京成杯(2018) 回顧

今日はいい一日だった。

ジェネラーレウーノは番手でこれまでの幼さが嘘のようにピタリと折り合い、物見することなく上手に内を回り直線で抜け出すと後続に交わされる心配のないだけの脚色を見せてくれたし、横山典・ロードヴァンドールはノリらしい逃げでしぶとく2着に粘り、珍しく東西両重賞的中という結果。

う~ん、嬉しい。

京成杯を振り返ってみよう。

12.5 – 10.7 – 12.2 – 11.8 – 12.5 – 12.4 – 12.1 – 12.5 – 12.3 – 12.2

前半1000mが59.7、後半1000mが61.5。ジェネラーレウーノは逃げたコスモイグナーツから4馬身離れた2番手だったから1000mは60.0くらいか。
となると後半は61.2。葉牡丹賞が前後半62.0-59.4だからそれに比べれば少しきついペースだったようにも思えるが、最後の数完歩は流しているようにも見えたし中山の2000mならどんなペースになっても2分1秒台そこそこでレースができるだけの能力はあるようだ。

皐月賞は良馬場なら1分58秒台半ばくらいの時計は求められるから、現時点で皐月賞云々というのは気が早いとは思うが、先手を取って課題だった物見をすることもなく上手に競馬ができたのは期待が持てる。

田辺騎手のコメントだと、まだ能力を出し切っているとは思えないことがうかがえるのでこれからどんな風に成長してくれるのか。楽しみだ。
 
 
 

 
 
 
 
2着コズミックフォースは後方5番手を追走、3着イェッツトはその直前の内とペースが流れたことも向いたが、コズミックフォースは大外を回してきての半馬身差だけに距離ロスを考えると勝ちに等しいレース、イェッツトも多少内を捌くのに苦労しながらも間を抜けてきたのだから勝負強さは印象に残る。
 
両馬とも広いコースでスムーズにレースできればこのメンバーなら上位に来そうだ。
 
 
2週前のホープフルSよりも0.2早い時計での決着をどう判断すればいいのか。
 
時計に関係なくGⅠという格があるだけでレースでの難しさは上だと思うが、メンバー的にそれほど差があるとも思えず、今後ここを使った上位馬がどんなレースをしていくのか、注目していきたい。
 
 
ところで早くもジェネラーレウーノはこのあと皐月賞直行という話がTwitterで流れてきているが、今度はさすがに伏兵の扱いになるんだろうな。
 
オッズ的な意味で楽しみだw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

日経新春杯(2018) 予想

人気は昨年の覇者ミッキーロケットにデムーロ鞍上のパフォーマプロミス、ルメール鞍上モンドインテロといったところか。

人気上位馬が差し追い込み脚質なので、京都外回りでもあるし先行タイプに目が行く。

横山典・ロードヴァンドールに賭けてみたい。

鞍上は京都外回りは得意としているし、ここは単騎逃げで有馬記念の武豊・キタサンブラックのように他馬が動くに動けないパターンに持ち込んでくれないか。

ロードヴァンドール自身も京都は3.1.1.2と悪くない。人気は4~5番人気くらいで意外な穴馬とはいかないが、この馬からならオッズもそれなりの配当にはなる。

デムーロのパフォーマプロミスがルメールのモンドインテロを意識して仕掛けが遅れるような展開になって、あれよあれよの逃げ切りというパターンを期待する。
 
 
 

 
 
 
 
相手はその2頭、モンドインテロ、パフォーマプロミスを筆頭に福永・ソールインパクト、和田・ミッキーロケット、酒井・ガンコにまったく人気がないときこそ押さえたい荻野琢・トルークマクト。
(ミルファームといえばミナレットで複数回大穴を出している馬主だしw)
 
ロードヴァンドール1頭軸の3連複流しで。馬連流しも押さえてもいいか。
 
 
横山典の型に嵌める騎乗に期待する
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!