大敗をして秋競馬を迎えることに


 
やらかしてしまった。

先週末は大敗を喫した。藤代三郎流に言うなら全治3週間である。

特に熱くなったわけではない。極めて冷静に、ここは勝負だなと多めの勝負を挑んだレースをことごとくはずしただけだ。

それでもこんなに負けるんだなあ・・・( ̄д ̄) トオイメ

きっかけは土曜新潟の5Rメイクデビュー新潟芝1400。

スクリーンヒーロー産駒ハットワンスターが出走していた。
そしてダノンスマッシュが1頭断然人気で単複の票を集めていた。

全馬初出走の新馬戦は極端に人気が被り過ぎることがある。調教タイムと血統以外に検討する要素が少ないことがその原因だろう。

しかし、血統が良くても調教が凄くても実際のレースは走らせてみなければわからない。
検討材料が少ない分だけ一部の馬に人気が被り過ぎて能力差以上にオッズが開くことが多いから、逆にやけに美味しい馬券になることもある。

ハットワンスターは単勝5番人気だったがそのオッズは17倍、複勝でも3倍近くのオッズになっていた。

実戦に行ったら意外に良いタイプかもしれないじゃないか、とGIでもないのに単複にけっこうガンッ!と入れてしまった。

結果、ハットワンスターは13着。道中イイ感じで中団を追走していると思ったが、直線全く伸びずw

ま、そういうこともあるよな、と思って切り替えてその後も冷静にレースを選んでちょろちょろと買ったものの土曜日は的中なし。

日曜日は最初に買った新潟5Rの新馬戦で馬連3連複をそれぞれ4頭ボックスで的中して前日の不調は脱したかに見えたが、その後は新潟の両津湾特別で元返しの押さえが的中したのみ。

その後の3場メインは全てハズレ。最終もさっぱりで気がついてみればこの土日は最近では稀にみる大敗を喫してしまった。

買わずにもし買うならこういう印、というレースはけっこう当たっていたのでけっして予想自体が大きくずれているという感じはなかったが、そもそも買うレースを間違っているという痛い状況。

レースの取捨って入り口なのにそこがずれているようでは的中は遠い。

これ、どうやって修正していけばいいのかわからないのが困りものである。
 
 
 
 

スポンサーリンク

 
 
 
 
丹頂Sのトラストは軽快に逃げていたように見えたが3コーナー辺りでは手ごたえをなくしたようで、4コーナーではずるずる後退。
なかなかショックな光景だった。
 
全兄がダート短距離で成績を挙げてきたウインオスカーだし、やはり長距離は向いていないのだろうか。
 
それとも単純に春までの連戦の疲れが抜けきっていないのか。
 
好スタートだったし、楽にハナを切り道中もさほど競りかけられるようなところもなく、マイペースで行けているように見えたが、あんなにバッタリ止まるところをみると鞍上や調教師ならわかるような原因があるのだろう。距離か、疲れか、調整の失敗か。
 
 
このメンバーで、この斤量で楽に先手を取ってこんなに負けるんだからさすがに菊花賞は無理だろう。
 
休養が少し長くなってもいいからじっくりと立て直してほしい。いっそ堀厩舎に転厩してくれんかな(ないw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!