ありがとう、モーリス!

香港カップ、感動しました。

モーリスが先頭でゴールを駆け抜けた時にはテレビの前で思わず拍手。

目頭が熱くなりました。
ラストラン、無事に完走してくれて、そして強い、ホントに強い勝ち方で俺が王者だと言わんばかりのパフォーマンス。

これで引退だと思うとちょっと寂しいし、残念な気もするけど次の大事な仕事があるからね。

強いまま引退というのも美学、かな。

香港カップ

スタートで後手を踏んで、そう言えば転厩してから最初の数レースはスタートが悪くて位置取り後ろになってたなあ、と思い出しました。

しかし、今回のこのメンバーでこの位置取りで大丈夫なんだろうかと直線までハラハラして見ていましたが。。。

さすがのムーア、慌てず騒がず内をロスなく進めて、直線も外に出さず前が開くのを確信しているかのようなコース取り。

ステファノスの内にスペースができるとそこから一瞬で突き抜ける鋭い脚。

もう北島康介じゃないけど「何も言えねえ」(古いw

そうだ、モーリスはこんなにも強かったんだと、ちょっとでも「大丈夫か?」などと思った自分が浅はかだったなと。
もっとちゃんと信じてろよと。

そりゃ目頭も熱くなりますって。

良いもの見せてもらった。本当に感謝、感謝です。

モーリスはこのあと種牡馬入り。

繋養されるのはどこなんでしょうか?やっぱり社台スタリオンステーションでしょうかね。

見学ができるようになったら会いに行きたいなあ。その時を楽しみにしていよう。

そして産駒がデビューするのを心待ちにしていよう。

スクリーンヒーローの立派な後継馬の誕生だし、ついにグラスワンダー系の確立が始まるのだ。。。(妄想全開中w
 
 
 

スポンサーリンク

 
 
 
香港カップの他にも香港ヴァーズでサトノクラウンが快勝。
 
これはさすがマジックマン・モレイラという騎乗でゴール前できっちりと差し切り。
思わず唸らされる騎乗だったと思います。
 
一団で進んだ馬群の中ほどの後ろ、やはり内をロスなく進んで向こう正面3角手前からじわっと前との差を詰め、直線では突き放そうとするハイランドリールをただ1頭追いかける体勢。
 
ゴール前で半馬身近く交わすレース。後続は6馬身離されてますから2頭の力は桁違いだったのではないかと。
 
サトノクラウンのゴール前でハイランドリールを追い詰める姿は、ちょっとステイゴールドの香港ヴァーズを思い出させる走りでした。
 
香港ヴァーズ

 
 
堀厩舎にとってはこれで勢いがついたのも良かったのかな。
香港国際競走の4つのレースで2つ勝ってしまった堀宣行調教師。世界的にも相当のアピールになったんじゃないですかね。
 
 
スプリントとマイルでは日本馬は勝てず、香港勢の強さを見せつけられる結果。
やはり短距離での香港馬の強さは注目すべきものがあります。
 
それを思うと香港スプリントを連覇したロードカナロアって凄かったなあと改めて思う。
 
 
香港スプリント

 
 
香港マイル

 
 
いずれも世界のトップジョッキーが集まる面白いレースを堪能させていただきました。
 
いや~良い日曜日だったなあ・・・
 
 
モーリス、ありがとう!!!
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA