ゴールドアクター、最下位に惨敗

AJCCはまさに心配していた結果になった。

ゴールドアクターは勝ったダンビュライトから2.7秒離された最下位。
調教を見て今の状態ではとても勝負にならないとは思ったが掲示板に乗るくらいの格好はつけてくれるんじゃないかと期待していたのだが。

3角で横山典ミッキースワローが動いた時も武豊はまったく動かなかった。
まだ動くタイミングじゃないと思ったのか、既に動けるほどの手応えがなかったのか。
とにかくグランプリホースがこれほどの惨敗をするとはあまりにも悲しすぎる。

このままではあまりにも情けなさすぎるから何とか巻き返し意地を見せてほしいと思うが、もしかしたらアクター自身がもう競馬をしたくないと思っているのかもしれない。

このあとは予定通り大阪杯に向かうのか、また休養に入るのか、はたまた引退か。
陣営としては真剣に考えなくてはいけないだろうな。

レースを見た感想はそんなところ。
一昨年、天皇賞春で12着に負けたときよりもずっと悲しい結果だった。

個人的にはもう引退でいいじゃないかとも思っている。

 
 
 
 

 
 
 
 
東海Sはやはりテイエムジンソク、逃げて圧勝。このメンバーなら負けようがないという結果。
 
本命に期待したクインズサターンは5着。AJCCも東海Sもどちらも本命馬は5着というなんとも微妙な結果だった。
 
ま、どちらも納得の結果ではあったが。
 
 
来週からはホームの東京開催。あっという間に2月になってしまうなあ・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

AJCC、東海S(2018) 予想

AJCC、あれこれ悩んだが。

やはりあの状態のゴールドアクターに◎は打てない。
もちろん応援しているがここは△にとどめる。今日のスクリーンヒーロー産駒の活躍は京都メインのマイネルパラディに期待しよう

本命◎にはトーセンビクトリーを抜擢。有馬記念14着は直線で伸びかけたところで進路をなくしたもの。この不利は致命的だったし、あのメンバーで勝ち負けとは言わないまでも馬券圏内には食い込む勢いだった。
ここなら外からスムーズに運べば、十分に馬券圏内にくると見る。

対抗〇には人気だがミッキースワロー。セントライト記念のアルアインを突き放した末脚は能力の証明。秋とは馬場状態が違うと判断する分だけ評価を一段落とすが、あっさり勝ち切っても不思議はない。

単穴▲にダンビュライト。勝ち切れないタイプだが相手なりで走るタイプ、ここでも上位に来る力は十分あるだろう。

以下、ショウナンバッハ、レジェンドセラー、ゴールドアクター。

馬券はトーセンビクトリーから印への馬連流しを少額で遊ぶ。
 
 
 
 

 
 
 
 
東海Sはテイエムジンソクが圧勝しそうな気がするが、それでは馬券はつまらないしチャンピオンズカップからの参戦に良績がないレースでもあるので印はあえて対抗〇に。
 
オープン実績はないがクインズサターンに期待する。
 
末脚は堅実に繰り出すタイプ、チャンピオンズカップのゴールドドリームのような末脚を見せてくれないか。
 
以下、オールマンリバー、サルサディオーネ、ドラゴンバローズ、シャイニービーム、ディアデルレイまでの馬連流しで。
 
こちらも少額で遊ぼう。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!