一口馬主の楽しみ方ってなんだろう


 
昨日バヌーシーの記事を書いたら、いきなりアクセス数が普段の7~8倍に増えてて驚いている。
みんなバヌーシーへの関心が高いんだなあw
 

仕事帰りの電車の中でTwitterを見ていたら、昨日はキャロットの1次募集の申し込み状況が発表されていたようでTLに悲喜こもごもの呟きが。

自分はカタログは取り寄せたものの結局1次募集では申し込みはせず、残った馬の中からゆっくりと良さそうなのを探そうかなと思っていたのだが、どうやら相当多くの馬が1次募集で満口になってしまいそうな様子で、今は一口馬主ってブームが到来してるんだなあと感じた。

シルクでは出資の権利が抽選になった場合、過去3年(?)の出資実績が優先されてしまうので自分のような弱小出資者には永遠に自分が本当に出資したい馬への出資が叶わないということもままある。だからキャロットのように過去2年の落選実績(?)で優先権がもらえるというのはなかなかいい制度だなと思う。

それでも予算の面もあるし、キャロットにしてもシルクにしても超良血と言われるような馬は1口20万円とかするわけで、それこそ細々としか出資できない自分にとってはそれとても高嶺の花。

そして高い馬だから走るとも限らないのが競走馬なので、ここは逆に言い方は悪いが売れ残っている中から良さそうなのを探すのも一口馬主の楽しみ方ではないか、などとも思い始めてきた。

初めて出資したヴェロニカグレースなんかはまさにそんなパターンで、今年に入ってまだ残っていた中から出資した2歳馬。
それが夏にはデビューして初戦3着。少し休養を挟んだが2週間後には2戦目に向かうし、勝ちも意識できる程度の状況になっているのは嬉しい限り。

人気ですぐに満口になる馬が必ず大活躍するというわけでもないし、売れなかったから走らないというわけでもない。(もちろん、確率的には人気の血統馬のほうが走るんだろうが)
それなら抽選が当たるかどうかで一喜一憂したりする(それはそれで楽しいのだろうが)よりも、残っている中から良さそうなのをじっくりと探すのも良いじゃないかと。

馬券を買うときに穴馬を見つける楽しみと同じ感覚なのかもしれない。ハズレたときは馬券以上に残念な感じになるが(笑)

そんな感じでシルクの今年募集になっている馬も最初の申込みはもちろんしたが、当然のように落選したので残ってた中からのんびり良さ気なのを検討し、まずはサトノジュピター2016に出資した。
他にまだ残っている中であと1頭くらいは出資したいと考えて、日々あれこれ検討している。
 
 
 

 
 
 
基本、一口馬主は儲かるものではないだろうし、自分が出資した馬が走ってくれるだけでも十分に嬉しかったりするものだろう。
 
あまりリターンなんかは期待しないほうがいいものなのだと思う。
 
そういう意味ではリターンを得る喜びにはバッサリと目をつぶったバヌーシーというのは面白い試みだとは思う。
 
 
それにしても、、、1頭の募集総額が高すぎると思う。
一度出資してしまえば会費などは一切かからないとはいえ、最初にかかる費用の運用管理預託金の内のシステム利用料とか情報料ってなんだろう。
 
それと別にクラブを運営していくうえで必要であろうクラブ法人ファンド運用管理費は取られているし、別途ファンド運用管理費預託金とかファンド運用監査預託金などもしっかり含まれているのになんとも解せない。
 
 
こういったところが皆にはイマイチ理解されにくくて販売が伸びてないのだろう。
 
もっともその前に単純に募集総額3億円とかG1を1つ2つ勝った程度じゃペイしない、というのが問題なんだと思うが。
 
キタサンブラックの全弟に至っては4億円超えだ。
それこそキタサンブラック並みに活躍しなきゃ旨みはないとなると、なかなか出資してみようかという気にはならないだろう。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!