底力勝負のマイルCSになるか


 
ふた昔くらい前まではマイルチャンピオンシップというと固いGIの代名詞だったはずだが最近はすっかり様変わりしている。

もう7年も1番人気馬が勝っていないという。
一瞬「あれ?モーリスって1番人気じゃなかったんだ」と違和感を覚えたが、そういえばモーリスは調整が遅れて安田記念からのぶっつけになったんだった。
 

今年の登録は22頭だがネオリアリズムが早々に香港直行を表明して回避、メラグラーナもここを使うことはなさそう。
ディサイファはジャパンカップにも登録があるようだし、こちらに出走することはなさそう。まさかマイルCSからジャパンカップを連闘などということはないだろう。
となるとグァンチャーレが1頭除外候補ということになるがアンドロメダSとのW登録だし、陣営もそちらに行く腹積もりだろう。
 
 

マルターズアポジー、ウインガニオンとなかなか強力な逃げ先行馬がいて、おそらく1番人気になるだろうエアスピネルもここ2戦は先行している。
他にもダノンメジャーがいるし、枠次第ではヤングマンパワーも先行争いに加わってきそうなだけにハイペース必至のメンバー構成に思える。

上位人気になりそうなイスラボニータも比較的早めに運ぶタイプだけに最後は我慢比べ、GIらしい底力が問われる展開になりそう。

そうなると直線に入ってからの瞬発力よりも長く脚を使って最後まで伸び続ける持続力があるタイプが大外から豪快に差し切るというシーンが想像できる。
どんなレースになるだろうか。楽しみである。
 
 
 

 
 
 
イスラボニータが前哨戦をいい形でこなして本番に向かっているんじゃないかと思っている。
 
サトノアラジンも天皇賞は不良馬場に末脚を殺されて大敗しているが、良馬場になれば侮れない。
 
上がり馬サングレーザー、スプリンターズSとの2階級制覇を目論むレッドファルクス、GI奪取はここが最大のチャンスだろうエアスピネル、菊に見向きもせずにここを狙ってきたペルシアンナイト。
 
本命候補が多すぎるw
 
 
マルターズアポジーが玉砕覚悟の大逃げをしてくれると楽しいなあと思っているが武士沢はどうリードするだろうか。
 
京都の天気予報は土曜日に雨が降る予報になっているし日曜日の気温はあまり上がらなさそうだ。馬場がどうなるかも気になる。
 
ギリギリまで悩むことになりそうなマイルCSだ。
グレーターロンドンが出走してくれてたら迷わず本命にして応援馬券を買っていたのだが・・・それだけがちょっと残念w
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA