桜花賞2017の展望?・・・サイン的なのも

JRAのCMで柳楽優弥が「細長い牛みたいなやつの右に土ってのと、カタカナのヒって字」などと言って馬鹿キャラ全開で頑張ってる桜花賞。(よくこの役を引き受けたな)

たぶんソウルスターリングが1頭抜けた人気で2番人気にアドマイヤミヤビ、離れた3番人気にリスグラシュー、ミスエルテ、カラクレナイあたりという感じか。

穴党としては人気の差ほど能力差があるのか?と考えたくなるが、チューリップ賞のソウルスターリングの走りと2着以下との着差を見ると逆らえないかと思ってしまう。

ただクイーンC勝ちアドマイヤミヤビも終始外を回してきての差し切りは強いものだったし、朝日杯から直行のミスエルテも取りこぼしはその一戦だけ。

この2頭はソウルスターリングとの直接対決は今回が初なので実際にどちらが強いかはまだわからないと思っていたほうが良いような気もする。
他にもアエロリットやカラクレナイ、ライジングリーズンなど初対決はいるし穴をあけるならこういったソウルスターリングと戦っていない馬なのだろう。

さすがにソウルスターリングをハズした馬券ばかりを買うような穴狙いはしにくいが、3着以下に負けることも想定した馬券は押さえておきたい。じゃなきゃ穴党とも言えないし、そういう馬券が買えないならケンするのが正しい穴党のあり方とも思う。

といいつつ、ソウルスターリング中心の馬券を買ってしまいそうだが。。。
 
 
 

 
 
 
単勝1倍台の断然人気馬が負けた桜花賞というとレッツゴードンキが勝った2015年が記憶に新しいが、この時の人気馬ルージュバックは後方からの競馬をするタイプ。
 
抜けた人気馬が追い込み脚質のときは得てして逃げ先行馬が穴をあけるという典型的なパターンだったが、今年のソウルスターリングは好位でレースをするタイプ。
行く馬がいなければ逃げても良さそうなタイプだけに大崩れは考えにくい。
 
ならば狙うのはソウルスターリングと同じように先行するのではなく、直線に賭けて道中死んだふりをしている追い込み馬か。
 
週末は雨予報なので果たして追い込みが効くのかわからないが、カラクレナイやライジングリーズンは外せないと思っている。
 
 
 
まだ水曜日なのでサイン的なことを探してみると・・・
 
翌週、皐月賞の行われる前日に公開となる映画・名探偵コナンのタイトルが「から紅恋歌」となっているので、ヴィクトリアマイル勝ちの時にコイウタが入った2枠にカラクレナイが入ったら、ちょっと買ってみたいなどと思ったりもしているw
 
ちなみにコイウタがVMを勝ったときは2着にアサヒライジングを連れてきているので、カラクレナイ→ライジングリーズンという馬券を押さえたくなる。
 
さらにちなみにコイウタ-アサヒライジングはクイーンCでもワンツーを決めているので、クイーンC組も3連系馬券では組み入れたいところ。
 
というわけでカラクレナイが2枠に入ったらカラクレナイ-ライジングリーズン-アドマイヤミヤビの3連複は買っておこう。けっこう付くでしょ。
 
 
ただ映画の公開が翌週というのがサインとしては弱い気がするがw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA