ラックビーアレディトゥナイトの16への出資


 
先週日曜日のヴェロニカグレースの勝利に気を良くして、シルクでもう1頭追加出資した。

ラックビーアレディトゥナイトの16

栗東の松永幹夫厩舎、父:Australia、母父:Mr.Greeley の牝馬。

Australiaは父Galileo、Galileoの仔Nathanielは先日の凱旋門賞を勝ったEnableを出した。
Australia自身も英ダービーを勝っている。
母のラックビーアレディトゥナイトは目立った活躍はないが、四代母Rose of Jerichoがドクターデビアスやシンコウキングを出しており、その牝系からはスズカフェニックスの名前もある。。

どちらかというと芝のクラシックディスタンスでの活躍を期待できそうな血統背景だが、気性次第では短距離路線での活躍もあるかもしれない。
 

これで2016年産にはサトノジュピターの16との2頭、牡馬牝馬それぞれ1頭ずつの出資となった。

 
 
 

 
 
 
これで出資は3頭目。
じわじわと一口沼にハマってきているw
 
まあ、もっとも毎年4~5頭に出資している人もそう珍しくはないようだし、金額では何十万、何百万と出資している人もたくさんいるんだなあというのはシルクの第1次募集の様子をみているとわかるので、自分なんかは可愛いもんだと思う。
 
先週でスーパー未勝利も終わってしまったが、今年ついにはダービー馬を出してしまったキャロットにしても未勝利のまま終わってしまうのも何頭もいるし、シルクも当然勝てないままスーパー未勝利の終了を迎えてしまうのは珍しくない。
 
それを思うと今年3月、大阪城Sの配当金で一口でもやってみるかとホンの思いつきで出資したヴェロニカグレースが早々に勝ち上がってくれたのはまったくラッキーだ。
 
もしかしたらオークス出走もあるんじゃないかと思うと本当にワクワクする。
そうそううまくいかないのは重々承知しているがw
 
 
クラシックを狙うならディープインパクト産駒とも思うが、なかなか値段が高くて手が出ない。
それでも僅かばかりの血統の知識と、付け焼き刃の相馬眼で低価格の馬でもこんなに楽しめるんだから一口沼にどっぷりとハマってしまうのもよくわかる。
 
これで生産牧場も大きな期待をかけているようなディープインパクト産駒に出資などしようものならデビュー戦はとても落ち着いてみていられないだろう(笑)
 
 
自分が出資できるのはそんな高い馬ではないので間違ってオープンクラスまで出世してくれたら万々歳だと思うが、万が一クラシック出走が叶ったりしたら前日はきっとろくに寝られないに違いないw
 
現1歳の2頭はそしてどんなレースを見せてくれるだろうか。まだ1年ほども先の話だが目の前で愛馬が走り、もしかして勝ったりしたらどんなに興奮するだろうと想像するだけでも嬉しくなる。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ゴールドアクター年内休養、って来年も走るのか


 
あっという間に週末。また3日間開催だ。う~む。JRAの奴ら我々からどれだけ搾り取りたいんだ。

その初日にはスクリーンヒーロー産駒が5頭出走する。

そのうちの1頭、スターリバーはサウジアラビアロイヤルカップに出走だ。重賞じゃないか。2歳のこの時期だから出走できると言ってもいいだろう。たぶん勝負にならない。人気も2桁人気が確実だろう。おそらく単勝は100倍超のオッズがつくだろう。
う~ん、買いたくなるじゃないかw
しかしコースは東京の芝1600だ。中山と違って力通りに決まりやすい。ここはじっと静観したい。

それよりは京都8Rの500万条件の芝2000mに出走するウインベラシアスに期待したい。

潔く菊を諦め?自己条件に出走してきた。枠は最内1枠1番。この枠なら思い切って逃げてほしい。
他にも5頭ほど前走で逃げているのがいるので楽なペースにはならないかもしれない。しかし、好枠を利して先手を取り切れれば開幕週でもあり直線平坦な京都の内回り、しぶとく逃げ切ることもできるのではないか。
松山にはアルアインをルメールに取られた屈辱をバネにしてノーザンファーム生産馬を打ち負かしてほしい。
 
 
 

 
 
 
などと土曜日のスクリーンヒーロー産駒ではどれが馬券として期待できそうか、なんて考えていたらゴールドアクター年内休養というニュースが・・・
 
 
疲れが抜けないということらしいが、残念だ。
 
というか来年も現役続行なのか。
 
まあこのまま引退じゃちょっと寂しすぎるから現役続行はいいのだが、スクリーンヒーロー初年度産駒を代表する1頭としてあまりみっともない敗戦を続けるようなことだけはしないでほしい。
 
有馬記念を制してせっかく種牡馬入りのチャンスもありそうなのに、後年に成績を落として種牡馬としていい繁殖牝馬が集まらずにそのままフェードアウトという形が一番残念だから、その辺のタイミングはうまく見極めてほしいものだ。
 
母系に流れるセダンやトサミドリといった日本の古い血統ももう少し残していきたいじゃないか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!