菊花賞って


 
トライアルレースを楽勝したダービー馬が不在の菊花賞。

レイデオロは藤澤和雄厩舎なので菊に向かわずJCというのはさもありなん、とは思う。
もし皐月賞も勝っていたら菊花賞に向かったのだろうか。

天皇賞春や菊花賞といったGIに限らず、ダイヤモンドSやステイヤーズSといった3000m超の長距離レースを愛好する者としては菊花賞の凋落は悲しいことだ。

スピード重視一辺倒ではレースを観ていても飽きてしまうだろうと思うが、そんなことはないのだろうか?
競馬だって興行の一種なんだから観客を飽きさせないという意味でも長距離レースでのしのぎを削る争いも見せてほしいものだ。

だいたい凱旋門賞制覇が日本競馬界の悲願などと言っているのに、関係者がこんな長距離レース軽視をしていたらいつまで経ってもそんなもの実現できっこないんじゃなかろうかと素人は思ってしまうのだが。
 

ま、それはさておき。

ダービー馬不在となれば皐月賞馬が人気となるのだろうか。鞍上ルメールだし。松山はなんとか他の馬でアルアインに一矢報いてほしいが騎乗馬はないのだろうか。

神戸新聞杯でレイデオロの2着したキセキ、セントライト記念勝ちのミッキースワローもそれほど人気では差がなさそうだ。

約1年ぶりのブレスジャーニー、古馬を相手に新潟記念で0.1差の好走を見せた逃げ馬ウインガナドル、1000万を勝ってここに臨むクリノヤマトノオー、トリコロールブルー、ポポカテペトル、マイネルヴンシュはどの程度通用するのだろうか。

個人的には中山の2500mで古馬を下してきたマイネルヴンシュを応援したいところだ。柴田大知、涙のクラシック初制覇!とはならないものだろうか。
 
 
 

 
 
 
もしかしたら秋華賞がオークスで先着した3頭の決着になったように、菊花賞もダービー先着馬3頭で決まるのかもしれない。こういう流れは軽視しないほうが良いような気がする。
そうするとマイスタイル、アルアイン、ダンビュライトの3頭か。
菊花賞は枠ゲーだし、この3頭が内枠に集まったら展開的にはありそうな気もする。
 
 
 
ただ、菊花賞は春の実績馬よりもステイヤーらしい夏の上がり馬を狙いたい。オッズ的にもこちらのほうが好配当になりやすいし、穴馬を見つける喜びも大きい。
 
古くはメジロマックイーン、ちょっと前だとデルタブルース、最近だと3着だったけどゴールドアクター。ま、ゴールドアクターは成績を見て、とかじゃなくて血統で盲目的に応援してたんだけどw
 
ディープインパクトやオルフェーヴルのような絶対的な信頼に足る存在がなければ、こういう穴馬を見つけてそこから穴馬券を狙いたいのが自分にとっての菊花賞というレース。
 
 
そういう視点に立てば、今年はキセキは人気だから別枠としてwマイネルヴンシュかポポカテペトルか。
 
1000万勝ちの距離を見るとマイネルヴンシュ、時計内容を見るとポポカテペトル。
鞍上を(冷静に)考えると・・・ポポカテペトルだろうか。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!