青葉賞(2017) 予想

世間はゴールデンウイーク突入らしいが、あまり関係ないので土曜日は淡々と仕事しながらシルクの追加募集をどうしようかと思案する週末になりそう。
 

青葉賞の予想を。

ポンと出ればタガノアシュラが逃げる形か。
他にも前に行きそうなタイプはいるが2400mだし流れは落ち着くだろう。
隊列もさほど長くはならないのではないか。
タガノアシュラが1頭だけ離して逃げる可能性はあるが他は馬群がまとまってスローの展開。
東京コースらしい瞬発力勝負になりそうな気がする。

鞍上の名前もあるのか上位人気はアドミラブル、トリコロールブルー、ポポカテペトルの3頭になりそうだが、ここはマイネルスフェーンに期待。

ずば抜けて早い上がりという印象はないが、ここまでコンスタント上位の上がりを記録しているし、ホープフルS2着、京成杯3着という成績はこのメンバーでは格上の実績。

これまで1800mを2戦したあとは一貫して2000mを使ってきているのも、ダービーを目標に途中で距離を縮めることなく使われているのが好感を持てるし、しっかり出走権を確保して本番に向かってほしい。

相手にはアドミラブル、ポポカテペトル、ダノンキングダム、トリコロールブルー、タガノアシュラ。

単勝、馬連流しで。
 
 
 

 
 
 
土曜日の東京5R、3歳未勝利芝1400にダイナアクトレスのラストクロップ・ベストロケーションを母に持つベストアクターがデビュー。
 
経験馬相手にどこまで走れるか。見せ場の一つもあればいいが。
 
ベストロケーションは重賞勝ちこそないものの京都牝馬S2着、キーンランドC3着と重賞でも好走歴があった。
ともに7番人気、8番人気という時の好走。オープンクラスでは人気薄でたまに好走し、人気になると来ないという応援している身としては嬉しいやら辛いやらという馬だった(笑)
 
2011年3月のポラリスSを16頭立て16着した後に引退、繁殖に上がったと思っていたがなかなか産駒が出てこなかったのでどうしているのかと心配していた。
 
ベストアクターは待望の1番仔で厩舎も母と同じ鹿戸厩舎。
ディープインパクト産駒だが母と同じ芦毛にでている。母父クロフネの影響が濃いのだろうか。
 
社台ファーム生産馬で血統的にも関係者の期待は高いだろうが、デビューがここまで遅れたことを考えるとまずは無事に走ってほしい。
 
 
ベストアクターは血統的にはスクリーンヒーローの従兄弟ということになるが、同じレースにはスクリーンヒーロー産駒のダブルディライトも出走。
 
こちらは昨夏に函館の芝1200でデビューし2戦を4着3着と健闘したがその後8ヶ月の休養。
3月中山での3戦目はダ1200に転じ12着大敗。
ひと叩きして再び芝に向かうここはいい走りを見せてほしいところ。
 
 
ベストアクター、ダブルディライトのワンツー!となってくれればこんなに嬉しいことはないが果たしてどうか。
 
期待を持って応援馬券を握って観戦したい。(仕事なので職場でこっそりグリーンチャンネルWebで観ることになるがw)
 
 
なお、土曜東京には他に4Rでアクトレス牝系のウラドラブルース(藤田菜七子騎乗)、7Rにスクリーンヒーロー産駒サリーバットマンが出走する。
 
こちらも頑張ってほしいところだ。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!