府中ダート1400mは逃げ馬

ジャパンカップ以来の東京開催。

たった2開催、間が空いただけなのに久しぶりな感じがいつもする一年の最初の東京開催。
やっぱり自分にとっては東京競馬場がホーム。中山はやっぱりちょっとアウェイ感(笑)

恒例により幕開けは根岸ステークス、ダート1400mのGIII。

それほど人気が被る雰囲気はないけど、上位人気はカフジテイク、ベストウォーリア、ベストマッチョの3頭か。

ベストウォーリアとベストマッチョの馬主である馬場幸夫さんはダートでの活躍馬が目立つ。
アジアエクスプレス、モーニン、そして今回出走の2頭。
ピンクに白の鋸歯形の勝負服はダート路線ではすっかりおなじみ。
芝での活躍馬ですぐに思い浮かぶのはバンドワゴンくらいでご本人もダート戦が好きなんだろうか。

もしここでベストマッチョも好走したらフェブラリーSには3頭出しもありそうな感じさえする。
個人馬主でGI3頭出しとなるとそう多くはないよね。金子さんとか近藤さんあたりはやってそうだけど。

今回は馬主に脚光が当たりそうな、そんなGIII・根岸ステークス。

 
 
 

スポンサーリンク

 
 
 
登録メンバーを見るとモンドクラッセが単騎逃げか。
前走チャンピオンズCも逃げて10着大敗なので、直線長い東京だし無理に競りかける馬もいなさそうで、それほどペースは上がりそうもない。
 
となればダート戦でもあるし、ここは素直に前に行く馬を重視で良さそう。
 
1番人気になりそうなカフジテイクは後ろからのレースだろうし、有力どころが後方の仕掛けを待っている間に人気薄の先行馬が穴を開けるパターンに期待したい。
 
人気のなさそうな先行馬で期待できそうなのはブルミラコロ、ラストダンサーあたりか。
 
 
短距離だし、このクラスになってくると逃げ切りというのは考えにくいものだけど、府中のダート1400mは意外に逃げ馬が馬券になる確率が高い。
 
全然人気もなさそうだしモンドクラッセの逃げ残りまで考えておいたほうが良いかもしれない、などと今は思っているけど能力的には厳しいだろうか。
根岸ステークスに限ると過去10年で逃げ馬は2着が1頭だけだが、逃げ馬有利というコースの特徴は無視しないほうがいいと思う。
 
前走10着大敗とはいっても0.6差だし、2Fの距離短縮で楽に先手を取れればしぶとく逃げ残りというのはありそうな気がするんだけどな。
 
展開派だからこそ買える馬券、そんなのを決めてみたいもの。逃げ先行馬に有利な展開になりやすそうな枠順になりますように(笑)
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA