凱旋門賞ウイーク


 
凱旋門賞ウィークである。
グリーンチャンネルも凱旋門賞実況中継が終わるまではノースクランブル放送だ。これを機会にずっとノースクランブルにしてくれればいいのに。
 

今、見直しても2012年ソレミアの凱旋門賞は惜しかった。オルフェーヴル、勝ったと思ったけどなあ。

1999年のエルコンドルパサー2着の時も興奮した。スタートからずっとハナを取ってそのまま押し切るかに見えた最後の最後にモンジューに差されたのだっけ。3着以下の後続を5~6馬身千切っていたのに。

当時は今のように頻繁に海外競馬がリアルタイムで中継されることなんてなかったから、レース終了後も興奮冷めやらず日曜日深夜なのに遅くまで寝られなくて困った。
テレビで海外の競馬を見られるのなんてNHK-BSの世界の競馬くらいしかなかったし、ネットもようやく普及し始めたくらい。
NHK-BSの世界の競馬もいつもは録画されたレースを紹介する番組だったが、この時は生中継されて、あの頃は合田さんも若かったっけ。英語勉強しなきゃって思ったなあw

 

今は馬券も発売されるし、昔とはちょっと違った見方をしてしまうけどやはり日本馬にもいつかは栄冠を掴んでほしいとは思う。

その時に自分が日本馬の馬券を持っているかどうかは自信がないが(笑)

 
 
 

 
 
 
そして深く心に刻まれたのはディープインパクトが参戦した2006年。
 
絶対勝つと思ってみていた。
 
それが勝ち馬の3歳馬レイルリンクに交わされ、さらには6歳牝馬のプライドにも差されての3着(後に禁止薬物検出で失格)。
世界の壁の厚さを思い知らされたし、ディープが挑戦しても勝てないならもう20年くらいは勝てないんじゃないかと絶望的な気持ちになったものだ。
 
(第1回ジャパンカップが開催されたときと同じような絶望感だったなw
この時は日本と世界のレベルの違いを思い知らされた。
去年から行われたコリア・カップで日本では必ずしもトップとは言えない馬に大差勝ちされた韓国の競馬ファンが今はそんな気分なのでは。)
 
 

 
 
今年は日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが挑戦。
 
3歳牝馬のエネイブルが注目を集めそうだが他にも昨年2着のハイランドリールや英インターナショナルS勝ちのユリシーズ、愛セントレジャーを圧勝したオーダーオブセントジョージなどもいる。
 
それでも日本ではサトノダイヤモンドが1番人気か2番人気にはなるのだろう。
馬券的には地元フランス馬を中心にヨーロッパの馬を中心に買いたくなる状況で、サトノダイヤモンドもサトノノブレスも頑張れと思いつつ、4頭出しになりそうなA.オブライエン厩舎の馬を中心に買ってしまいそうな気がするw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA