紫苑ステークス(2017) 予想


 
紫苑ステークス

秋華賞トライアルということはもちろんわかっていたが、3着馬まで優先出走権が付与されることに今朝気がついた。
以前は2着までだったような気がするが、重賞に格上げされてから3着までになっていたのか。

秋華賞は京都の内回り2000mだから、阪神外回り1800mのローズステークスよりも中山2000mの紫苑ステークスのほうが今後は本番に繋がりそうな気はする。

重賞に格上げされた昨年からさっそく秋華賞の1,2着馬は紫苑S組だったし、今年もこのレースから秋華賞に向かう陣営をローズS組よりも重視しようとは思っている。
 
 
とは言っても昨年の当レース1~3着馬は本番ではそれぞれ10着、1着、14着と勝ち馬こそ出ているものの他の2頭は惨敗。

ならば今年もというわけではないが、本番への余力など考えずに出走権を取りにきている存在を探るのが面白いかもしれない。
 

逃げ宣言のミッシングリンクが先手、ジッパーレーン、ポールヴァンドルの2頭が続き人気のディアドラ、ルヴォワールは中団に構える展開か。

プリンセスルーラーに注目したい。

春、カーネーションカップ(500万)を勝つと3カ月の休養、新潟の三面川特別(1000万)を叩いてここに向かってきた。初めての古馬との対戦で0.5差5着ならひと叩きした上積みも見込めるし、前走の上がり時計も3番目の33.8ならここでも十分にやれそうに思える。
中山は初めてだが未勝利勝ちは阪神コースだし、直線の急坂も苦にはしないだろう。

ちょっと穴馬要素満点じゃないだろうか。狙ってみたいところだ。

相手にはやはり500万勝ち後、惜しい競馬をしながらも賞金を積み上げられていないカリビアンゴールド、3,4番手に人気のディアドラ、ルヴォワール、以下押さえにポールヴァンドル、ホウオウパフューム、サロニカ、大穴でブラックオニキス。

プリンセスルーラーからの3連複流しで遊んでみたい。
 
 
 
 

スポンサーリンク

 
 
 
 
土曜日は中山の2歳新馬にウサギノダンス、阪神の2歳新馬にナムラルビー、そして阪神の3歳未勝利にアイファーヒロインと3頭のスクリーンヒーロー産駒が出走。
 
アイファーヒロインはこれがラストチャンスだが、これまでの2走が12,16着なので厳しいだろうな。新馬戦の2頭はどんなレースをしてくれるだろうか。
 
 
 
明日は先日受けた人間ドックの結果を受けて再検査を受けなくてはならないのでたぶん競馬はできない。
 
 
昔はリアルタイムでレースを観られなくても重賞だけは投票してから外出する、などということをよくやっていたが、近ごろは同時にレースを観られなければ買わないことがほとんどだ。
先に馬券を買っておいて、あとでレースの結果だけ見て確認するというのはつまらなくなってきた。
もちろん後からレース映像は見るし何度も見返すことも珍しくはないのだが、馬券を買う時はリアルタイムのライブ感というのか、そういうのが望めないときは馬券は買わなくてもいいかと思ってしまうようになった。
 
 
そんなわけで予想はしても馬券を買わないということは儘ある。
紫苑ステークスの予想を書いておいてなんだが馬券は買わないかもしれない。検査が15時半くらいまでに終わってくれれば、そっと予想通りの馬券を買ってみたいのだが・・・。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!