セントウルSは5頭でいいか・・・な?


 
昨日、今週の重賞のうちまずはGIIのセントウルステークスを事前検討してみるかと登録馬を眺めていた。

フルゲート16頭に17頭登録だから準オープンのワキノヒビキが除外か?と思ってたら出走は結局出馬投票したのは14頭なのねw
 
 

以前なら夏競馬から秋競馬への開催替わりは開幕週だし先行馬重視と考えるところだが、近ごろはエアレーションのおかげで開幕週から外差しもバンバン決まったりするからめんどくさい。

脚に優しい馬場になるのはいいが、あまり馬場読みを必要としない馬場になるのもなんだかちょっとつまらないなあ、などと思うのは勝手な競馬ファンの戯言か。

ホントに最近は開催が進んでもあまり内側の痛みもひどくならないし、以前とは逆に開催が進んだほうが内前有利になったりするから、頭の固いオジサンにはなかなかついていけない。
 

とりあえずエアレーションのおかげで馬場はフラット、ペース次第で先行馬有利だったり差し追い込み有利だったりすると刷り込んで、展開を想像してみる。
 
 
短距離戦の割にはゴリゴリの逃げ馬というのがいない。先行馬はそれなりに揃っているし、ここまで直千を使ってきた馬もいるのでスローということはなさそうだが、前に行った馬がバテるということもなさそうなメンバー構成。

となるとペース云々よりも単純に枠の有利不利とあとは能力差で考えるということになるか。
おそらくはどの馬も力は出しやすい展開になるのではないだろうかと思う。

枠順は決まるまで考えようもないが、各馬の能力比較ということになると今回のメンバーならスノードラゴン、ダンスディレクター、フィドゥーシア、ラインミーティア辺りだろうか。ここ2走はふがいない負け方をしているが引き続き戸崎騎乗のメラグラーナも巻き返しを警戒するべきかもしれない。

(netkeibaの予想オッズを参考にすると)フィドゥーシア、メラグラーナはそこそこ人気なりそうだが、スノードラゴン、ダンスディレクター、ラインミーティアはそれほどでもなさそうなのでこの5頭を中心に考える感じで良さそうな気がする。

あとは枠順確定後の出し入れくらい。
 

スプリンターズSの前哨戦ということもあってか、1番人気馬が馬券圏外に飛ぶということは少ないものの意外に勝ち切っていないのもこのレースの特徴なので、馬券は馬単や3連単が面白いレースになるかもしれない。
なにしろ過去にはあのロードカナロアでも2度1番人気を裏切って2着に負けているくらいだから。そしてロードカナロアをこのレースで破ったハクサンムーンが翌年1番人気でリトルゲルダに負けているし(笑)

馬券対象を上手く絞れれば1番人気馬2,3着付けの馬単3連単で遊ぶのもおもしろそうだ。
 
 
 
 

 
 
 
 
京成杯オータムハンデのほうは中山の1600だし、ハンデ戦だし、荒れることを期待するし荒れそうな枠順になってほしいものだと願うだけw
 
気持ちとしてはパラダイスS、中京記念とウインガニオンの連続2着しているグランシルクを応援したい。
 
でも、今度はウインフルブルームに負けたりしてw
 
 
メンバー的にはマルターズアポジー、ボンセルヴィーソ、ウインフルブルームといったなかなか強力な逃げ先行馬がいるので、締まったペースの厳しい見応えのあるレースを期待したい。
それならグランシルクにも出番はあるんじゃないか。
 
ただそういう流れならさらに後ろからウキヨノカゼあたりにスパンッ!と差し切られそうな気もするが・・・
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!