オジュウチョウサンがヒーロー列伝に

オジュウチョウサンがヒーロー列伝ポスターになる。

なんか嬉しい。

去年の秋華賞デー、東京ハイジャンプは心底スゲー!と思ったし、中山大障害はホントに心震える素晴らしいレース見せてもらったと思ったし、自分的には2017年の圧倒的年度代表馬だから。

今年は阪神スプリングJから始動する予定だったが、体調が整わず春は中山グランドジャンプに直行するらしい。
しかし国内はもういいから、英国のグランドナショナルに挑戦してもらえんだろうかと思ってしまう。

かつて中山大障害を4勝したフジノオーが挑戦したが、Wikipediaによると15番目の障害で馬が飛越を拒否して競争中止となったそうだ。

ハンデキャップレースだしオジュウチョウサンが挑戦したら日本の障害チャンピオンということでけっこう重いハンデを課されそうだが、完走しようものなら日本の障害界も盛り上がること間違いないと思うが・・・

優勝賞金が100万ポンド、現在のレートで1億5000万円。
国内のJ・GⅠの優勝賞金が6600万円。
遠征に掛かる費用やリスク、行ったところで入着できるか、いや完走できるかもわからないことなどを考えると、圧倒的な強さを見せる国内でレースをしている方が経済的にもいいということはわかる。

しかし、凱旋門賞、メルボルンカップ、英国ダービーなどと並んで歴史もある世界的なビッグレース、参戦し完走するだけでもものすごい栄誉なことじゃないだろうか。
国内の障害レース活性化にも繋がるだろうし、日本のエースとしてどこまでやれるのかを見てみたいと身勝手な一ファンは思ってしまうのだ。

まだ明け7歳。
ヒーロー列伝に障害馬として初めて取り上げられるほどのスターホースに上り詰めたが障害馬としてはまだまだ若いし、もっと長く活躍もできるだろう。

ポスターでどんなキャッチコピーがつけられるのだろうか。楽しみだ。
 
 
 
 

 
 
 
 
何を手掛かりに予想をしていいのかがよくわからないのであまり障害レースの馬券を買うことはなかったが、子供のころは父親が見ていた競馬中継で障害レースが流れると平地レースよりも夢中になってみていた。
子供にとっては障害があることによるレースのメリハリ?アクセント?そういったものが面白かったのだろう。
 
今でも障害レースを見るのは大好きだし、オジュウチョウサンのようなスターホースが登場するともっともっとその関心は強くなる。
 
 
自分にとって障害のスターホースは自分にとってはマルカラスカルだったが(ダイナアクトレス牝系だからねw)、昨年のオジュウチョウサンのパフォーマンスは従来の日本の障害馬に対するイメージを大きく塗り替える素晴らしいものだった。
 
おかげで最近は当たりもしないのについ障害レースの馬券もちょっと買ってしまうようになってしまったじゃないか。
今のところトータルの回収率を下げてしまうだけの結果になっているがw
 
 
しかし自分のそういった馬券を買うという行動を振り返ってみても、スターホースというのは必要だなと強く思う。
 
 
キタサンブラックという国民的スターと言える存在が引退してしまった今、やはりオジュウチョウサンに日本の競馬を盛り上げてほしいと思うし、競馬マスコミももっともっと大きく取り上げてほしいと強く願っている。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

東京新聞杯の登録馬を眺めてるいるが

東京新聞杯の登録馬を眺めているが
 
 

人気上位になりそうなのは差し追い込みばかりだなあ・・・

かと言って前に行く馬がいないというわけでもなく。

トウショウピスト、ディバインコード、マイネルアウラートあたりの先行争いか。
いずれも10番人気以下になりそうなタイプなので、どれがハナを取るにしても楽に行かせてもらえそうな雰囲気はある。

グレーターロンドン、リスグラシュー、ダノンプラチナ、クルーガー。
この辺が後ろでけん制しあって、ダイワキャグニーも後ろに気を取られていたら面白いことになりそうだがダイワの鞍上がノリだからそうは問屋が卸さない、か。

いずれにしてもさほどペースは上がらなさそうなので軸に取るなら有力馬の中でも前よりに構えそうなの、となるとやはりダイワキャグニーか。

心情的にはグレーターロンドンだし、このメンバーなら展開不向きでも力で押し切ると信じたいところなのだが後方一手というのが引っ掛かるし、鞍上が田辺から川田に乗り替わりというのもちょっと嫌な材料。

ただ極悪馬場の天皇賞秋を除けば大きくは崩れていないし、ここは余裕でブッコ抜いてもまったく驚かないメンバーでもある。

ちょっと悩ましいな。東京のマイルなら大丈夫と信じるかどうか。馬券の肝はその一点に掛かってきそうだ。

 
 
 
 

 
 
 
 
ダイワキャグニーかグレーターロンドンのどちらかを本命にするとして、対抗も2頭のどちらかということだと穴党らしからぬ印になってしまいそうなのだが、冷静に考えるとやはりそういう形になるだろうか。
 
3着に人気薄が来ることを期待して3連系のフォーメーション馬券でも買うことになるだろうか。
 
カデナとかベルキャニオンなんか穴馬にいいんじゃないかなあなどと思っているが。。。
 
 
 
 
グレーターロンドンにはここで賞金を上積みして、安田記念でGⅠタイトルを奪取してほしいところ。
 
願わくば、ここを勝って次走で負けて人気を落として安田記念を勝ってほしい、などと都合のいいことを考えたりしているのだが(笑)
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ラッキーライラック、凱旋門賞挑戦か

JRA賞の授賞式があると有力馬の今後の路線などがいろいろとコメントされて面白い。

最優秀2歳牝馬のラッキーライラックに今秋の凱旋門賞挑戦というプランがあるという。
いきなりそんな話になっているのかと少々驚いた。
松永幹夫厩舎、鞍上石橋脩で凱旋門賞出走を連想するのはなかなか難しい。(失礼w

しかし生産・ノーザンファーム、馬主・サンデーレーシングと考えれば別に不思議でも何でもない。
むしろそんな馬がなぜ松永幹夫厩舎に入厩して、どういう経緯で石橋脩鞍上となったのかのほうが不思議なくらいだ。
本当は池江厩舎、主戦・川田将雅のほうがしっくりくるぞw(言い過ぎ

凱旋門賞を2年連続2着した父オルフェーヴルのリベンジを斤量面で有利と言われる3歳牝馬で挑戦するとなるとさぞ盛り上がることだろう。

日本の3歳牝馬が凱旋門賞に挑戦するのはハープスター以来か。
凱旋門賞の登録締め切りがGW明けだから、桜花賞に勝ったらそういう話も出てくるでしょうとのことだが、どうせなら桜花賞を勝とうが負けようが挑戦してほしいけどな。

しかし、そうなるとやっぱり凱旋門賞の鞍上は石橋脩ではなくなるんだろうな、サンデーRだし。
まさか今年の初戦から乗り替わりになってしまうだろうか。もう少しバシシューも支援してやってほしいものだぞ。
 
 

他に最優秀3歳牡馬レイデオロが京都記念からドバイシーマクラシックへ、最優秀3歳牝馬ソウルスターリングはヴィクトリアマイルの後、米国遠征という計画があるそうだ。

レイデオロ、ソウルスターリングの2頭を管理する藤沢和厩舎は最近はあまり目立っていないが、タイキシャトルでジャック・ル・マロワ賞を勝つなど日本では海外遠征について先駆者的存在。

ぜひ海外で日本馬の強さをアピールしてほしい。
 
 

ちょっと残念なニュースなのはオジュウチョウサン。

体調を崩して当初予定していた阪神スプリングジャンプは回避、中山グランドジャンプに直行するらしい。
中山大障害は厳しいレースだったから疲れもあるのだろう、万全の状態で戻ってきてほしいものだ。

ただ馬券的にはオジュウチョウサンがぶっつけでGⅠというほうがおもしろいのかもしれない。
ローテーションが狂ってもまた強さを見せつけるのか、はたまた大番狂わせがあるか。
皐月賞の前にこの春一番楽しみなレースなのでなんとしてもGⅠ5連勝を目指して出走してきてほしいものだ。
 
 
 
 

 
 
 
 
そして昨年の年度代表馬キタサンブラックの交配相手の名前が早くもあがってきた。
 
今年150~200頭ほどの種付けが見込まれるが、その中にはジェンティルドンナの母ドナブリーニが決定済みとのこと。
 
1口2250万円×60口、総額13億5千万円のシンジケートが組まれるだけあって、期待度も高いのか。
 
父ブラックタイド、母父サクラバクシンオーの競走馬がそれほど期待されて種牡馬入りするなど予想もできなかったが、競馬というのはつくづくわからないものだなあと感じるニュース。
 
 
しかし。
 
正直、種付け料500万円は少々高くないか?と思うし、良血だから走ったというより、心臓の強さに支えられて鍛えられて強くなったミホノブルボンとかオグリキャップのようなイメージがあって種牡馬としてはどうなんだろう、自身の良さがうまく産駒に伝わるだろうか、ちょっと疑問だなと感じてもいる。
 
 
まあ競走馬としては人気のあった馬だから最初のうちはそれなりに繁殖牝馬も集まるだろうが、要は社台グループがどこまで本気でこの種牡馬を成功させようと頑張れるかに掛かってるんだろうなと。
 
繋養されているのが社台スタリオンステーションなのが頼みの綱、といったところだと思う。
 
成功してほしいけどね。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ヴェロニカグレースの次走

ヴェロニカグレースの次走はどうやら3月11日、2回中山3週目の3歳500万・芝2000mになるようだ。

今度は鞍上は誰だろうか。前走の騎乗はいかがなものかと考えている人は多そうだし、津村ではないような気がする。気がするだけだが。
当日は中山のメインはアネモネS、有力ジョッキーは阪神のフィリーズレビューか中京の金鯱賞に行っているだろうし戸崎というのもなさそうだ。

デビュー前に調教もつけていたし初戦の石橋脩でもいいと思うが、もし次を勝ち上がってオークス出走が目標になってきたら鞍上をコロコロ変えるのも止めてほしいので、お手馬がいるバシシューよりは津村のほうがいいのだろうか。

次の鞍上の差配でクラブ(ノーザンF?)のこの馬の評価が如実に見えてきそうな気がする。

とは言ってもシルクの3歳牝馬にはアーモンドアイにプリモシーン、ラソワドール、ラストプリマドンナ、ハウナニ、サラーブなど既に1つ以上勝っているヴェロニカグレースよりも募集価格の高い馬が揃っているから、ヴェロニカの扱いが後回しという感じになるのは仕方がないのだろうな。。。

零細出資者の悲哀かw

 
 
 
 

 
 
 
 
先週のスクリーンヒーロー産駒は
 
新馬戦  (京都ダ1200)エースロッカー7着
新馬戦  (東京ダ1600)デルマグラッパ8着
4歳500万 (中京ダ1200)カロス12着
中京スポーツ杯(中京芝1200)ラブターボ12着
3歳未勝利 (中京芝2000)マイネルアーリー13着
大須特別 (中京ダ1200)ミスズスター7着
 
どれも馬券にならず、どころか掲示板にも乗れず。
大須特別のミスズスターにはちょっと期待してがんばれ馬券を買ってみたがいつもよりは前につけていったものの、終いの伸びを欠き残念な結果。
 
しかし今さらながらだが、スクリーンヒーロー産駒は当たり外れがけっこう大きい感じがするねえ。
それでもやっぱり応援はするのだけれど。(馬券を買うとは言ってない)
 
 
今週は土曜京都のアルデバランSにヨヨギマックが登録。
しかし登録22頭だから出走できるのか?ヨヨギマックよりも収得賞金が少ない登録馬が5頭いるから大丈夫か。
 
京都のダ1900は[3.2.1.2]で2度の着外も4着5着、相性のいい舞台でなんとか復活してほしいものだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

シルクロードS(2018) 回顧

自分への覚書用の記事。

内枠、先行有利のシルクロードSに敢えて外枠、追い込み脚質のロードクエストで立ち向かってみたが見事に玉砕。(キングハートは枠順もまあまあいいし、人気ないけど京都ならなんとかしてくれるんじゃないかと思ったがさすがに無理筋だったw)

結果は逃げた4枠7番セイウンコウセイが2着に粘り、好位で折り合った1枠1番ファインニードルが距離ロスを利して早め抜け出しの2馬身差勝利。
3着には後方から運んだがやはり内枠の2枠4番フミノムーンが15番人気をあざ笑う快走。

フミノムーンだけは内枠だったが4角では外目に持ち出していたし、どうしてここまで末脚が切れたのかよくわからなかったが、上位2頭はやはり内々でうまく先行できているし、そういうタイプに向くレースなのだろう。
きっと来年以降もこんな展開になるのだろうし、人気に左右されずに当てに行くならこれは覚えておこう。

それと。

上位3頭、全部がアドマイヤムーン産駒。内、1着、3着馬はノーザンダンサークロス持ち。
よほどこの条件に適性が高いのか。血統はよくわからないが、特に15番人気馬を持ってきたミスプロにノーザンダンサークロス持ちに注意というのも記憶にとどめたい。
 
 
 
 

 
 
 
 
内枠、先行有利のレース。これを逆に考えれば。
 
ここで外枠で中団より後ろからの競馬を余儀なくされ、能力を発揮できなかったような馬は次走以降に注意しておきたい。
 
今回ならカラクレナイやロードクエストといったあたり。
 
ちょっと先になるが高松宮記念に出てきたりしたら検討材料に覚えておきたいところ。
 
 
 
更に逆に。
 
このレースで内枠から中団あたりで運んで掲示板にすら乗れなかったグレイトチャーターやセカンドテーブルなんかはこのクラスではよほど恵まれないと馬券圏内は厳しいのだろう。
ちょっと穴に狙って見たくなるタイプでもあるのでこれも覚えておきたい。
 
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!