札幌2歳ステークス(2017) 予想


 
さあ、夏競馬も最終週。
できるものなら的中馬券を量産して気持ち良く秋競馬に向かいたいところだが、土曜日メインは苦手な2歳戦の札幌2歳ステークス。そうは問屋が卸さない、などという死後が頭に浮かんでしまう。

しかしここで怯んでいてはいけない。敢然と立ち向かおうじゃないか。

人気はオルフェーヴル産駒のロックディスタウン、クリノクーニングあたりが背負いそう。

今年の新種牡馬としては何といってもオルフェーヴルとロードカナロアの2頭が注目されているが、今のところはロードカナロアに大きく差をつけられているオルフェーヴル。ここで一気の重賞奪取で勢いをつけたいところだろう。

だからといってオルフェーヴル産駒の人気の2頭から入るわけもなく。

ここで期待したいのは道営から参戦のミスマンマミーア。
前走のコスモス賞は重馬場にも助けられての2着という評価が多いかもしれないが、勝ち馬とタイム差なしの1:51.3の走破時計は相当に優秀なもの。
初めての芝で、しかも逃げ先行が圧倒的に有利な札幌の1800mを序盤後方の位置取りで、3角過ぎから追い上げていって最後まで伸び続けた脚力には完成度の高さを感じさせる。

芝の良馬場をこなせれば中央の素質馬をあっと言わせる場面もあるだろう。人気にならないここで狙い撃ちたい。

相手筆頭にはカレンシリエージョ。前走、相手が弱かったとはいえ8馬身差勝ちはやはり並の能力ではつけられない着差。先行脚質で枠順にも恵まれた。札幌の1800なら先行してそのまま押し切りまで十分にある。

3番手にコスモインザハート。前走1600mは出走数は少ないものの意外に相性のいいレース。柴田大知の積極的なレース運びに期待。

以下、ロックディスタウン、クリノクーニングの人気どころと穴でダブルシャープ、サージュミノルを加えた7頭で馬券を組み立てたい。
 
 
 
 

スポンサーリンク

 
 
 
 
土曜日はスクリーンヒーロー産駒は6頭出走。
 
新潟7R3歳未勝利のタイセイラブリーはここが正念場。直千で鞍上藤田菜七子。変わり身を見せるか。
新潟2R2歳未勝利では先週大活躍の武藤雅がファーマフローラに騎乗、鞍上の勢いに乗って好走を期待したい。
 
札幌2R2歳未勝利のヒダルマは連闘。混戦模様のメンバーだけにいい場面もないか。
 
新潟5R2歳新馬戦にはハットワンスター。それほど人気にはならなさそうだが5月のセリでそれなりの価格で落とされた力を見せるか。
 
札幌6Rのココロノキャンパス、札幌8Rのウインドオブホープはいずれも500万クラス。
このクラスではちょっと頭打ちという感じは否めない。
まずは無事に、そしてできれば入着くらいしてくれれば・・・
 
産駒各馬の健闘を祈る。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!