スプリンターズS(2017) 予想


 
スプリンターズS、難解すぎないか?
馬券買っちゃいけないレースのような気さえするw

調教映像を見た時点ではダンスディレクターがいいかなあ~などと思っていたが、まさかの大外枠。

今日のレースを見ていても大外からの差し追い込みは能力が一枚上じゃないと勝ち切るところまでは難しい状況。
この枠では軸として取り上げるのはちょっと厳しい。。

この並びならおそらくフィドゥーシアがハナに立つのだろう。
ワンスインナムーン、ダイアナヘイローも内目の枠なので先行争いに加わってくるかもしれない。GIらしい緩むところのないラップになるだろうか、あるいはすんなり隊列が決まって落ち着いた流れか。

先行しそうな3頭が近いところにいるので、どちらかと言えばハナ争いが厳しくなりそうな気はする。

ならば。

先行馬を前に見ながら内で脚を溜めて行けそうな枠に入ったセイウンコウセイに本命を打ちたい。
高松宮記念勝ちの後の函館スプリントSはハイペースに巻き込まれての4着敗退。
鞍上の幸もその時と同じ愚は犯さないだろう。
しっかり休養して立て直してきたことに期待する。

対抗はレッドファルクス。
前走は安田記念3着。マイルのGIに対応できてしまったことが逆に引っ掛かるがw、能力が高いことの証明には違いないだろう。

3番手にファインニードル。
セントウルS勝ち馬は本番につながりにくいという評価は承知している。
しかし今年は本番に向けて順調に照準を合わせてきた実績馬はいない。スプリントGI勝ちのあるレッドファルクス、セイウンコウセイ、ビッグアーサーはいずれも休み明け、スノードラゴンは夏を使ってきたが成績不振で時計勝負にも不安あり。
ならば、ファインニードルにも十分チャンスはあると考える。

4番手以下にビッグアーサー、メラグラーナ、レッツゴードンキ、ワンスインナムーン。
上野のパンダの名前がシャンシャン(香香)に決まったので香港馬のブリザードも押さえよう(突然サイン派w)

ダンスディレクターも馬券に加えたいが、大外がどうしても引っ掛かる。

馬券はセイウンコウセイからの1頭軸3連複流しと思っているが、どこまで手を伸ばすか。
相手7頭か、ダンスディレクターも含めた8頭か。
それは当日の馬場状態と他に2鞍組まれている芝1200の結果を見て決めたいと思う。
 
 
 

 
 
 
上記に挙げた他にもフィドーシア、ラインミーティア、ダイアナヘイロー、シュウジ、どれも馬券圏内にきてもまったく不思議じゃないと感じる。
 
こんなに絞り切れないなら馬券買うな!ってレースw
 
 
それでも当日現場でレースを見るのに馬券を買わないとかあり得ないよな。
 
 
それができるようになればそうそう馬券でやられることもないとはわかっているのだが。
 
 
 
でも、それで競馬が楽しいのか?という疑問もありw
 
競馬は修行だ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

シリウスS(2017) 予想


 
なんだか展開が勝負を決めるレースになりそうだ。能力よりも展開に恵まれた馬が勝ち切れそうなそんなメンバー構成。

阪神ダ2000mは先行馬有利。

だが、今回のメンバーでは逃げ馬らしい逃げ馬も不在、先行した経験のある馬は何頭かいるが常に先行するというタイプも意外に少ない。

ならば昨年逃げ切り勝ちを決め、久々の前走も番手先行してそのまま2着に流れ込んだマスクゾロが軸としては向いているような気がする。

ただこのメンバーなら馬郡一団、4角からの上がり勝負になりそうでもあり、上がり3Fで速い脚を堅実に繰り出せるタイプも位置取りに関係なく要注意だろう。
 
その視点ならばモルトベーネが浮かび上がる。5か月半の休み明けがどうかだがしっかりと仕上がっていれば当然勝ち負け。

この2頭を上位に考えてマインシャッツ、ミツバ、トップディーヴォ、ピオネロ、穴でドラゴンバローズまで。
軸は・・・鞍上と枠順を考えるとモルトベーネのほうがいいだろうか。
馬連流しで。
 
 
 

 
 
 
明日のヴェロニカグレースは内枠の2番。
 
ん~、調教師は外目をスムーズに走らせたいとコメントしていたのでもう少し外枠が欲しかったところだろうか。
 
この枠ならスタートを決めてもらってできれば好位でレースをできるような感じになるといいのだが。
あまり大きな期待はしないで応援しよう。
 
スクリーンヒーロー産駒も2頭いるし、3頭の馬連かワイドボックスなんかで遊んでみようか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

スプリンターズS、リセットはサインにならないか?


 
スプリンターズSの出走予定馬をボンヤリと名前だけ見比べている。

GI馬が5頭いてGIレースらしい顔ぶれといえばそうなんだが、そのGI馬がどれもイマイチ中心馬という雰囲気がなく・・・

一応レッドファルクスが人気の中心ということになるのだろうか。
安田記念からの直行でマイルの流れからスプリントの流れに対応できるのかという心配はあるし、他のGI馬もそれほど信頼がおけるという存在もない。

なんとも難解である。
 

しかし案外こういう時こそ格を重視してGI馬5頭のボックスなんかで当たってしまうのじゃないか、などとも思うのである。
いや、さすがにスノードラゴンはないか。それなら4頭ボックスでいけるじゃないか。
馬連6点、3連複4点、、、なんだったら3連単24点でもいいかもしれないw

メラグラーナとかダイアナヘイローもそこそこ人気しそうだから、それなりの配当になりそうな気がするしガミることはないだろう。

面倒だからもうそれでいこうかw
 
 

いやいやそれよりも今週はサイン馬券で攻めてみるか。

おりしも衆議院解散、小池新党旗揚げにそれに民進党が合流するとかで実質的に民進党は死に体。こんなにサインになりそうなネタもなかなかないだろうw
 

ネット上では極めて評判の悪い小池都知事だが、選挙の情報・判断材料をテレビのワイドショーなんかで考える投票率の高そうな人たちには大きく支持されそうな気配がある。

マスコミも反安部の偏向報道に余念がないし地滑り的に希望の党が大勝、小池百合子が日本初の女性首相になんてこともあるかもしれない。(想像するだに恐ろしいが・・・

それなら狙いは牝馬だろうか。

ダイアナヘイロー、フィドゥーシア、メラグラーナ、レッツゴードンキ、ワンスインナムーン。

または希望の党のキーワード「リセット」に注目してブザード、イウンコウセイ、レツゴーンキなんていうのはどうだろうか。が濁ってるけど・・・

・・・あ~、くだらないw

もっとシンプルにプレゼンターとして来場する藤原竜也にかけて、藤原牧場の生産馬ダンスディレクター買っておけばいいのかもしれない。
または岡厩舎のビッグアーサーと上厩舎のセイウンコウセイでどうか。
 
 
 

 
 
 
今週はスプリンターズSの他にも重賞はシリウスSがある。
 
が、しかし。
 
ヴェロニカグレースの未勝利戦、スプリンターズS、凱旋門賞でけっこうお腹一杯の感じで登録馬する見ていなかったw
 
 
ミツバ、マスクゾロ、モルトベーネとマ行で始まる名前の馬に人気が集まりそう。
個人的には前走でその後コリアカップを圧勝したロンドンタウンに完勝しているモルトベーネが順当なんじゃないかと思うがどうだろうか。
 
続いてミツバ、マインシャッツ、ドラゴンバローズ、ピオネロあたりか。
 
マスクゾロは昨年の覇者だが、去年のように楽に逃げられるだろうか。それほど強力な逃げ馬というのも見当たらないのでハナを取り切れれば昨年のような逃げ切りもあるかもしれない。ただ実績があるだけに当然マークもきつくなるし2年連続の逃げ切りというのは想像しにくいが。
 
 
買うならモルトベーネからの馬連流しくらいになりそうだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

藤田伸二、復帰ならず


 
地方競馬騎手試験を受けていた藤田伸二、1次試験で落ちたそうな。
もう受けるつもりはないということらしく。
 

ホッカイドウ競馬での騎手復帰を言い出した時には「お世話になったオーナーのためにその人の馬に騎乗できたら恩返しになると思って」みたいなこと言ってたはずだけど、その程度の「想い」だったのねという印象を持ってしまうなあ。

騎手の時からそうだけど、マスコミの取材対応が悪いから記者からは評判が悪かったようで、今でもその辺の言葉足らずは変わらないみたいだな。損な人だ。

わかってくれる人だけがわかってくれれば良いという姿勢だから段々と良い馬が回ってこなくなって、それで騎手も辞めたんだろという感じもするし、ホントもったいない。

フェアな騎乗をするジョッキーだったから嫌いじゃなかったけどな。

まあ、北海道の自分のお店で細々と頑張ってくれとしか。
 
 
 

 
 
 
キャロットクラブの2次募集は盛況のようでもう残りは2頭。
1頭は地方競馬に所属するようだけど、もう1頭がディープインパクトの牡馬。母レーヴディマンはレーヴドスカー(レーヴミストラル、レーヴディソールの母)の全妹でどうしてこれが残ってるの?という良血。
 
他の馬がバンバン売れてるのに、ポツンと残ってると何がいけないんだろうかと思ったりする。価格なのか、厩舎なのか、馬体なのか。ま、でもこれもそのうち売れるんだろうな。
 
 
今週はいよいよ我がヴェロニカグレースが第2戦を迎える。
 
10月1日、スプリンターズSの日の中山第2Rの2歳未勝利・芝2000m戦。
デビュー戦は福島の芝1800m。中団後方の内々を追走して4角では後ろから4番手くらい。そこから直線だけで3着まで追い上げてきた。上がり最速の34.2。位置取りがもう少し前だったらと思うレースだった。
 

 
今度の鞍上は石橋脩から戸崎に手替わり。今度は人気になるんだろうな。ワクワクする。
 
 
ただ走りっぷりを見てると飛びの大きな走りをするし、東京開催まで待っても良かったんじゃないか?と思ったりするんだが。
 
でも、もしここを勝てば11月の東京の百日草特別なんていう路線も考えられるし、だから中山で復帰することにしたのかもしれないし、、、
百日草特別といえばアドマイヤミヤビ、ルージュバックが勝った出世レースだからなあ。更に期待も膨らむというものだ(妄想モードw)
 
 
いや~、楽しい。
 
一口やってる人たちはきっとみんなこんな想像をして楽しんでるんだろうなあ。
もっと早くからやってればよかったw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

一口、バブル期なのか


 
今日、キャロットクラブは2次募集を開始したようだけど、あっという間に残りが3頭しかいない模様。確か1次募集が終了した時点で25頭残ってたと思うが。
全盛期の嵐のコンサートチケットかよ(違う

うかうかしているとその余波を受けてシルクで残っているのも売れてしまうかもしれない。
引き落としのタイミングの都合で10月になったらもう1頭申し込もうと思っているのがいるのだが、月末まで残らないだろうか。満口近し、出てるしなあ。

他の一口クラブはどうなんだろうかと東サラ、ラフィアン、ウインのサイトを見てみたがそんなに軒並み満口ということもないようだが、これからどんどん売れていくのだろうか。

それとも単に社台・ノーザンF系ばかりが人気になっているだけなのか。
 

これから募集の始まるノルマンディーがどんな売れ行きになるのかが注目だな。
 
 
 

 
 
 
そういう意味では1万口近くも募集口数のあるバヌーシーはいつでも出資できる安心感はあっていいな。(自分が出資することは間違ってもないと思うがw)
 
 
もう一つ今年始まったワラウカドはどうなのだろうかと覗いてみた。
こちらは6頭募集していてまだどの馬も募集中、満口にはまだまだ余裕がありそうで慌てて申し込みなどはしなくても良さそうだ。2歳馬でも3頭のうち2頭がまだキャンセル待ちを受けてるくらいだし。
 
 
一方、一口といっても高額なサンデーレーシングは93頭中91頭が既に満口、G1レーシングは44頭中29頭が満口だ。
 
同じ社台・ノーザンF系でも良く売れるサンデーR、キャロットとそれほどでもないG1R、シルクといった違いが出ているようだ。
 
まあ、実際にGIレースで実績を出しているのはサンデーR・キャロットだし、シルクやG1Rはまだ実績が出ていないから、その差が反映されているといえばわかりやすいか。
 
 
しかし、シルクの募集馬も自分の気に入った馬に必ずしも出資できる可能性があるわけではなく、むしろ自分のような弱小出資者はその年に自分が一番出資したいと思う馬に出資できる可能性はかなり低いわけで。
 
予想はしていたが最初に自分が出資したいと考えていた募集馬は抽選に外れたので残った中から探すという作業になった。
 
それでも自分は意外とその作業が嫌いではない、というよりもむしろ楽しいかもしれないw
 
残っている中から走りそうな馬を見つける喜び、とでもいうのだろうか。
ま、実際にまだ走った馬を持ったという経験はないわけだが(笑)
 
 
Twitterでたまにシルクは出資実績優先だから自分の希望通りには出資できない不満を見掛けたりする。
 
ま、気持ちはわかる。
 
自分の大事なお金を使って出資するわけだから納得いかない形で出資などしたくない、というのは当然だろう。
 
でも、じゃ、それなら希望通りに出資しやすいクラブで探せばいいじゃないかということになると、それもまた違うんだろうな。
 
なんだかんだ言って大レースは社台系の牧場出身の馬が多く獲ってるから。そういう馬が多く集まるクラブの中から良さそうなのを探したい、ということなんだろう。
それなのに自分の出資したい馬に出資できないんじゃ意味がない、と。
 
 
でも、そんなにいい馬持ちたい!と思うなら、まず仕事頑張ってたくさん稼いでそしてたくさん出資実績作れるようにすることが先だし、それが嫌なら他のクラブに移ればいいだけだ。ネット上でいくら文句を言ってもたぶんクラブは方針を変更したりはしないだろう。
 
だって営利法人だから。
 
 
それができるようになるまでは自分でできる範囲で楽しみながら選んで、稼げるようになるまでに見る目を養うというのもありじゃないだろうか。
 
そうしているうちに社台系じゃない他のクラブで大物を見つけ出せるようになるかもしれない。ロードカナロアとかタップダンスシチーみたいな。
 
 
そのくらいのスタンスでやらないと一口も楽しく続けられないような気がするけどな。
 
 
そしてこんなに一口クラブが人気なのも一時的なものなんじゃないかという気もする。
たぶん、今はちょっとしたブームなんだと。何年かしたら落ち着くんじゃないかな。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!