朝日杯フューチュリティステークス(2016) 回顧

トラスト、スタート良いなあ。大外枠からすんなり2番手へ。というかハナに行くのか?という勢いだったw

内枠だったら前に馬を置いてもう少しキレ味を発揮するような脚を溜められただろうか。
ただテンの2Fはちょっと掛かる仕草も見せていたし、やっぱり前に行きたがる気性をもう少しコントロールできないと厳しいなあという印象は拭えない。

ただ、クラシックを戦うには折り合って脚を溜めることができないと厳しいんだろうけど、この馬の特徴としては気分良く行かせたほうが良い中距離の逃げ馬というイメージなんだけどな。

一度でいいからツインターボみたいな逃げを見てみたいw
 

それでも掲示板を確保したのはしぶとい粘りがあるなと感心するし、直線ではクリアザトラックに交わされそうな勢いだったのに、あそこで馬群に飲まれず、後続に抜かせないのはなかなかのものだとは思う。

離れた外から突き抜けていったサトノアレスやモンドキャンノには抵抗するすべもなかったけど(笑)
 

ちょっとガッカリしたのは逃げたボンセルヴィーソを交わせなかったこと。

気分良くハナに行けたボンセルヴィーソと掛かり気味に抑えて2番手だったトラストでは、スムーズさの違いでボンセルヴィーソのほうが余計な力を使わずにお釣りを残していたということかもしれないけど、あの流れで交わせなかったのはGIをどうのこうの言うにはまだ力が足りないと思わざるをえない。

今後の成長力に期待したいところだけど、使えるところは使っていきそうな岡田総帥だけにどうなんだろうか。

頑張ってほしいな。
 
 
 

 
 
 
レースの結果はやっぱり阪神外回りのセオリー通りのディープインパクト産駒w
 
ディープ産駒は阪神外回りではホントに強いね。
 
後方でじっくり脚を溜められればもれなくキレますという感じでサトノアレスが外からすっ飛んできたのを見た時は「やっぱりディープかよ」と笑ってしまった。
 
きっと全国に100万人はそんなふうに思った人がいたに違いない。テキトー
 
 
こんなに好配当になってしまったのは阪神JFにディープインパクト産駒がいなくて、阪神外回りでの強さをちょっと忘れさせられた面もあったのかもしれない、などと思ってみたり。
 
あ、でもクリアザトラックはちゃんと3番人気になってたから忘れられてたというわけでもないのか。
みんな未知の魅力に惹かれてしまって、もう一頭をちょっと軽視しすぎただけか。
 
一昨年のダノンプラチナもそうだし、とりあえずベゴニア賞を勝ったディープインパクト産駒が朝日杯にきたら無条件で本命候補にすることを来年以降は忘れないようにしよう。
 
 
ミスエルテは人気を背負ってしまってちょっと可哀想だったかな。
フランケル産駒というだけで過剰人気になってしまった感は否めない。オッズは人が作るものだから仕方がないけど。
 
でも決して順調にレースを迎えられたとうわけでもないし、それでいて牡馬を相手に3着争いだから牝馬としてはやはり能力は相当高いと考えて良いんだろうな。
 
来春の牝馬クラシックが楽しみ。
 
 
モンドキャンノには正直驚いた。
押さえに買ってはいたけど、正直なところマイルは長いんじゃないかと思っていたし、安田隆行厩舎だから1200m仕様に出来上がってるに違いないと思ってたんだけどw
 
むしろ函館2歳Sでモンドキャンノを負かしたレヴァンテライオンのほうを上位に考えていたくらいで、本命馬はもとより紐に選んでいた馬たちの評価も全然間違っていてもうこれ以上はないという完敗の朝日杯だったなw
 
 
3着ボンセルヴィーソは穴としては面白いと思ってたのでそれほど意外には思ってはいない。
でも、トラストにはこの馬は交わしてほしかったなあw
 
松山騎手は1400~1600mくらいの距離で逃げ馬に乗せると意外に上手いイメージはあるし、逃げると思っていたタガノアシュラが後方からの競馬になってしまったのも良かった。
 
タガノアシュラはスタートは別に悪くなかったと思うけどユタカは初めから押さえるつもりだったのだろうか。
札幌2歳Sのときと同じですんなりハナに行けないとまるで競馬をしない感じだけど。
 
 
 
サトノアレスの終いのキレは際立っていたし、これでJRA賞2歳部門はすんなり牡馬サトノアレス、牝馬ソウルスターリングになるのだろうか。
まだホープフルSが残ってるけど一応GIとGIIの違いがあるしな。
 
そうすると藤沢厩舎は2歳部門独占か。凄いな。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA