中京記念(2017) 予想

ヴェロニカグレースのデビュー戦は道中後方の内々を進み、あの位置でどうなのかと心配したが直線ではいい脚を見せて3着に食い込んでくれた。

あの末脚があればどこかで勝ち上がることもできそうだ。今後も無事に進んでほしい。
 
 

さて、中京記念。

ウインガニオンが2枠3番に入ったのでここはすんなりハナを取りそう。
ピークトラム、トウショウピスト、サンライズメジャーあたりも前に行きそうだが、競りかけていくとは思えず序盤は淡々とした平均ペースか。

土曜日の中京芝のレースを見ると差し追い込みが決まっているのでやはり終いにしっかり脚を使えるタイプが優位のレースになりそうな気はする。

となるとやはり人気のブラックムーンやグランシルクに目が行くのだがグランシルクは先に目を据えた緩めの仕上げに見えるし、ブラックムーンも休み明けの前走で見せたあの鬼脚をはたして立て続けに繰り出せるものなのだろうか。

だいたいハンデ戦の中京記念がそんなにすんなり上位人気で決まるとも考えにくい。

ならば。
 

牝馬のキレに期待してアスカビレンに本命を打ちたい。競馬コンシェルジュの辻三蔵と本命が被っているのが不安ではあるがw

前々走では牡馬を相手に牡馬を相手にオープン特別を上がり最速で勝っている。G3のハンデ戦なら能力的には足りるだろう。
中団の後ろから前をうまく捌いて抜け出してくることを期待する。

対抗にはグァンチャーレ。やはりスクリーンヒーロー産駒は印上位にしてしまうが、調教も絶好、展開が向けば久しぶりの重賞制覇も可能性ゼロではないだろう。

以下、マイネルアウラート、ブラックムーン、ダノンリバティ、グランシルク。
穴にケントオー、大穴でピンポンまで押さえてみたい。

 
 
 
 

 
 
 
 
函館2歳Sはナンヨープランタン、ダンツクレイオー、スズカマンサク、デルマキセキ、ベイビーキャズ、パッセの6頭で。
 
今日は函館と福島の新馬戦に2頭のスクリーンヒーロー産駒が出走。
函館のジェネラーレウーノは単勝1倍台の抜けた人気になっているがすんなり初戦勝ちを決めてくれるだろうか。
 
福島のスターリバーは5番人気くらいの模様。どちらも頑張ってほしい。
 
また中京9R渥美特別にもナムラマルが出走。ここは何とか勝ち上がって菊花賞に望みをつないでほしいところだ。
 
他にもダイナアクトレス牝系のトランプが函館1Rに、ヒドゥンパラメータが福島9R栗子特別に出走。
 
なかなか忙しい一日になりそうだ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA