ジャパンカップ(2016)の展開はどうなるだろう?

木曜日、東京の朝は積雪がありそうだという予報ですが、外国馬はちゃんと追い切りできるのかな?

もっとも外国馬は追い切りでも軽いキャンター程度に留めることも珍しくないから影響はあまりないでしょうか。

ジャパンカップの出走馬はアルバートがステイヤーズSに回り、トーホウジャッカルも金鯱賞、トウシンモンステラ、ジャングルクルーズも回避の見込みで17頭立てになりそうな様子。

外国馬は眼中にないというファンが多く、実質14頭立てと考えれば良いくらいに思っている人もたくさんいそうです。(私もその一人だったりしますがw

netkeiba.comの予想オッズではリアルスティール、キタサンブラック、ゴールドアクターの3頭が拮抗した人気で単勝オッズ4倍前後、少し差が開いてディーマジェスティ、シュヴァルグラン辺りまでが単勝10倍以下の人気になっています。

ま、早くからステイヤーズSに向かうと発表されていたアルバートよりも、ワンアンドオンリーやイキートスの人気が下だったりしますからあまりあてにはできませんがw
 
 

出走各馬のこれまでの位置取りを眺めると人気になりそうなキタサンブラック、ゴールドアクター、それとサウンズオブアースあたりが前に行きそう。
武豊キタサンブラックが逃げるとなると、むやみに競りかけるのはいなさそうではあるものの全体に仕掛けは早くなりそうな気もします。
キタサンにあまり楽に逃がせるとどうぞ勝ってくださいというレースになってしまうので、各ジョッキーもその辺は何らかの動きをするはずだとは思います。

ただ、前走は番手に控えて直線で抜け出す競馬をしていますし、どんな展開になるかはやはり武豊の動き方次第といったところでしょうか。
 
おそらく前走の武豊騎手はスローの瞬発力勝負でどのくらいの脚を使えるのかを計っていたと思います。
それを踏まえてどういったレースを作るのか、馬券を考える側もその辺をアレコレ考えることが正解に近づく道ではないでしょうか。

瞬発力勝負になりやすい府中の2400m。
 
どちらかと言えば消耗戦に持ち込みたいキタサンブラック、ゴールドアクター vs 瞬発力勝負に勝機を見出したいリアルスティール、といった構図を想定しています。

枠順確定、楽しみですね。
 
 

 
 
もちろん自分の馬券はゴールドアクター本命以外あり得ないのですが、3着までに入ってくれれば的中という馬券も買うとは思うので(できればお金は減らしたくないw)展開はじっくりと考えることになると思います。
 
ただ、実際には昨年有馬記念の1~3着馬に3歳世代3頭がどう挑むか、そんな馬券になるのかな~と思ってたりもしますが。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA