レース回顧「何とかの銭失い」 クイーンS、アイビスSD(2017)

クイーンS、逃げた馬が馬券になることが多いレースなので(というか札幌芝1800が圧倒的に逃げ先行有利なので)、クロコスミア本命にして相手7頭の3連複21点買いをしたら無印のトーセンビクトリーに間を割られてハズレ。

直線でトーセンビクトリーの福永が完璧にシャルールの邪魔をしていたので、これ昔の降着制度だったら△-○-◎で当たってたなあとも思ったが、だいたいハナをアエロリットに取られた時点で、こりゃダメだと思ってた。

予想としてはエダテルのノットフォーマルが外から競りかけてこなければ、クロコスミアが楽にハナを取ってあれよあれよの逃げ切り、なんて思ってたのにまさかのノリにそれをやられてしまった。

まあ、完敗だな。

それにしてもGI馬にあんなレースされたらGIIIなら何とか勝ち負けにならんか、と思っているレベルの馬では手も足も出ないよな。

ま、横山典弘ここにあり!というレースだったので面白いもの見せてもらったということで無理やり納得したw
 
 
 
 

 
 
 
 
アイビスサマーダッシュは、これやっぱりアレコレ考えてもフィドゥーシアで仕方がないよなという結論でフィドゥーシアからヒモ荒れ期待の馬連8点流し。
 
そしてきっちりとヒモ抜け。
 
 
残り1Fくらいまでは「あ~、これ相手はやっぱりレジーナフォルテかアクティブミノルか、安いけど仕方がないな」などと思っていたら、そこからピンクの帽子にピンクの勝負服がグングン伸びてきて「それはやめてくれ~!」と思ったら、頭まで差し切られてしまった。
 
 
ここで直千の西田かあ・・・と。それで馬連43倍は悔しい。
 
シンボリディスコとかレヴァンテライオンとか買うくらいなら西田買っておけよと反省しきり。
 
 
まあ、噛み合わないときはこんなものだよなあと。
 
 
 
ちなみに今日は昼頃から府中場外で馬友とのんびり馬券をやっていたのだが、自分の座っていた席から島を二つくらい離れたところに、レース中以外はひたすら喋っているジイサンがいて、「ほら、『何とかの銭失い』っていうだろ。その『何とか』がどうしても思い出せなくてさ、何だったかなあ~」と連れなのかたまたま隣に座った人なのかわからない人に大きな声で喋り続けていて、笑ってしまった。
 
それ、安物買いの銭失いですね、と教えたかったんだけど、席が離れてたので教えられず。
そのジイサンほどでかい声でいうのも躊躇われたしw
 
JRAはこういうこと言いながらず~っと馬券買いに来てくれるジイサン、大事にしてほしいなあ。
 
 
100円単位で買う大穴狙いの馬券なんかは、まさに安物買いの銭失いだもんな。
ほんとに貴重なお客さんだよ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

閃光特別

夏競馬最初の直千は古馬500万条件の閃光特別。

中心は4歳降級組のグラミスキャッスルで仕方がないだろう。
逃げ馬が揃っているがこのメンバーに入れば力が違う。逃げ争いを制して押し切りに期待。

人気馬から入るので相手には差し追い込みを中心に据えたい。
外枠に入ったコウユーココロザシを相手筆頭に、内枠だが直線競馬は上手い西田騎乗のミキノドラマーを3番手に、アースミステリー、パストラル、ダークプリンセスを押さえる。
馬連5点で。

これで明日のアイビスサマーダッシュの馬券の練習。
 
 
 
 

 
 
 
 
開幕週とあって芝の状態は絶好。
 
土曜日前半の芝レースは10レース中8レースで逃げ馬が馬券になっている。ペース次第では差し馬が上位を占めているレースもあるが、すんなり先手を取れると思える馬は重視したほうが良さそう。
 
どの馬が逃げるかを見極めるのが意外に難しかったりはするがw、各場とも展開を自信を持って見極められるレースに絞っていけば案外馬券は取りやすそうな気がする。
 
まあそううまくいかないのが競馬だが(笑)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ローカル真っ盛りと降級制度廃止

小倉である。
日曜日には注目の九州産馬限定の新馬戦がある。

テイエム5頭出しに、カシノ2頭出し、ヤエノ2頭出し(そしてカシノとヤエノの勝負服がw)、他に山下オーナー2頭出しに竹原オーナー2頭出し。
これで除外になったテイエムのもう1頭とかキリシマなどが出走してたら更にめんどくさくなっていたことに。
毎年恒例のことではあるけれど、九州産馬限定の実況を担当される方は大変だなと。

単純にレースを観てる側としては同じ勝負服が複数あって面白いなと思うけど。
 
 

そんな小倉開催、現役時代小倉の古馬平地重賞3レースを制覇し、現在は小倉競馬場で誘導場を務めているメイショウカイドウが今年の夏で誘導場を引退するらしい。

今は北九州記念が1200mになっているから、いわゆるこの小倉3冠を達成するのはなかなか難しいだろうなあ、というか3冠すべてに出走する馬もなかなか出てこないと思われ。

こういった小倉のメイショウカイドウとか函館記念のエリモハリアーみたいな限られた条件だと妙に走るというのが出てくるのもローカル開催の面白さだなあと思ったり。

なので今年の七夕賞を勝ったゼーヴィントにはGI戦線では活躍しないで、秋の福島開催の福島記念を勝ってもらって福島3冠を達成してもらいたいなあ、などとボンヤリ考えている。

そして引退後は福島競馬場で誘導馬を!
 

GIレベルでは厳しいくても、そういうところで個性が光る馬というのも魅力だよなあ・・・などと思ったりする夏である。

あ、こんな書き方するとゼーヴィントはGIでは通用しないと思ってるように見えるけど、けっしてそういう意図ではありません。

せっかく今、福島3冠の権利を持っているのでできれば達成してほしいなあと思っているだけなのでご承知おきくださいませ。
 
 
 
 

 
 
 
 
今日、4歳夏の降級がなくなることが決定された。
 
2019年からの実施とのことなので現2歳馬から適用になる。
 
 
2歳時に重賞を勝って、その後上のクラスで凡走を続けてしまうような成長力にかける馬にとっては引退が早まるようになるか。
 
また、下級条件なら好走するが昇級すると能力的に厳しいとわかっているようなタイプはあえて勝ちにはいかないというケースも増えそうだ(=1着賞金を狙うのではなく、2~5着の賞金を積み上げて投資資金を回収しようとする)。
 
ま、ルールにはどんなものにも良い面、悪い面があるから何とも言えないけど、一口馬主的には必ずしも勝ってほしい、という空気ではなくなるのだろうなあ。
3歳時に下手に勝ち上がっちゃうと逆に引退が早まるとかなりそうだし。
 
 
降級制度廃止だけで、負担重量の変更がなければ2019年からは夏競馬は3歳馬中心に考える形になって予想は楽になるかもしれないが。
 
でも、馬券的妙味は薄くなるのかもしれない・・・なんとも・・・う~む。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

アイビスSDはフィドーシアかなあ

新潟開幕週を飾るアイビスサマーダッシュ。

新潟が現在の左回りに改修され誕生した芝・直千、もうすっかり定着した夏の名物レースでありながら、秋のGI開幕戦スプリンターズSへのステップとしても重要な一戦。

と書いてから調べてみると、過去10年でアイビスSDをステップにしてスプリンターズSで馬券になったのは2013年の2着馬ハクサンムーンと2007年の3着馬アイルラヴァゲインの2頭だけだったw(両馬とも間にセントウルSを挟んでるし)

それほど重要ステップというわけじゃないのね。

どうも2004年にアイビスSD、スプリンターズSと連勝したカルストンライトオのイメージが強力すぎて。

でも当時はアイビスSDは連続開催の6週目だったし、スプリンターズSは泥んこの不良馬場だったからなあ。
 
 

今年はその新潟の直千の重賞に18頭がエントリー。

フィドゥーシア、ネロが人気、続いてアクティブミノル、レッドラウダ、レジーナフォルテといったところが上位人気。

別定戦だが負担重量は上が58kg、最軽量が51kgとハンデ戦のような様相を呈しているので過去ハンデ戦で好走しているようなハンデキャップホースには注意したいところ。

そういう意味では前走の韋駄天Sを勝っているフィドゥーシアは斤量も前走と同じ54kgだし中心視せざるを得ないかもしれない。
これで8枠にでも入ったら素直に軸に信頼か、人気だけど。。。

 
 
 
◎ デビュー戦を追い込み3着だったヴェロニカグレースはノーザンファーム天栄に放牧に出た。
ここまでデビューに向けて結構攻め込んできたので疲れが溜まっているのは間違いないとのこと。
 
調教師のコメントでは

「レース後に左前脚が少しモヤッとしたので、火曜日に念のためレントゲン検査を行いましたが、特に異常は見られませんでした。獣医の見解だと、おそらく若馬特有の疲れが出てきたのだろうということでしたし、ゲート試験合格後からデビューまで続けて使ってきた疲れがおそらく出てきたのだと思います。結果を残すことは出来ませんでしたが、直線はいい脚を使ってくれて初戦から目途の付くレース内容だったと思いますし、いい状態で出走することが出来れば自ずと結果は付いてきてくれるでしょうから、まずはしっかりと牧場で疲れを取ってもらいたいと思います。」

シルクホースクラブのサイトより

 
 
そうすると2戦目は秋の東京開催あたりか。
 
デビュー戦の終いの脚を見ると東京の長い直線は合っていそうな気がするし、しっかり疲れを取って万全の体勢で戻ってきてほしい。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

 

中京記念(2017) 予想

ヴェロニカグレースのデビュー戦は道中後方の内々を進み、あの位置でどうなのかと心配したが直線ではいい脚を見せて3着に食い込んでくれた。

あの末脚があればどこかで勝ち上がることもできそうだ。今後も無事に進んでほしい。
 
 

さて、中京記念。

ウインガニオンが2枠3番に入ったのでここはすんなりハナを取りそう。
ピークトラム、トウショウピスト、サンライズメジャーあたりも前に行きそうだが、競りかけていくとは思えず序盤は淡々とした平均ペースか。

土曜日の中京芝のレースを見ると差し追い込みが決まっているのでやはり終いにしっかり脚を使えるタイプが優位のレースになりそうな気はする。

となるとやはり人気のブラックムーンやグランシルクに目が行くのだがグランシルクは先に目を据えた緩めの仕上げに見えるし、ブラックムーンも休み明けの前走で見せたあの鬼脚をはたして立て続けに繰り出せるものなのだろうか。

だいたいハンデ戦の中京記念がそんなにすんなり上位人気で決まるとも考えにくい。

ならば。
 

牝馬のキレに期待してアスカビレンに本命を打ちたい。競馬コンシェルジュの辻三蔵と本命が被っているのが不安ではあるがw

前々走では牡馬を相手に牡馬を相手にオープン特別を上がり最速で勝っている。G3のハンデ戦なら能力的には足りるだろう。
中団の後ろから前をうまく捌いて抜け出してくることを期待する。

対抗にはグァンチャーレ。やはりスクリーンヒーロー産駒は印上位にしてしまうが、調教も絶好、展開が向けば久しぶりの重賞制覇も可能性ゼロではないだろう。

以下、マイネルアウラート、ブラックムーン、ダノンリバティ、グランシルク。
穴にケントオー、大穴でピンポンまで押さえてみたい。

 
 
 
 

 
 
 
 
函館2歳Sはナンヨープランタン、ダンツクレイオー、スズカマンサク、デルマキセキ、ベイビーキャズ、パッセの6頭で。
 
今日は函館と福島の新馬戦に2頭のスクリーンヒーロー産駒が出走。
函館のジェネラーレウーノは単勝1倍台の抜けた人気になっているがすんなり初戦勝ちを決めてくれるだろうか。
 
福島のスターリバーは5番人気くらいの模様。どちらも頑張ってほしい。
 
また中京9R渥美特別にもナムラマルが出走。ここは何とか勝ち上がって菊花賞に望みをつないでほしいところだ。
 
他にもダイナアクトレス牝系のトランプが函館1Rに、ヒドゥンパラメータが福島9R栗子特別に出走。
 
なかなか忙しい一日になりそうだ。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!