フェアリーS(2018) 予想

2018年の初日は例年と同じように東西の金杯だけ購入して、中山アタリ、京都ハズレ。
京都金杯のダノンメジャー、3着に上がってくれればワイドが取れたが残念だった。

中山の当たりが固かったのでトータルは若干のマイナス収支。初当たりが初戦で出たのは良かったが、せめてトントンくらいでスタートしたかった。

3日間開催の中日のメインはフェアリーS。

中山のマイルだからね、枠順は重要だけど人気しそうなプリモシーンとテトラドラクマが外枠。
その人気2頭にしても現時点ではそれほど力が抜けているとも思えないので、これは荒れるしかないんじゃないの?という雰囲気満載だ。

最内枠に入ったサヤカチャンが出負けしなければこれまでのレースを考えると先手を主張しそう。
前走2~3番の位置取りだった先行タイプはけっこう揃っているが、最内で松岡がハナを主張したらそれに競りかけるのもいなさそうで、すんなりと隊列は決まりそうだ。

ならばペースは平均からやや遅い流れ、隊列もさほど長くはならず、好位からの決め手比べで外を回していては届かない展開になりそう。
外枠の人気馬は押さえ程度の評価でいいのではないだろうか。
 

本命には10番スカーレットカラーを指名する。
前走の白菊賞は直線入り口で外に出したい場面で内に押し込められ思うようなコース取りができなかった。
あれがなければもう少しきわどいレースになったはず。勝ったリリーノーブルが次走阪神JFで3/4馬身差2着なら、スカーレットカラーもこのメンバーに入れば十分に勝負になるだろう。

枠順も中ほどでそれほど外を回されることもなさそうだし、内に閉じ込められることもない位置で運べるのではないか。
スムーズに運んで重賞勝ちを決めてほしい。

対抗には5番ライレローズ。前走・未勝利勝ちの時計も優秀だし、内をロスなく先行して直線で早め先頭に立つ運びで勝ち切る場面もありそう。
3番手に逃げ残りもありそうな1番サヤカチャン。

以下、7番トロワゼトワル、14番プリモシーン、16番テトラドラクマ、13番レッドベルローズ、6番ジョブックコメン、2番デュッセルドルフまで。

少々買い目が多いが馬連8点で。
 
 
 

 
 
 
 
月曜日にはシンザン記念が組まれているが、11頭立てと少々寂しい頭数。
 
あまり触手は動かない。ボンヤリ予想だけして馬券は買わずに見て終わりそうな気がする。
 
それよりも月曜日は中山5Rの3歳500万のヴェロニカグレースだ。
 
残念ながら口取りはハズレてしまったが未勝利馬2頭を含む12頭立てなら相手は楽そうだ。
手強そうなのはオウケンムーンくらいか。
 
スローに流れそうなメンバー構成なので、前走よりはもう少し前目の位置で運べるといいのだが。
 
 
月曜日はドキドキで中山に応援に行く。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

角居調教師、3年後に引退

角居厩舎が3年後に解散するというニュース。

びっくりだなあ。

祖母の代から受け継いでいる天理教の仕事に従事するために引退を決めたとか。

ウオッカやエピファネイア、ヴィクトワールピサ、ルーラーシップ、デルタブルース、ハットトリックなどなどなどなど・・・

名馬をたくさん育て上げている名トレーナー。

まだ53歳。続けてくれればまだまだたくさんの名馬を輩出してくれそうな調教師だけに残念ではある。

きっとご本人もそうとうに考えた末の結論なのだろう。

残りの3年もキッチリと仕事をしてくれることと思う。これからも、そして引退後も頑張ってほしい。
 
 
 

 
 
 
 
しかし、こういうニュースが入ってくると中山金杯のデニムアンドルビーが俄然無視しにくい存在になってくる(笑)
 
今回は展開的に向かないと思うのだが、前走久しぶりにデニムらしい走りを見せているだけになんとも困ってしまうじゃないか・・・
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!