皐月賞(2017) 回顧

皐月賞は中山競馬場で観戦してきた。


*おなじみ無料給茶コーナー


*いつも思うけどこういう注意書きがあるということは、ここでうがいする人がいるってことなんだよね
中山競馬場が生活空間なの?という人、ちょいちょい見掛けるからな。。。

 
 

皐月賞、予想は清々しいほどの完敗。上位3頭1枚も買ってなかったw

レース直前にはトラストの単勝オッズが140倍まで上がっていたのを確認していたので(最終オッズは153倍)、ワクワクしながらレース見てたが。

序盤は内からマイスタイルが行ってトラストは2番手か、なんて予想をしていたがアダムバローズがハナを取る展開。
想定していた逃げ馬は違ってたけどトラストの2番手は同じだったし、わりと気持ち良さげに走っていたので案外ゴール前まで持つんじゃないかと思ったが、やはりあの早い時計では厳しかったか。
それでも4角では先頭に立ち、一瞬は「おっ!?もしかして」と思わせてくれたので応援隊としてはまずまず満足。

残り200mのあたりでファンディーナが先頭をうかがう場面もありやっぱり強かったか!と思ったがそれも一瞬。

これまでスローの経験しかなかったことが死角だったのか、今年の3歳牝馬は強いと言われていたがやはり牡馬とは力の差があったということなのか。
それとも皐月賞のように底力が問われる展開は、キレ味勝負を得意とする牝馬よりも牡馬に向くということか。

ファンの期待も高かっただけに少し残念な気もする。
このあとファンディーナはオークスに行くのか、ダービーに行くのか。
どちらにしてもスローに流れがちな府中の2400mは皐月賞よりは向くと思う。この一戦だけで評価を大きく下げる必要はないだろう。

勝ったアルアインは毎日杯からの参戦。
前哨戦の弥生賞、スプリングS、若葉S、毎日杯の4鞍の中では、毎日杯を時計面では最も高く評価している向きもあったが、オッズ的には完全に盲点。

もっともその毎日杯で5着惨敗したトラストの単勝に少なからず期待し、本命にスプリングS2着のアウトライアーズを推す予想をしているのだから、時計の早い馬場でこそのアルアインに手が出ないのは当然。

土曜日から芝コースは前週までとはまったく違う早い時計になっていることをわかっていながら、予想の前提を変えられないのは今後の課題と言うか、その頭の硬さをなんとかしろと自分に説教したい。

そんな早い馬場だから2着にペルシアンナイト、3着ダンビュライトが差してきているのも終わってみればとても納得のいくレースではあった。

それにしても池江厩舎のワンツー、やはり厩舎力の高さは侮れないし、そしてやっぱりディープインパクトなのねとつくづく。。。

この皐月賞の結果が果たしてダービーにどうつながるのか。

本当の大目標に向けてますます混沌としてきた感じのする3歳牡馬戦線ではある。
 
 
 

 
 
 
阪神6Rのマイネルパラディ、期待に答えての勝利。もしかしてNHKマイルCに向かえないか?などと思ってしまうが、ちょっと厳しいだろうか。
 
一応、応援馬券と称して1着固定の3連単フォーメーション8点を買ってみたが残念ながら2,3着が裏目。惜しくも万馬券を取り逃がした。
かといって単勝2.1倍を買っても仕方がないし、これはまあ納得。悔しいけどw
 
この日は2レース直前に競馬場について、バラバラと馬券を買っては見たものの皐月賞までまともな的中がなく、中山4Rでトリガミの的中があるのみ。
 
最終で珍しく勝負して大きく取り返せたけど、馬券は厳しい一日だった。
 
今週からは東京・京都開催だし、あまり捻らずにもう少し素直な馬券が買えるように頭を切り替えよう。
捻るなら福島のレースかな。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA