関屋記念(2017) 予想

前走、2番手追走で初重賞制覇と前2戦とは違うレースで成長ぶりを見せたウインガニオン。

ここもマルターズアポジーを行かせて離れた番手追走で進めたいところだろう。
しかし、枠順はあいにくの8枠15番。
内にマイネルハニー、ヤングマンパワーがいる並びでは3~4番手の先行馬群の外という位置取りになりそうな枠順。

果たしてこの位置で能力を出し切るレースができるかどうか。今回は1番人気になる可能性も高いが本命を打つのは難しい。

明確な逃げ馬がいて、能力の高い先行馬もいるメンバー構成ならスローの流れにはならないだろう。

本命は新潟2歳Sでの強いレースぶりがいまだに印象深いロードクエストに。
ブラックムーンとどちらに本命を打とうかかなり迷ったが、ブラックムーンが米子Sで見せた鬼脚はスローペースでこそ繰り出させるもの、それなりのペースで流れそうなこのメンバーでは末脚不発の恐れもあるとしてロードクエストを上位に取った。

ロードクエストは2歳時から活躍して早熟タイプと思わせる面はあるが、昨年秋の京成杯オータムH勝ちを見ると決して早熟タイプではないだろう。
早い時計も得意だし、休み明けの前走をひと叩きして初重賞勝ちと同じコースなら十分勝ち負け。

人気を前走準オープン勝ちのメートルダールや展開に疑問符のつくウインガニオンが背負ってくれるならオッズ妙味もあると考える。
 

対抗には本命と迷ったブラックムーン。
予想に反して落ち着いたら流れになったときは頭まであると考えている。
前走4角ほぼ最後方の位置取りから馬場の荒れた内をついて上がり最速の3着。1番人気には応えられなかったが、さらに直線の伸びる新潟外回りならフルにその末脚を活かせるだろう。
人気も一気に落としているし妙味十分。

この2頭の馬連・ワイドで太い勝負をしたい。
 
 
 
 

スポンサーリンク

 
 
 
 
3番手に大穴としてクラリティスカイを取り上げたい。NHKマイル勝ちのノリに手が戻るならアッと驚く場面を見せられるかもしれない。ノリの変態騎乗に期待する。
 
4番手にウキヨノカゼ。7歳になる牝馬だが夏は5歳時に準オープン、重賞を連勝し続くスプリンターズS3着。
洋芝の北海道のスプリント戦から秋のGIへの参戦だったが、3歳時にはクイーンC勝ちもあり時計勝負の平坦コースならマイルでも上位に来ないだろうか。
 
 
以下、メートルダール、ウインガニオン、ダノンプラチナまで印は回す。
 
 
新潟外回りのマイル、長い直線で目の覚めるような末脚勝負を堪能したい。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA