フローラS(2017) 予想


フローラS、難解である。

ホウオウパフュームは強そうだが人気だし、1月以来のレースだし、もちろん収得賞金900万円なので本気で権利取りにはきていると思うが本番に向けてお釣りも残しておきたいところだろう。
軸に据えたとしても頭で信頼がおけるかというとそこまでの信頼感はない。

フローレスマジックも外目の枠になってしまったし、これまでマイルで4戦、初の2000mが果たしてどうなのか。
一貫して左回りを使ってきていることは好感できるがこれも軸として信頼できるほどでもない。

ディーパワンサは休み明けとはいえ前走の6着は少々負けすぎの感。

何故か3番人気に押されているタガノアスワドは前2走の脚質を考えると目標にされて、直線で馬郡に飲み込まれそうな気がするし、アドマイヤローザは前走で距離を縮めたのは桜花賞を意識したのだろうが、陣営の迷いが悪い影響はないか。

どの馬も不安ばかりだw
 
 
 

 
 
 
このメンバーならば牡馬との重賞を2戦使い、着順はともに7着でも時計1つも負けていないビルズトレジャーだって十分勝負になるように思える。
さすがに勝春を軸にする勇気はないが。
 
スローになる可能性は相当高そう。
中間、エアレーションが施された馬場なので内前が絶対的に有利という状態ではないと思うが、ペースが緩いと考えるならやはり前で進められるタイプを重視したい。
 
スタートさえ決まれば。
枠順と鞍上、デビュー戦の経験値を買ってレッドミラベル本命で。
 
人気も手ごろ、1勝馬ならなんとか権利を取ってオークスに向かいたいところだろう。
2月に未勝利勝ちのあと桜花賞は考えずにオークスに目標を据えたローテーションを取っているところも良い(他馬もそんなローテーションが多いがw
 
相手にはホウオウパフューム、フローレスマジック、ディーパワンサ、ビルズトレジャー、ザクイーン、タガノアスワド、ヤマカツグレース、アドマイヤローザ。
 
出来れば軸1頭の3連複としたいところだが、買い目が多くなりすぎるので馬連8点で。
この券種選択が吉と出るか凶と出るか。
 
どちらの券種を選んでてもハズレ、という可能性が一番高そうではあるが。
 
未知の魅力に賭けてみる。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

マイラーズカップ(2017) 予想


今日はやっつけておきたい仕事があったので休日出勤。

そのため福島牝馬Sは予想はしたものの結局馬券は買わず、パソコンでレース観戦のみ。
しっかりハズれてたので買わなくて正解だった。仕事もたまには役に立つなw
 

さて、マイラーズC

上位人気のエアスピネルやイスラボニータは安田記念に向かう前の一叩きだろう。
狙うのは人気も下がるプロディガルサン。

東京新聞杯2着から距離を伸ばして凡走した前走は距離が長かったとみる。

ハイペースで引っ張るような逃げ馬もいないマイル戦。馬郡一団で進んでの瞬発力勝負なら能力全開で賞金を上積みできるはず。
ここで力を示して安田記念に有力馬の一頭として向かいたい。

相手にはフィエロ、ブラックスピネル、エアスピネル、イスラボニータ、ダッシングブレイズの5頭。

馬連流し5点で。均等買いでもそこそこの回収率はキープできそう。
 
 
 

 
 
 
土曜日のスクリーンヒーロー産駒は5頭が出走し、カガヒーローとレオイノセントの4着が最高着順。
サンラスベガス、ココロノキャンパス、サンオースティンは残念ながらの2桁着順。
 
日曜日は福島5Rのウインドブリバティと東京5Rのスターフラッシュ。(ともに未勝利戦)
 
両馬ともこれまでのレースぶりをみるとちょっと厳しいか。
 
馬券は買わずに生暖かい目で見守りたいw
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

ヴェロニカグレースの調教動画と福島牝馬ステークス


先日の近況更新に続いて、シルクで募集中の馬の最近の動画が公開されてた。

↓は4月4日に撮影されたヴェロニカグレースの坂路調教の様子

 

なかなかイイんじゃない?なんて思ったりするけど、よく考えたら調教映像を見て馬券を取った記憶などなくw
自分が思うイイなんてのはまったくあてにならないわけで。

ま、それでも今の時期に15-15が出来てるのはまずまず順調に進んでいるような気がする。

無事にデビューにこぎつけてほしいものだ。
 
 
 

 
 
 
土曜日の福島牝馬ステークスが楽しみだ。
 
過去5年、5回中4回が3連複は万馬券。3着内に1頭は人気薄が来ると思っていいレース。
それもただの人気薄じゃない。単勝人気二桁のそれも下のほうが馬券に絡んでくることも珍しくない。
昨年は15番人気が勝ち、13番人気が3着。
一昨年は13番人気が、3年前は16番人気が、そして4年前には10番人気がそれぞれ3着とこの4年間は3着にはずっと二桁人気馬が飛び込んできている。
 
穴党としては万難を排して3連複を買うべきレースだ。
 
これだけ荒れているとハンデ戦なのかと思うが意外にも別定戦。
今年は全馬54kgでの出走となる。真の実力が見抜かれていない人気薄が激走するのか、隠れた福島コース巧者がここぞとばかりに適正を示すのかはよくわからないが、人気がないからと言って軽視せずに、しっかりと検討しておきたい。
 
ま、このレースに限らずいつも人気薄の馬が突っ込んでくる要素はないかと馬柱を見ているが(笑)
 
 
JRAの今週の注目レース・福島牝馬ステークスのページでは前走2着馬の成績が目立つと書かれているので登録馬を見たところペイシャフェリスが唯一の前走2着馬。
しかも、netkeibaの予想オッズを見ると人気も11番人気と手頃?なので注目してみようかと思っているw
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

愛馬、応援馬のあれこれ


昨日、シルクの2歳馬近況が更新されていた。

愛馬・ヴェロニカグレースは現時点で馬体重491kg、引き続きノーザンファーム空港の屋内坂路コースで週2回キャンター2本の調教をしている模様。
近況には次のように書かれている。
 

順調に乗り込めていることで、全体的に成長が窺え、それが馬体や筋肉に表れ始めています。トモに意識が行くようになり、元々ストライドの大きな馬ですが、走りに芯が入ってきたことで、より良い走りが出来るようになりました。ハミ受けに対しても良化しているので、今後は更に良くなってくるでしょう。ただ、メンタル面がまだ幼いので、もう少し余裕が出てくるようなれば、走りにも向上に繋がってくると思います

シルクホースクラブのサイトより-

 

「そうですか、成長が窺えますか。ストライドも大きいんですね。これは東京競馬場向きになるでしょうか。オークスに間に合うかなあ・・・」
 
 

などと妄想しているときが一番楽しいのかもしれない。
 

一つ上の3歳馬は既に牡牝とも1冠目が終わり、レーヌミノル、アルアインというタイトルホースが誕生し、世代の頂点を決めるクライマックスに向けて残りも1ヶ月あまりとなっている。

来年の今ごろはどんな気持ちで3歳クラシック路線を眺めているのだろうか。ちょっと想像がつかない。

たった1頭にしか出資していないし、その1頭も続々と満口になっている馬がいる中で未だ絶賛募集中というあまり期待されていない存在なのに、単純に楽しみだなあと思える不思議。
 

冷静に見て、さほど活躍が期待できるとも思っていないし、デビューできたら御の字だろう、もしその日が来たらできることなら現場に足を運びたい、くらいにしか考えていない。

それでも、もしかしたらクラシックに出走するかもしれないとか、重賞で好走することがあるかもしれない、そのときはスーツを着て競馬場に行かなくちゃ、などと思うのは楽しくて仕方がない。

こうなってくるといわゆる一口沼の入り口に立っている、ということのなるのだろうか。
秋にはまた別の1歳馬への出資を検討しているのだろうか。

Twitterのタイムラインにいる一口沼の諸先輩方は最初に出資したときはどうだったのか聞いてみようか。
 
 
 

 
 
 
一方、追いかけ続けている血統、ダイナアクトレスに遡る血統はスクリーンヒーローがでて、その仔モーリスも種牡馬入りしてしばらくは楽しみに応援し続けることができそうだ。
 
スクリーンヒーロー産駒も最近では毎週4~5頭は出走してくれるおかげで、ドキドキしながら見続けることができている。
 
ダイナアクトレス牝系はこれから出走は少なくなってくるだろうが、スクリーンヒーローが、そして今後はモーリスが更に枝葉を広げてくれるだろう。
毎週毎週無条件に応援したい仔がいるというのは競馬ファンとして幸せなことだと思う。
 
今週はGIも一休みだが、土曜東京のオアシスSにミュゼエイリアンの登録があるし、来週の天皇賞春には再びゴールドアクターが出走予定だ。
 
去年一昨年ほどの勢いのないスクリーンヒーロー産駒だが、先週はウインベラシアスとマイネルパラディが勝ち星を挙げ、先々週もグレイスニコが勝ち上がった。
 
JRAでは今年に入ってしばらくは勝ち星を挙げているのがミスズスター1頭のみという寂しい状況だったが、4月になってからポンポンと良いリズムになってきたと思う。
 
来週の天皇賞も人気は落とすだろうが、楽しみに期待を持ってゴールドアクターを応援したい。
 
ちなみに今日はスクリーンヒーロー13歳の誕生日。いい誕生日を迎えられたかな。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

皐月賞(2017) 回顧


皐月賞は中山競馬場で観戦してきた。


*おなじみ無料給茶コーナー


*いつも思うけどこういう注意書きがあるということは、ここでうがいする人がいるってことなんだよね
中山競馬場が生活空間なの?という人、ちょいちょい見掛けるからな。。。

 
 

皐月賞、予想は清々しいほどの完敗。上位3頭1枚も買ってなかったw

レース直前にはトラストの単勝オッズが140倍まで上がっていたのを確認していたので(最終オッズは153倍)、ワクワクしながらレース見てたが。

序盤は内からマイスタイルが行ってトラストは2番手か、なんて予想をしていたがアダムバローズがハナを取る展開。
想定していた逃げ馬は違ってたけどトラストの2番手は同じだったし、わりと気持ち良さげに走っていたので案外ゴール前まで持つんじゃないかと思ったが、やはりあの早い時計では厳しかったか。
それでも4角では先頭に立ち、一瞬は「おっ!?もしかして」と思わせてくれたので応援隊としてはまずまず満足。

残り200mのあたりでファンディーナが先頭をうかがう場面もありやっぱり強かったか!と思ったがそれも一瞬。

これまでスローの経験しかなかったことが死角だったのか、今年の3歳牝馬は強いと言われていたがやはり牡馬とは力の差があったということなのか。
それとも皐月賞のように底力が問われる展開は、キレ味勝負を得意とする牝馬よりも牡馬に向くということか。

ファンの期待も高かっただけに少し残念な気もする。
このあとファンディーナはオークスに行くのか、ダービーに行くのか。
どちらにしてもスローに流れがちな府中の2400mは皐月賞よりは向くと思う。この一戦だけで評価を大きく下げる必要はないだろう。

勝ったアルアインは毎日杯からの参戦。
前哨戦の弥生賞、スプリングS、若葉S、毎日杯の4鞍の中では、毎日杯を時計面では最も高く評価している向きもあったが、オッズ的には完全に盲点。

もっともその毎日杯で5着惨敗したトラストの単勝に少なからず期待し、本命にスプリングS2着のアウトライアーズを推す予想をしているのだから、時計の早い馬場でこそのアルアインに手が出ないのは当然。

土曜日から芝コースは前週までとはまったく違う早い時計になっていることをわかっていながら、予想の前提を変えられないのは今後の課題と言うか、その頭の硬さをなんとかしろと自分に説教したい。

そんな早い馬場だから2着にペルシアンナイト、3着ダンビュライトが差してきているのも終わってみればとても納得のいくレースではあった。

それにしても池江厩舎のワンツー、やはり厩舎力の高さは侮れないし、そしてやっぱりディープインパクトなのねとつくづく。。。

この皐月賞の結果が果たしてダービーにどうつながるのか。

本当の大目標に向けてますます混沌としてきた感じのする3歳牡馬戦線ではある。
 
 
 

 
 
 
阪神6Rのマイネルパラディ、期待に答えての勝利。もしかしてNHKマイルCに向かえないか?などと思ってしまうが、ちょっと厳しいだろうか。
 
一応、応援馬券と称して1着固定の3連単フォーメーション8点を買ってみたが残念ながら2,3着が裏目。惜しくも万馬券を取り逃がした。
かといって単勝2.1倍を買っても仕方がないし、これはまあ納得。悔しいけどw
 
この日は2レース直前に競馬場について、バラバラと馬券を買っては見たものの皐月賞までまともな的中がなく、中山4Rでトリガミの的中があるのみ。
 
最終で珍しく勝負して大きく取り返せたけど、馬券は厳しい一日だった。
 
今週からは東京・京都開催だし、あまり捻らずにもう少し素直な馬券が買えるように頭を切り替えよう。
捻るなら福島のレースかな。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!