愛知杯、難しいなあ・・・

あっという間に週末、1月の開催はいつにも増して駆け足で過ぎていく感じだ。

土曜日には愛知杯。

それ以前は12月の施行だったが2年前から1月施行に変更になっている。
牝馬限定のハンデ重賞だから荒れることが多いのは当然、我々のような穴党は張り切って取り組みたくなるレース。

今年は昨年の勝ち馬マキシマムドパリが昨年に引き続き人気になりそうだが、ハンデは昨年よりも3kg多くトップハンデの56kg、絶対的存在とは言えない。

ハンデ重賞を連覇となるとなかなかの偉業だと思う。過去の例で思いつくのは函館記念のエリモハリアーくらいしか思い出せないが他にもいただろうか。

日曜の日経新春杯もハンデ戦で昨年覇者のミッキーロケットが人気になりそうだが、こちらも昨年の55kgから2.5kg増のトップハンデ57.5kg。
今週は愛知杯、日経新春杯とけっこう荒れるかもしれないと期待に胸を膨らませてしまう。
 
 
中京芝2000mは坂の途中からのスタートなので前半ペースが上がりにくく、逃げ先行が好走しやすいコース、愛知杯もその傾向があるだろうかと過去5年を見てみるとそうでもないw
5年で馬券になった15頭中逃げ先行は7頭、差し追い込みは8頭で5分の成績だ。

馬場も前開催から中3週とそれほど時間は経っていないし、冬の時期ということもあり先行有利なパンパンの良馬場というわけにもいかないのだろう。

ならば展開がどうなるかをしっかり見極めるのが的中への道。
 
 

このメンバーなら先手を取るのはコパノマリーンになるだろうか。ただし近走で逃げたり先行しているのが他にもけっこういるし、人気のマキシマムドパリも近走は2~3番手の競馬、あまり緩い流れになるようなイメージは沸かない。

中団よりも後ろから長い直線を活かしてキッチリと末脚を伸ばすタイプに注目したい。

昨年のマキシマムドパリはまさにそういう競馬をしたが、近3走は先行しており果たして今回はどんな運びをするだろうか。

 
 
 

 
 
 
 
いや、しかし、
 
後方からの差し追い込み馬が要注意、と各馬の鞍上が考えたら人気のないコパノマリーンがあれよあれよの逃げ切り、ということもないではないかもしれない。
 
なにせ鞍上は誰もマークしないであろう井上敏樹だ。。。
 
 
と思ったがミルコが乗るタニノアーバンシーも前に行く馬だった。ひょっとしたらこいつがハナに行く可能性も微レ存。
となると他のジョッキーもミルコに楽をさせるようなこともなさそうだし。
 
 
う~ん、、、迷走。
 
このレース、手を出さないが無難か。
 
しかし、荒れそうじゃないか、今年最初の万馬券を取るならこのレースじゃないのか、そんな気もするから困ってしまう。
 
 
もう少しじっくり悩むとするか・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!