパンカップ観戦記


 
京王線の始発に乗って東京競馬場に向かった。

府中駅で降りて6時少し前に西門に到着。JR府中本町駅から西門につながる連絡通路に向かうと、既ににたくさんの人が並んでいたが前夜から並んでいた若い馬友と交代してまあまあいい位置で列に並ぶ。

しばらくすると開門は7:50というアナウンス。

開門時刻に近づくと後ろからジワジワ人波が押し寄せてくる。

やがて後ろからの人の圧で身の危険を感じるような騒然とした事態。
万が一、押されて転びでもしたら間違いなく大事故につながるだろうという恐ろしい状態だった。

今まで何度もダービーやジャパンカップで早朝から並んでいた。確かに早く前に行きたい、できるだけいい席を確保したいという小さなつばぜり合いはあったが今回のような恐怖を感じたのは初めてだ。

JRAはこの状態をもっと制御できるように警備の人を増やすとか、人々へのインフォメーションを徹底してほしい。

このままではいつか大きな事故が起きても不思議ではない。

こんな状態では、一日ゆっくりと競馬を楽しみたいと思っている自分には、しばらくGⅠデーに競馬場に行くのは指定席の抽選にでも当たらなければ憚られる。
 
 
 

 
 
 
 
なんとか人波に押しつぶされることもなく一般席の5番柱付近に自分たちの居場所を確保して1Rからのんびりと馬券を始めた。
 
富士山が綺麗に見える気持ちの良い天気だ。2コーナー奥の紅葉もいい眺め。今日で今年の東京開催が終わってしまうのが名残惜しい。
 

 
そんなことを思いながら取ったり取られたり。
京都の渡月橋Sでマイネルパラディの複勝を取れたのが一番嬉しかった。
 
 
意外に好調でジャパンカップを迎える時点で回収率270%、ジャパンカップを控え目にすれば今日の勝ちは確定という状態。
こうなるとすっかり控え目な馬券になるw
 
前日予想の通り1番シュヴァルグランからの馬連7点をメインに波乱期待の3連複Fを少しだけ購入。
 
道中ロスなくインで脚を溜めたボウマン鞍上のシュヴァルグランが直線でも綺麗に前が開いて抜け出してきたときには勝利を確信。
 
キタサンブラックが粘っていたが何か穴馬が突っ込んでこないかと思ったが迫ってきたのはレイデオロ。
 
オッズはそれほどでもないが厚めに買っていた相手なのでここでもまずまずの回収。
そのあとの京阪杯は外したがJCで軸に取ったシュヴァルグランが勝ち切ってくれたのは嬉しかった。
 
今年の東京開催最終日で気持ち良く馬券との格闘を終えられたのは気持ち良かったなあ。
 
 
来年の東京開催も楽しい競馬になりますようにと大國魂神社に少しお願いして帰路に着いた。
 
 
それにしても、今日の開門前はホントに怖かったな・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA