天皇賞・春(2017) 予想


ベストアクター、優勝\(^o^)/

昨日、とにかく無事に、願わくばいいレースをという記事を書いたけどw、期待以上の結果を出してくれた。

道中は中団の内を追走し、直線半ばでしぶとく馬郡の中ほどを割って残り1Fあたりで先頭に立つとそこから力強く伸びた。

初戦でこういう勝ち方をしてくれると期待も膨らむ。
クラシックに間に合うタイミングではないし、初戦が1400mということを考えてもマイル前後を使っていくことになるのだろうが、来年の春くらいには安田記念を目指すような存在になってくれるといいなあ。
 
 
それはさておき天皇賞の予想

明日は東京競馬場で観戦するので今のうちに現時点での予想を。

とはいっても、信仰上ゴールドアクター中心になってしまうのだがw

どうしたってキタサンブラックかサトノダイヤモンドのいずれかが本命、という予想に落ち着きそうだが過去2強対決で2強でそのまま決まることもなかなかないのはスポーツ新聞などでも散々書かれているわけで。

ならば逆張り的に2頭の馬連1点にドカン!というのもアリな気はするが、穴党はそれではつまらないと思うから、やっぱり違うアプローチを探すわけだ。
 

逃げてどこまでと腹をくくれるヤマカツライデンが大外枠。
内枠に入った人気のキタサンブラックは自分のペースで先行するだろうから、ヤマカツは外からある程度勢いをつけて先頭に立つことになる。

スタミナを活かす競馬をしたいファタモルガーナ、ラブラドライトといった先行馬がいるし、キタサンブラックも前々で競馬をするであろうことを考えると案外厳しいペースになる可能性は高いのではないか。

サトノダイヤモンドも有馬記念での勝ち方を考えると前々の競馬をしそうな気がする。

ならば直線に賭ける人気薄が穴をあけるのではないか。

狙って面白そうなのはトーセンバジル、ワンアンドオンリー、アルバートの3頭と思っている。
 
 
 

 
 
 
自分の馬券の印は、、、
 
☆ゴールドアクター(これは買わないわけにはいかないのだw)
◎シャケトラ
〇キタサンブラック
▲サトノダイヤモンド
△アルバート、トーセンバジル、ワンアンドオンリー
 
 
だが、買うと決めてるのはゴールドアクターの単勝だけ。
 
ゴールドアクターからの馬連流しやシャケトラ、キタサン、サトノへの3連単マルチ、△の複勝なども考えてはいるがなかなか決められない。
 
 
ただ決めているのはキタサンとサトノの両方が馬券に入る組み合わせは3連系も含めて買わない。
 
この10年の天皇賞春の歴史を見ても、もっと昔からの2強対決を思い起こしてもそんな簡単には決まらないのが競馬だと思うから。
 
それに配当的にもそれではつまらないし(笑)
 
 
ホントに2強のワンツーで決まったら、イイもの見せてもらったと納得して買った馬券代はJRAに進呈しようw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

青葉賞(2017) 予想


世間はゴールデンウイーク突入らしいが、あまり関係ないので土曜日は淡々と仕事しながらシルクの追加募集をどうしようかと思案する週末になりそう。
 

青葉賞の予想を。

ポンと出ればタガノアシュラが逃げる形か。
他にも前に行きそうなタイプはいるが2400mだし流れは落ち着くだろう。
隊列もさほど長くはならないのではないか。
タガノアシュラが1頭だけ離して逃げる可能性はあるが他は馬群がまとまってスローの展開。
東京コースらしい瞬発力勝負になりそうな気がする。

鞍上の名前もあるのか上位人気はアドミラブル、トリコロールブルー、ポポカテペトルの3頭になりそうだが、ここはマイネルスフェーンに期待。

ずば抜けて早い上がりという印象はないが、ここまでコンスタント上位の上がりを記録しているし、ホープフルS2着、京成杯3着という成績はこのメンバーでは格上の実績。

これまで1800mを2戦したあとは一貫して2000mを使ってきているのも、ダービーを目標に途中で距離を縮めることなく使われているのが好感を持てるし、しっかり出走権を確保して本番に向かってほしい。

相手にはアドミラブル、ポポカテペトル、ダノンキングダム、トリコロールブルー、タガノアシュラ。

単勝、馬連流しで。
 
 
 

 
 
 
土曜日の東京5R、3歳未勝利芝1400にダイナアクトレスのラストクロップ・ベストロケーションを母に持つベストアクターがデビュー。
 
経験馬相手にどこまで走れるか。見せ場の一つもあればいいが。
 
ベストロケーションは重賞勝ちこそないものの京都牝馬S2着、キーンランドC3着と重賞でも好走歴があった。
ともに7番人気、8番人気という時の好走。オープンクラスでは人気薄でたまに好走し、人気になると来ないという応援している身としては嬉しいやら辛いやらという馬だった(笑)
 
2011年3月のポラリスSを16頭立て16着した後に引退、繁殖に上がったと思っていたがなかなか産駒が出てこなかったのでどうしているのかと心配していた。
 
ベストアクターは待望の1番仔で厩舎も母と同じ鹿戸厩舎。
ディープインパクト産駒だが母と同じ芦毛にでている。母父クロフネの影響が濃いのだろうか。
 
社台ファーム生産馬で血統的にも関係者の期待は高いだろうが、デビューがここまで遅れたことを考えるとまずは無事に走ってほしい。
 
 
ベストアクターは血統的にはスクリーンヒーローの従兄弟ということになるが、同じレースにはスクリーンヒーロー産駒のダブルディライトも出走。
 
こちらは昨夏に函館の芝1200でデビューし2戦を4着3着と健闘したがその後8ヶ月の休養。
3月中山での3戦目はダ1200に転じ12着大敗。
ひと叩きして再び芝に向かうここはいい走りを見せてほしいところ。
 
 
ベストアクター、ダブルディライトのワンツー!となってくれればこんなに嬉しいことはないが果たしてどうか。
 
期待を持って応援馬券を握って観戦したい。(仕事なので職場でこっそりグリーンチャンネルWebで観ることになるがw)
 
 
なお、土曜東京には他に4Rでアクトレス牝系のウラドラブルース(藤田菜七子騎乗)、7Rにスクリーンヒーロー産駒サリーバットマンが出走する。
 
こちらも頑張ってほしいところだ。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

9番人気で走る?スクリーンヒーロー産駒


netkeiba.comのゴールドアクターの掲示板がなんだか盛況で笑う。なんだかんだファンが多いけど比例してアンチも多いのねw
今のところフロック視されても不思議ないくらいのGI・1勝馬なのになあ。。。
 

閑話休題

前から思ってたのですがスクリーンヒーロー産駒って9番人気の時に不思議と好走してることが多くないか?と感じてたのでTargetで調べてみた。

先週日曜日も東京競馬場でスターフラッシュが9番人気で勝ってたしね。
 

スクリーンヒーロー産駒の人気別成績(JRA出走産駒全馬の成績)
 

こんなん出ました。
まだスクリーンヒーロー産駒が走るようになって4年ほどなのでJRA出走全馬の成績で調べてみた。
 

1~2番人気で勝率連対率が高いのは当然として、やっぱり9番人気のときに妙に好成績w

あと6番人気のとき意外に成績がいい。なぜ?
 

↓ちなみに直近1年間のJRA全レースの人気別着順はこれ


 

やっぱり勝率連対率などは人気が落ちると下がってくるのが普通なわけで。
 
なのになぜスクリーンヒーロー産駒は9番人気で走るのか?

やっぱりオヤジがジャパンカップを9番人気で勝ったから?
そんなオカルト的な結論でいいのか?

それともまだ出走している産駒数が多くないからで、これから数が増えれば普通に一般的な形に収束してくるのか。

他の種牡馬も最初のうちはこんな特徴のある種牡馬もいるのか?
他の種牡馬について調べたことがないからわからない。興味のある方は是非調べてみてください。そして教えて欲しいw
 

とりあえずこの結果を見て思ったのは天皇賞春でゴールドアクターが6~9番人気くらいに収まってくれないだろうかと。

今のところnetkeiba.comの予想オッズだと6番人気だけど。しかしそんなに人気落ちますか。シャケトラより人気が下なのはまあ分かるけど。

シュヴァルグラン、レインボーラインよりも下とは。そしてなぜかアドマイヤデウスが10番人気って。。。人気ってわからないなあ。

ま、だから好配当も生まれるわけだけど。
 
 
 

 
 
 
今回、人気別の成績を調べてみてわかったのは3~5番人気のときは応援とはいえあまり期待しないほうが身のためだなあ~とw
 
むしろ6~9番人気のときにしっかりチェックしておきたいなと。
 
 
そしてやっぱり9番人気のとき。
9番人気で勝率9.0%って凄くない?
やっぱりジャパンカップを9番人気で激走した血が9番人気に燃えるのかな。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

天皇賞・春(2017)枠順確定


天皇賞の枠順が確定

ゴールドアクターは6枠12番。もう少し内目が良かったけど、去年よりはマシか。
ノリがどんな騎乗を見せてくれるか。楽しみ。

それにしてもキタサンはいつも内枠だな。JRAに袖の下でも渡してるのか?w

1-1 シャケトラ(田辺・角居)
1-2 ラブラドライト(酒井・齋藤崇)
2-3 キタサンブラック(武豊・清水久)
2-4 スピリッツミノル(幸・本田)
3-5 ファタモルガーナ(浜中・荒川)
3-6 シュヴァルグラン(福永・友道)
4-7 アルバート(川田・堀)
4-8 タマモベストプレイ(吉田隼・南井)
5-9 ディーマジェスティ(蛯名・二ノ宮)
5-10 アドマイヤデウス(岩田・梅田)
6-11 プロレタリアト(杉原・小島茂)
6-12 ゴールドアクター(横山典・中川)
7-13 トーセンバジル(四位・藤原英)
7-14 ワンアンドオンリー(和田・橋口)
8-15 サトノダイヤモンド(ルメール・池江)
8-16 レインボーライン(デムーロ・浅見)
8-17 ヤマカツライデン(松山・池添兼)
 
 
 

 
 
 
サトノダイヤモンドはこの外枠をどうこなすか。
けっこう厳しい枠になってしまった感じ。
 
シャケトラが最内に入って、これはかなりチャンスがあるんじゃないだろうか。頭で買ってもいいなと思う枠順。
 
今回は人気にならないだろうけどディーマジェスティやアドマイヤデウスなんかも怖い気はするなあ・・・
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

JRAのCM


昨日、週刊競馬ブックに投稿されていたJRAのCMに対する痛烈な批判がTwitterで流れてきて笑った。

↓このシリーズのCMのことね。

フェブラリーS編

 
皐月賞編

 
大阪杯編

 
天皇賞・春編

自分は面白いと思ったけど。柳楽優弥、よくこの役を引き受けたなとかw

実際、競馬知らない人はこんな感じだろう。

自分も競馬を全然知らない友人を連れて大井競馬場に行った時、最初にパドックを見て「意外と狭いところで走るんだね」って言われたことあったしw

それにCMを作成する人がいちいちその対象に愛情だの誇りだの持ってられないんじゃないかな。そんなことしてたら仕事にならないと思うw
 

ただこのCM、競馬ファンの見る番組や競馬場、ウインズで流しててもあまり意味はないかもなと。競馬知らない人に興味を持ってもらうためのCMなんだろうし。
 
 

以前の大泉洋がやってたCLUB KEIBAの時、夏のローカルバージョンなんかは見てると旅打ちに行きたいなあと思って実際に行くようになったし、全般的にJRAのCMは案外イイのが多いと思うし、それなりに効果もあるんじゃないかなと。
 
 
ただ、この手のものに対する感じ方は人それぞれだから反発があるのも仕方がないんだろうけどね。

 
 
 

 
 
 
懐かしのCLUB KEIBA
 

 
このシリーズはかなり好きだったな。
 
 
最近のだとコレがお気に入り、夢の第11レース
 

 
みんなそれぞれに好きな馬、思い出の馬があって、それぞれが思う最強馬がいて。
 
グッとくるCMだよなあ。競馬を好きでよかったと感じるCMだと思う。
 
 
 
あと一青窈のハナミズキをBGMにした馬の成長を追うシリーズのCMも良かったし、高倉健と裕木奈江のシリーズも好きだったなあ。
 
 
それらに比べれば今年のCMは確かに既にどっぷりと競馬にハマっている我々には「ん?」と思うところはあるけど、ターゲットが違うからね。
 
競馬週刊誌を買って読んでいるような人は「馬鹿だねぇwww」って言っておもしろがって見てればいいんじゃないかとw
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!