日経新春杯(2017) 予想

雪の影響を大きく受けた先週の開催。日曜京都が中止になって火曜日の代替開催になり、出馬投票もやり直して枠順もガラッと変わって行われることに。

今年の冬はこれからも雪で中止、代替開催がありそうな気がします。
2014年の東京開催なんて中止・代替だらけでまともに開催がなかったような印象さえあるのですが今年そんなことにならないことを願うばかりです。

さて、日経新春杯。

雪の似合うレースではあります。テンポイントが66.5kgを背負って出走し骨折したときも雪が舞っていた記憶。
翌日の一般紙の一面にテンポイント骨折の記事が載っていたことを子供ながらに覚えています。悲しかったなあ・・・

それはさておき。

出走馬に変更はありませんが枠順はガラッと変わりました。

この枠順なら、という攻撃的な?予想になりましたw

本命◎は2番ヤマカツライデン

前走の京都大賞典はキタサンブラックを意識したのか後続も離れず付いていけるスローの逃げで、結果苦手な瞬発力勝負にしてしまい8着敗退。

今回は他に逃げる馬もいませんし、今度は後続に脚を使わせるような逃げで消耗戦に持ち込んで能力をフルに発揮するレースをしてくれると見ます。

元々逃げてしぶとい脚を使って粘り切るのが得意の戦法。このメンバーで55kgの斤量なら粘り切るだけの力はあると思いますし、お誂え向きに人気になりそうなミッキーロケット、シャケトラは中団で牽制しあうパターンも十分に考えられ、展開は向くと思います。

幸い枠順も当初の7枠11番から2枠2番と絶好枠になりましたし、これはヤマカツライデンにいい風が吹いてきたのではないでしょうか。

おそらく人気は5~6番人気くらい。

相手は手広く5番ミッキーロケット、3番シャケトラを本線に、14番レーヴミストラル、1番トルークマクト、8番モンドインテロ、9番レッドエルディスト、4番マドリードカフェ、11番アドマイヤフライトの8頭に馬連3連複で。

仕事もあるのでそんな馬券を出勤前に投票してレース結果を待ちます。
 
 
 

 
 
 
そして今週末には早くも中山京都の1回開催も最終週、中山ではアメリカJCC。
 
ゼーヴィント、ミライヘノツバサ、リアファル、タンタアレグリア、シングウィズジョイ、クリールカイザーと4歳勢や牝馬・古豪と個性的なメンバーがスタンバイ。
 
なんだか休む間もなく競馬が続いて、変則開催は終わったはずなのに、変則開催が続いている感じになります。
 
だらだらと馬券を買ってると間違いなく負けるのでw、メリハリつけて楽しみたいと思います。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA