モーリス引退式と、2着馬がわからない一日

2017年1月15日、中山競馬場。

急遽、モーリスの引退式が最終レース終了後のパドックで行われることになり、寒いからなかなか中山に行くのも億劫な時期ですが勇んで行ってきました。

行くからには朝からレースも楽しもうというわけでいつもの友人と馬頭観音前に9時半に待ち合わせ。

9時15分ころに到着した私はまず引退式の記念撮影抽選券をもらって馬頭観音へ。
すぐ近くにポニーが2頭お出迎えをしていたのでパチリ。

とにかく寒い一日で中京競馬、京都競馬は雪のため中止。
寒い寒いと文句を言いつつも中山は快晴でいつも通り開催されることに感謝しつつ、いつもは一般席派の私たちもB指定席に潜り込みました。寒かったからねw

1レースにはスクリーンヒーロー産駒サンクララが出走するということで、ここはモーリス引退式だからスクリーンヒーロー産駒が爆勝する一日になるだろうと勝手に決め込み、単勝と馬連流しを購入するもサンクララは5着。
△-無印-△の決着。

その後、4,5,8レースを購入したのですが△-無印-◎、▲-無印-◎、◎-無印-△という決着。

いい感じで荒れてて穴党の私には向いたレースが多かったと思うのですがまったくダメでした(笑)
グァンチャーレの出走したニューイヤーSではまった当たる気がしないのでグァンチャーレの応援馬券単複を買うと見せ場なく12着、メインの京成杯は1番人気を嫌った馬連6頭BOXにしたら1番人気コマノインパルスが強い勝ち方w
ここは2,3着馬は持ってたんですけどねえ・・・

そして最終レース。
ここにはモーリスの馬主吉田和美さんの馬サンタフェチーフが出ていたので注目してみると調教が馬なりで抜群の時計だったので本命に。
堀厩舎の1番人気馬を厚めに馬連流しを購入。

すると直線外からすんなりと11番サンタフェチーフが抜け出し先頭に。
2着争いには10番人気12番コウキチョウサンが馬群から伸びてきたところ、さらに1番人気7番ブライトバローズが差してきた。
どちらも持っていたのでここは当然「そのまま!」と絶叫しましたが、残念ながらハナ差でブライトバローズが2着に。
コウキとの馬連だったら160倍あったのになあ・・・

でも、なんとかボウズは免れてwモーリスの引退式へと向かいました。
 
 
 

スポンサーリンク

 
 
 
パドックに行くと寒い中思ったよりもずいぶんとたくさんの人が。
 
やっぱりファンの多い馬だったんだなあとつくづく思う。
 
スマホのカメラで写真を撮ってましたがあまり綺麗には取れず。
こういうのがあるとちゃんとしたカメラ欲しいなあと思う(笑)最近はプロというわけではなさそうな女性でも立派な一眼レフを持って競走馬、レースを撮ってる人も目につくけどそうしたくなる気持ちはよくわかりますね。
 

 
↑自分が撮ったなかで一番マトモそうなのがコレ(む~)
 
そして記念撮影抽選券、残念ながら私はハズレてしまったのですが当選した30名の人達は10人ずつモーリスと一緒に写真におさまり、そのあとそれぞれモーリスを撫でさせてもらっていました。
 
羨ましい!場内からも羨ましがる声がアチコチから。
けっして馬に慣れているわけではない人たちにも素直に撫でられているモーリスは賢い仔なんだろうなあと思わせてくれる姿。
 
モーリスは人参が入ったカゴを目の前に出されて躊躇なくかぶりついたり、関係者の人から貰った人参をボロボロとこぼしながら嬉しそうに食べていたり。
王者の風格を見せながらも可愛らしい部分もたくさんファンに見せてくれました。
 
ジェンティルドンナやオルフェーヴルのようにレース後の引退式というのもいいですが、こういうファンと近い場所での引退式というのも何だかホンワカとした良さがあったなあと思いました。
 
残念ながら記念写真撮影には当たりませんでしたが、吉田和美さんのメッセージの書かれたカードとモーリスの人形を貰って帰ってきました。
 

 
馬券収支はマイナスでしたが、いい一日だったな。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA