人優先主義

川崎から栗東中村厩舎に転厩して以来、

東スポ杯2歳S→朝日杯FS→シンザン記念→毎日杯→皐月賞→NHKマイルCと休みらしい休みもなく使われてきたトラスト。

どうやら次走はやっぱりダービーに向かう予定とのこと。

「馬の様子を見てだがダービーは特別なので出走する方向」というような記事を見た。これ岡田総帥の意向なんだろうけど調教師はどう思ってるのか。

壊したいのか?

丈夫な馬なのかもしれないが、重賞ばかり、それも毎日杯のあとは中2週、中2週でGIを使ってるのに更に中2週でダービー使うとか頭がオカシイとしか思えないのだが。

オグリキャップかよ!と思うような使われ方じゃなかろうか。

いくら素材が良くても、これでは馬が力一杯走ってはいけないと思うのではないだろうか、と素人ながらに考えている。

┐(´д`)┌ヤレヤレ
 
 
 

 
 
 
 
競走馬は経済動物だから、人の欲望のために走らされる側面を否定する気はないが、いくらなんでも酷いなと感じる。
 
 
人優先主義、なんだろうか。
 
 
2歳チャンプの調子が整わないからとダービー回避をあっさり決める藤沢和雄厩舎とは対照的である。
 
ただサトノアレスはダービーを回避して米GIベルモントダービー招待Hか、函館の巴賞が次走候補、というのも「え?」とは思うが(笑)
 
レースの格や世間の評価を気にしない、馬にあっていると思うレースを使っていく姿勢はさすがである。
 
米国GIと函館のオープン特別が並列に挙がるというのは面白すぎるが。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!