馬券の強弱が違う(T_T) ジャパンカップ(2016)観戦記

日曜日、当然のように東京競馬場へ行ってきたふぉんてんですm(__)m

実は土曜日に突然熱発。
昼ころには38℃まで熱が上がって「これは明日ジャパンカップ観に行けないかも・・・」と馬友に緊急メール。

予定では調布駅5:26発の高尾山口行に乗って東京競馬場の開門待ちの列に並ぶはずだったのですが、最悪家を出られないかもと連絡。

一般席は確保しておくから9時までに来れるかどうかの連絡をくれと言ってくれたので、朝7:30頃に起床、熱を測ると36.7℃。
たっぷり寝たせいか意外にスッキリとして東京競馬場に向かいました。

9時ちょうどくらいに競馬場に到着。
席を取ってくれていた友人たちにお礼の缶ビールを差し入れてスタンバイ。

やはりジャパンカップデーとあって朝からお客さんがいっぱいで、指定席はもちろん一般席もすべて埋まっています。
(ま、埋まっていると言っても3分の1くらいは荷物やら新聞などでキープされている状態ということですが;)

さっそく1Rから参戦。

4番シュピールカルテと8番パンドラフォンテンから馬連をパラパラ買ってみましたがシュピールカルテ12着、パンドラフォンテン10着と見てるだけ~という結果。

2Rはパスして3R。

ここは15番マイネルスフェーンと11番バトルスピリッツの2頭は堅いと踏んで2頭軸の3連複。
3着にきたアンジェーヌは前走11着も上がり時計がまあまあだったので気にしつつも切ってしまいこれは悔しいハズレ。

4Rの新馬戦は2番人気5番ナイルストーリーの単勝にするか、1番人気11番オーロラエンブレムとの2頭軸3連複にするか迷って3連複を選択。

3着にきた13番人気12番ゲンパチマサムネを拾えるはずもなくハズレ。

どうも選択が裏目裏目に来てるのに、ジャパンカップの高揚感か、ゴールドアクターが負けるわけがないという自信からかはわからないものの余裕で馬券検討を続けてました。

昼休みを挟んで5R。

ここは1番人気メイスンスパートと7番人気4番ワンボーイとの2頭軸3連単マルチ。
相手を3頭に絞ったものの一番人気のなかった13番メイプルキングが来てくれて的中♪

20161127_122335

これで一息つきましたw

6Rをパスして7Rを9番エトルディーニュから馬連を買うもののムーア騎乗のサトノアレスを切ってハズし、8Rは2番リアリスト、8番トーセンラムセス、10番セネッティ、15番フィールザプリティのワイド3連複BOXを買うもハズしてここでジャパンカップを待ちました。

場内はどんどん人も増えてきて、トイレに行くにも人をかき分けかき分け向かう状況。

本当はジャパンカップはパドックに行ってゴールドアクターの姿をスマホで撮ろうと思っていたのですが、人の多さに諦めて本馬場入場を待ちました。

そして本馬場入場で撮れたのがこの画像

20161127_152527

自分の席からではスマホの倍率を目一杯上げてこれが限界でしたw
 
 
 

スポンサーリンク

 
 
 
それでも本馬場入場の時にはついにゴールドアクターがジャパンカップ父子制覇を成し遂げるときが近づいてきたとグッと来たものです。ちょっと泣きそうw
 
ちょっとうるさい感じはしましたが、このくらいならレースにいって鞍上の指示に素直に従う馬なので大丈夫だろうと思い見つめていました。
 
しっかり確認して馬券は単勝をたくさんwと、馬連を手広く、相手を1番キタサンブラック、12番サウンズオブアース、2番ビッシュに絞った3連単マルチを購入。
 
 
レースはキタサンブラックが好スタートを切り、1コーナーに入るところまでワンアンドオンリーとリアルスティールが積極的に行く構え。
 
ゴールドアクターはその後ろの内につけるような感じ。
 
 
向こう正面では1~2コーナーでの内外の差でアクターは3番手。
 
 
ここから3~4コーナーまでいい感じだなあと眺めていましたが直線坂上でアクターが意外に伸びない。
 
隼人!アクター!なんとか踏ん張ってくれ!と声援を送るもゴール前ではシュヴァルグランにも交わされて4着・・・orz
 
この時は本馬場入場のときとはまた別の感情で泣きそうでしたw
 
 
負けるとしたらキタサンブラックにだろうと思っていましたし、結果そのものに納得がいかないということはなかったのですが、ただただ無念という想いが頭の中を支配していました。
 
ホント、悔しかったなあ。。。
 
 
一緒に観戦してた馬友はキタサンブラックをずっと応援していたのでおめでとうと握手。
 
友人は自分の気持を察して「これで終わりじゃないでしょ、有馬記念があるから」と慰めてくれました。
 
「でも、有馬記念もキタサンブラックが勝って年度代表馬を確定したい」とも言ってましたが(笑)
 
 
 
このあと、敗戦の落胆を打ち消すために京阪杯にも手を出して返り討ちにあったこともご報告しておきます。あんな堅い馬券取れませんw
 
それにしても、ジャパンカップをもう少し控えめにして5Rをもう少し金額張っていれば一日の収支としては大幅プラスだったのになあ。強弱の付け所が違いました。。。
 
 
ジャパンカップの表彰式、北島三郎さんの唄うまつりを一節拝聴し、「あ~、悔しいけど、でもやっぱり競馬は楽しいな」とつくづく感じながら帰路につきました。
 
 
 
有馬記念、次こそは!
 
今度は祖父グラスワンダーと同じ有馬記念連覇を目指して頑張れ、ゴールドアクター!
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA