ヴェロニカグレースのローテで思う

オウケンムーンが共同通信杯を勝ったので、某競馬サイトのヴェロニカグレースの掲示板で期待に胸を膨らませている人が増えているw

確かに前走はちぐはぐな競馬でオウケンムーンに1馬身半差の2着だから期待したくはなる。自分もおぉこれは楽しみになってきたなあと、共同通信杯が終わって真っ先に考えたのはヴェロニカグレースのことだ。

だが、前走は馬体を10kg増やしての出走、それでも連戦することなく一息入れて次走はあまり強そうなのが出てきそうもない平場を選択、必勝態勢なのだろうと思うが、このローテーションからはオークスを目指しているという感じは受けない。

もし体調が整って出られるようなら出したいが、今は無理をせずにしっかりと馬体が成長してくれるのを待っている、そんな感じだ。
 

これまで3戦、福島の1800m、中山の2000mとコーナー4つの小回りコースばかり使ってきているし、無理に桜花賞やオークスに出走させるよりも春の間にしっかり2勝目を挙げて夏に一息入れて秋に大きいところを目指す、そんなローテーションを考えているんじゃないだろうか。秋華賞も京都の内回り、コーナー4つだし。

出資している側としてはオークスを目指してほしいが、あくまで東京や京都外回りのような瞬発力を求められるコースよりも、器用に立ち回って持続して早い脚を使えるタイプに向くコースに今は適性があると考えているんだろう。

何度も書いているが飛びの大きい走りをするので広いコースを使ってみてほしいとは思うが、血統的にはあまり順調に使いこめるという牝系でもないし、父ハービンジャーも瞬発力勝負に強いイメージはないのでこういった使い方をしているのだろう。

何はともあれ、オウケンムーンが共同通信杯を勝ったので(それもなかなか強いと思わせる勝ち方だった)次はおそらく人気にもなるだろうし、しっかりと勝ってその次に向けてのステップを進んでほしいものだ。

次走:3月11日の中山6R3歳500万条件の芝2000m

 
 
 
 

 
 
 
 
クイーンカップは予想記事を挙げられなかったが的中、なんだか今年は重賞の成績が良い。2月はなんと今のところ4戦して3的中だ。いったいどうしたというのだ。
 
 
買い目はテトラドラクマを本命に据えて、節操なく馬連9点流し。それでも馬連40倍なら十分な配当。
 

 
 
この変則4日間開催になってしまった今節は、小倉競馬場まで遠征したが(しかも場外w)妙に舞い上がることもなく購入レース数もきっちり絞ることができたのが良かったのか、8戦4勝という好結果。
 
今年の累計収支もなんとプラスに転じた。
 
 
果たしていつまでこの状態を続けることができるのか、まったく自信はないがなんとか継続したいものだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!