混戦模様のエリ女とバヌーシー所属馬デビュー


 
エリザベス女王杯、ルージュバックはR.ムーアが騎乗するのか?
1800m専用機だと思っていたが前走オールカマーを勝って、非根幹距離に強い馬という評価に上書きされてしまった上に、鞍上ムーアとなるとこれは無視できない存在になってしまったな。

ミッキークイーンやヴィブロスが人気になるのはいいとして、京都大賞典で牡馬を抑えて勝ってしまったスマートレイヤーもそれなりに人気になるだろうし、なんとなく絞りにくいメンバーになってしまった。
おかげで昨年の覇者クイーンズリングが鞍上がミルコから弟のクリスチャンに替わることもあってかあまり人気にならないというのもおもしろい。

今回は府中牝馬Sを逃げ切ったクロクスミアに、やはりここ2戦逃げているプリメラアスールもいるので(福島記念とのW登録)、この2頭が引っ張る流れになるのか。
どちらも人気にはならなさそうだし、京都の外回りだし注意はしたいところだが実績的には手は出しにくい。

上位人気馬はどちらかといえば差しタイプだが、ルージュバックなんかは前走は中団よりも前で競馬をしてそのまま押し切るというレース運びだったし、ヴィブロスも中団よりは前目につけそうなのでそれほど緩い流れにはならないか。

もっともプリメラアスールが福島記念に回ったらその限りではないが。クロクスミアの単騎逃げなら粘りきる場面もあるかもしれない。

エリザベス女王杯は大波乱になったクイーンスプマンテ、テイエムプリキュアのように忘れたころに逃げ馬が穴をあけるから、その辺に期待はしたいところ。
2年連続5番人気単勝オッズ16倍くらいで2着したオースミハルカなんか好きだったなあ。

2年とも単勝握って応援してたっけw
 
 
 

 
 
 
先週、東京の新馬戦には注目のバヌーシーの所属馬がデビューした。
 
土曜日には鞍上武豊でディープシャインが出走し1番人気3着、日曜日は福永でアイワナシーユーが3番人気2着。
 
土曜日のディープシャインは上に日経新春杯勝ちカポーティスターがいることもあってちょっと人気先行だったか。武豊だし。
 
日曜日のアイワナシーユーは募集価格1万円の馬だが2着と健闘。人気以上に走っているし、もしかしたらバヌーシーの中では案外当たりなのかもしれない。
ま、募集総額を考えると何をもって当たりというのか、という見方もあるが。
 
ただ他の一口馬主クラブよりも出資者数は相当多いだろうから、人気先行になりそうで馬券としての妙味は小さくなりそうな気はする。。
アイワナシーユーなんかは新馬戦クビ差2着だし次走はもっと人気だろう。
部外者はバヌーシーの所属馬が出走するときは他の馬から入るほうが馬券の期待値的にはいいのかもしれない。
 
 
バヌーシーノキボウが命名される前に競争能力喪失で安楽死処分となったことでスタートから躓いてしまった感じだったバヌーシーだが、何はともあれ2頭が無事デビュー、しかも2着、3着と好走したことでこれからも注目は集めそうだ。
 
これで残る2歳のキタノコマンドールがどのくらい残口がさばけるか。
バヌーシーの運営サイドも期待してるんだろうな。
 
キタノコマンドールよりもアイワナシーユーの下のほうが売れそうな気もするけど。募集価格1万円だし。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA