平地重賞が3鞍というのは久しぶり、秋競馬も目の前だ


 
新潟記念、逃げ馬はウインガナドル1頭。上位人気になりそうなマイネルフロストも先行タイプだし、1番人気になりそうなアストラエンブレムも先行できるのでさほど緩いペースにはならないかもしれないが、隊列はすんなり決まりそうなメンバーなので前半は落ち着いた流れになりそうだ。

新潟の外回りだしラスト2Fの瞬発戦になりそうな気はするが、マイネルフロストはじっくり溜めても良さが出るタイプではないので意外と仕掛けは早くなるかもしれない。

それでもじっくり溜めれば確実に切れるアストラエンブレムが人気を背負い、それがじっくりと構えて脚を溜めれば他馬もその出方をうかがっているうちに、前に行った馬が予想外の粘りを見せる、などという先週の2歳ステークスのようなケースも考えられる。

馬場状態、コース取りも結果を大きく左右しそうだし、なんとも難しいレースになりそうだが今のところは人気でもアストラエンブレムを中心に考えている。

願わくば3月の大阪城ステークスのときのようにトルークマクトを連れてきてほしいのだが。
今回もトルークマクトは人気がなさそうだし、もしそうなったら好配当になりそうで嬉しい(笑)

 
 
 
 

 
 
 
 
土曜日の札幌2歳Sはカレンシリエージョとクリノクーニング、それとロックディスタウンが人気では3強の様相。
 
しかし、、。
 
コスモス賞2着のミスマンマミーアは強かったと思うけどな。道営所属のせいかあまり人気はないみたいだが中心馬の1頭と考えてもいいんじゃないかと思っているのだが。
 
道営ではクローバー賞を勝ったダブルシャープのほうが人気になりそうだが、そちらよりもミスマンマミーアの方を高く評価している。おもしろい存在だと思うけどなあ。
 
中央馬ではコスモインザハートも有力と思っていて、これらと上位人気馬とをどう組み合わせるか、そんなふうに考えているが。。。
 
 
小倉2歳Sはどれを中心に考えればよいのか。
 
除外もあるし、まだなんとも判断しがたいが出走できればモズスーパーフレアを中心にと今のところは思っているが。
 
 
日曜札幌メインの丹頂Sは信仰上の都合でトラストからw
 
でも応援血統というのを抜きにしても53kgなら能力的には勝負になるんじゃないか。
あとは春の連戦の疲れがしっかり抜けているか。タフな馬だから回復してくれていると思いたいが、ああいう使い方されると影響はけっこう後々まで残るものだから、それが心配。
 
先週は結果、収支が行ってこいだったので今週はしっかりと勝ち逃げをできるようにしたいものだが日曜日に二重賞あるし札幌メインにはトラストが出走するし、またまた悩ましいことになりそうではある。
 
ま、それが楽しいわけだけどw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ゴールドアクター、オールカマーを回避


 

 
ゴールドアクター、オールカマー回避の可能性が高いとの報。春の疲れが抜けきっていないのでジャパンカップ直行とか。ふむ。ジャパンカップを叩いて有馬記念狙いかと思わせておいて、実はマジでジャパンカップ狙いかも。休み明けは走るし。

しかし、間隔があるのに天皇賞秋は出走の選択肢には入ってこないのかw
デビューの2戦と4歳夏の復帰戦で2000mは走ってるけど、その後はずっと長い距離ばかりだからなあ。
テンのスピードがないわけじゃないからついていけないこともないと思うが、ただそうすると終いのキレ勝負では分が悪いというジャッジなのか。

府中の2000mでどんなレースをするかちょっと見てみたい気もするのだが。

マイラーと思われていたモーリスも制したレースだし、もしゴールドアクターがこなしたりしたらスクリーンヒーローは府中の2000mは実は無双ってことになるのではないか。
自身も人気薄ながら天皇所秋2着してる実績があるし、母系のダイナアクトレスの血は府中の中距離には強いと思うんだけどな。

 
 
 
 

 
 
 
 
夏競馬も残り1週となって、来週からは秋開催のスタート。
 
ということは3歳未勝利馬にとってはいよいよ大詰め。
この後も中央でレースができるか、地方に転出となるか、乗馬に転用となるか、良血牝馬であれば早々に繁殖入りするか、進路を強制的に決めさせられる時期になってくる。
 
スクリーンヒーロー産駒の現3歳でまだJRAに登録のある未勝利馬はキンシノスパーク、コノチヲツナイデ、タイセイラブリー、アイファーヒロインの4頭。
 
キンシノスパークは既に13回も出走しているし前走6着なのでスーパー未勝利になると出走も覚束ないので今週使ってくるんじゃないかと思う。新潟のダ1200辺りだろうか。
そこで勝ち上がるか悪くとも掲示板に乗るかしなければ、次はない。
 
尾花栗毛の綺麗な馬なのでなんとか頑張ってほしいと思う。新潟のダートは直線も長く追い込み脚質のキンシノスパークには向いていそうだが、1200mで追い込みを決めるにはかなりの能力がないと難しいコースでもある。なんとか5着以内を確保して、次の開催のラストチャンスに望みをつなげてほしい、などと出走してくるかどうかもわからないのに考えている。
 
また他のスクリーンヒーロー産駒3頭は前走はいずれも2桁着順。
 
成績を見ると厳しそうだが走ったのはまだ1戦ないし2戦。
スーパー未勝利になってもまだ出走はできそうだ。当然人気もないだろうし、ここらで一発決めてくれると配当的にもありがたいし、頑張ってほしいものだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

キーンランドC(2017) 回顧


 
新潟2歳Sは軸としたオーデットエールが伸びてくる気配が全然ないので直線は「ふ~ん」と落ち着いてみていたが、キーンランドCのほうは悶絶した。

軸にしたナックビーナスがロケットスタートからまさかの逃げ。先行するとは思ったがハナを取るとは思わなかった。
しかも直線に入っても後続は伸びあぐねている感じだし、これはなんとか3着には残りそうだぞ、さすがノリ!と思ってみていた。

直線に入って逃げ粘るナックビーナスを交わせそうなのがソルヴェイグ、大外からは11番人気のフミノムーンが長くいい脚で伸びてきている。
この3頭で決まったら130倍くらいにはなるはず!いいぞぉ~、と思ったら中からもっといい脚で伸びてきているのがいる。
なに、なに!?緑の帽子?モンドキャンノ?それじゃつまらないぞ、ま、でも当たるのなら良しとするかと思ったら勝負服にも緑色?違うじゃないか、え?なに?エポワス?マジか!?うわ~持ってないよぉ~~~~~なんだよ~~~~
 

終わってから確認するとエポワスは12番人気。
前走1番人気だったことを考えればさすがに人気を落とし過ぎの感じだし拾っておいてもいいかと思うオッズだったが、オープン特別でのあの敗戦ではちょっと手が出せなかった・・・
元々北海道では好走が多いし、前走は馬体重を減らしての凡走、馬体を戻した今回は鞍上も柴山からルメールへのスイッチと陣営は立て直してやる気十分だったわけで、その辺を見落としていたのは痛恨だった。

ほんと、悶絶したなあ。これだから競馬はおもしろいし、やめられない。

馬券は前日の中野省吾マイネルパラディと中谷マスクゾロで蓄えたプラスを吐き出すことになってしまったが、レース中はよしよしいいぞ!そのまま粘ってくれ!とドキドキしながら見ていたし、これならきっと取れるぞと思っているときの高揚感、そして直線の攻防で蒼白となる瞬間、ゴール後のやられたー!と思いながら浮かんでしまう苦笑い。

これも競馬だよなあ、おもしろいなあ、としみじみと負けを噛みしめていた。

そして必ず来週こそは!と思うのだ。その前に最終こそはと思うわけだがw
 
 
 
 

 
 
 
 
メインが終わった後は新潟最終を狙った。(札幌の最終・WASJ第4戦は期待していた中野省吾が思っていたほどの活躍ではなかったので冷静にケン。中央での経験の少なさが出てしまったか?)
 
新潟12Rにはスクリーンヒーロー産駒ラブターボに藤田菜七子。
鞍上不安だよなと思ったので軸はシグナリングにして相手を手広く8頭にしての3連複を購入。
 
見事に1,2,3着馬すべて持ってるという縦目を食らってその3連複が10万馬券。
 
う~ん、、、スクリーンヒーロー産駒応援隊がこの馬券をこういう形で取り逃がすのは極めて遺憾である。何をやっているのだ。 
単純にスクリーンヒーロー産駒を信じてラブターボからの3連複流しをしていれば簡単に取れてるんだ。12番人気3着のマンゴジェリーだってキッチリ拾っているのだから。
 
 
そもそも藤田菜七子を嫌っておきながら、東の斜行王・木幡巧也を軸にするというのが間違いのもとだ。深く深く反省すべき事案。
 
そして2年目ジョッキーで軸にしていいのはやっぱり荻野極だけだな(荻野極は小倉最終で7番人気馬で勝利を挙げこの日2勝の活躍)と改めて思い知る日曜日の夕暮れ時なのだった。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

キーンランドC(2017) 予想


 
キーンランドCはスプリント戦らしい逃げ先行馬が揃った。緩い流れにはならないだろう。
 
土曜日のレースを見ても芝1200mは差し追い込みが優勢。
ただ重賞レベルになると前に行く馬もそう簡単には止まらないから先行馬も軽視はできない。

ナックビーナスを本命に取りたい。

1200mでは安定して高いパフォーマンスを見せている。GIに入るとさすがにもう一押しが足りないがGIIIの1200mなら馬券園内に入るだけの力は十分にある。

このメンバー、この枠順なら内から前に行く馬を見ながら内に寄せてロスなく進み、直線で上手く前を捌ければ勝ち切るところまで十分にあると期待する。
 
馬券はワイド総流しでもトリガミにならないようにできそうだが、それではさすがに面白くないのである程度相手を絞っての3連複で取り組みたい。
 
イッテツ、ネロ、モンドキャンノ、ソルヴェイグ、ブランボヌール、フミノムーン、ヒルノデイバロー。
 
相手7頭の3連複1頭軸流し21点で。
 
 
 
 

 
 
 
 
WASJで注目する騎手として取り上げた中野省吾は初戦2着、2戦目11着で21ポイント。
4位で1日目を終えた。
 
今日の第3戦、第4戦でどこまで順位を上げられるか。最近では調教師や馬主の指示など聞かずに自分の思った通りに乗るというタイプ。こういう個性派には活躍してほしいものだ。
 
今日はWASJの2戦以外にも第1,3,4,5,6,7,9,11Rに騎乗する。今日は12Rすべてに騎乗するモレイラほどではないが、スポット参戦で10鞍もの騎乗があるというのは凄い。
現在リーディングを走る戸崎でも今日の騎乗は8鞍だ。
 
モレイラや戸崎に負けない活躍を楽しみにしている。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

新潟2歳S(2017) 予想


 
正直なところ2歳戦は得意ではない、ような気がする。

脚質は定まっていないし、ひと通り前走などをチェックしてみたりするが走っている姿を見てその才能を見抜く能力などない。

だから当てられる気がしない。
 

と言い訳をしておいて、印を打ってみよう。

1勝馬ばかりの一戦なので、出走各馬の勝ち上がったレースは全部確認した。

それでも各馬の差をはっきりと認識できるわけではない。それでも人気に差がつくのだから多くの競馬ファンはそれぞれ甲乙つけてるのだろうな。う~む。。。

さんざんレースを見て、馬柱に記載されている上がりタイムやTARGETの指数を比較して一応印を打ってみた。

その結果が本命は5番オーデットエール。

新潟2歳Sはやはり長い直線を活かして長く速い脚を使えるタイプを狙うべきなのだろうという前提で浮上してきた。

対抗に3番テンクウ。先行して速い脚を使えるタイプに見える。

3番手単穴に15番コーディエライト。逃げてしぶとく速い上がりが使える。2歳の今なら重賞を勝つだけの力はあるように思える。

以下、1番ムスコローソ、6番プレトリア、11番ラインギャラント、7番マイネルサルーン、8番フロンティアまで。

馬連流し7点を上位の印に配分多めにして。当たる気がしないけどw
 
 
 
 

 
 
 
 
ノーザンファーム天栄に放牧中のヴェロニカグレースは疲れも取れて順調に乗り込まれてるらしい。
 
次走は10月の東京か新潟と思っていたら、このまま順調なら10月1日のスプリンターズSの日の未勝利戦芝2000mを目標にするとのこと。
 
GIデーか。ちょっと混雑しそうだな。
初戦の追い込みぶりを見ると東京の長い直線のほうがいいんじゃないのかと素人は考えるが、コーナー4つのコースでこそあの末脚が活きるということなのかもしれないし、次は勝ち上がってくれることを期待しよう。
 
 
日曜日のスクリーンヒーロー産駒は札幌1Rのヒダルマ(鞍上・中野省吾!)、新潟7Rのサウンディングベル、新潟12Rのラブターボの3頭。
 
それと新潟9Rにダイナアクトレス牝系のベストアクター。
 
個人的にはベストアクターに一番期待している。なんとか重賞戦線を賑わしてディープインパクトの後継として種牡馬入りをしてくれないかと期待している。
 
これまでの3戦では1400mでしか勝てていないが、距離の壁を打ち破ってマイルでも強さを見せてほしい。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!