宝塚記念(2017) 予想

日曜日朝の段階で阪神競馬場の天候は曇り、馬場状態は芝が稍重、ダートが重。
 

土曜日は先週と同様に早い時計が出ていた。
500万の出石特別・1400mの勝ち時計が1:20.8、1600万の垂水S・1800mが1:44.5。垂水Sはレコードと同タイム。逃げたシルバーステートが直線でちょっと気合いをつけただけで追うところなく、この時計が出るのだからやはり先週の高速馬場は続いている。

午前中の内は弱い雨が降る予報になっているが、これが時計にどの程度影響するか。稍重程度ならあまり影響もなく変化がないという気もするが、開催も4週目だし少しの雨で一気に状態が変わることも考えられるので今日のレースの時計には注意したい。
 

と言いつつも本命はゴールドアクターに決まっている。馬場状態を気にするのは入れる金額をどうするかを決めるため。

鞍上の横山典はこの日の騎乗は10R・花のみちS(ダート)と宝塚記念の2鞍。馬場状態の変化を事前に把握できないのは少々痛い。

極端に時計が遅くなり、外差しが決まりやすい状態に変化していたら控え目な金額にしようと思っている。

中心は単勝で、2着に負けた時のことを考えて馬連流しも押さえる。
連の相手はキタサンブラックを大本線にミッキークイーン、シャケトラ、レインボーライン、ミッキーロケット、サトノクラウン、シュヴァルグランまで。
 

ピークは過ぎた、年齢的な衰えがあるという評価を覆すゴールドアクターの復活、スクリーンヒーローの成長力を信じる。
 
 
 

スポンサーリンク

 
 
 
応援している馬だから盲目的に信じているように見えるかもしれないがw、冷静に考えるとここでゴールドアクターを狙わずにいつ狙うのかと思っている。
 
確かに今年の2戦は不甲斐ない成績だが、日経賞は仕上げがイマイチだった休み明け、天皇賞は出遅れてちぐはぐな競馬だった。
昨年の有馬記念は3着に負けているが、勝ったサトノダイヤモンドとは0.1差、4着以下には1馬身1/4離している。
 
このメンバーに入ればキタサンブラックを除けば力は1枚上だ。
 
それが5番人気、単勝オッズ11倍。買うならここだろう。
 
ここで好走すれば、秋にはもうこんな美味しいオッズはつかなくなる。
 
 
関西圏のレースでは結果が出ていない、輸送が問題という見方もあるが、菊花賞では勝ち馬に大きく離されたものの3着は死守。この時が7番人気、一昨年の有馬記念は8番人気。
 
GIでは人気のないときにこそ買うべきタイプ。
 
願わくばキタサンブラックには3着くらいに甘んじてもらって、感動の春の締めくくりになってほしいものだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA