ホワイトマズルの訃報を聞いて


昨日届いたホワイトマズルの訃報

90年代前半は自分も一番熱中して競馬を見ていた時期なので、先日のミホノブルボンもそうだがこの頃に活躍していた馬たちの訃報はやはり寂しいものだ。

ホワイトマズルはスマイルトゥモローやアサクサキングス、イングランディーレなどGI馬を何頭も送り出しているが、強烈な印象を残しているのは初年度産駒のビハインドザマスク。

確かセントウルステークスだったと思うけど、馬群の中から狭い隙間をこじ開けるようにして追い込んできた脚は強烈だった。
ブラックホークやマイネルラヴといった牡馬を相手に牝馬がこんな勝負根性を見せるなんてと驚愕した。

すっかり惚れ込んで次走のスプリンターズSは当然の中心視。後方から全然伸びてこなかったのもショックだったし、単勝2万馬券のダイタクヤマトの逃げ切りってなんだよと呆然としていたのも懐かしい思い出w

ホワイトマズルはブルードメアサイアーとしてもスマートレイアーやオメガヴェンデッタ、トーセンベニザクラといった重賞勝ち馬が出ているし、我らがスクリーンヒーロー産駒ではクライスマイルが母父ホワイトマズル。

後継種牡馬としてアサクサキングス、ニホンピロアワーズ、シルポートなどいるが、しばらくはBMSとして存在感を示していきそう。
 
 
 

 
 
 
昔、勤めていた会社にGIレースだけは買うという同僚がいて、その彼は血統派だったのだけど、よくサンデーの肌にホワイトマズルは中山の芝1800~2000に強いと言っていたのを覚えている。
でも実際のところはどうだったんだろうか。
 
シャドウゲイトなんかは確かに金杯を勝っているし、シルポートも中山記念2着とかあったけど。
 
検証はしたことがないけど、当時はサンデー肌のホワイトマズル産駒が中山芝に出走しているとちょっと気にしていた。
でもそれで馬券を当てた記憶はあまりないw
 
確か武豊が凱旋門賞に騎乗したのもホワイトマズルが最初じゃなかったかっけ?
 
当時は今ほど簡単にネットで海外の競馬が見られるという環境でもなかったので、ホワイトマズルが走っている姿を見たのはジャパンカップに出走したときだけ。
それも2番人気でなかなかの惨敗だったのでw、種牡馬としては実際どうなんだろうと思っていたけどなかなかの存在感だった。
 
ま、社台としては期待ほどではなかったのかもしれないけどw
 
後継のニホンピロアワーズがダートで強い産駒を出して、アメリカに遠征したりすると面白いんだけどなあ。
 
確かシャドウゲイトやアイルランドで、イングランディーレは韓国で種馬場入りしたはずだし、ヨーロッパから日本、そして世界へみたいな感じで広がっていくの、楽しいと思う。
血統の不思議、ここにありみたいな感じで。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中山記念(2017) 回顧


昨日の中山記念

あれこれ考えた挙句にこのブログで予想を書いはずなのに、記事をアップしたあとにこんな思いに至るというw

そして結果は札幌記念を勝ったネオリアリズムが勝ち、安田記念を勝ったロゴタイプが3着。

いったいなんなんでしょう。

記事に予想を書いた以上、その予想にもとづいて3連単フォーメーションを買ったわけですが、思いついてしまったので2頭の馬連ワイドも少々購入。

んで、結果そちらに救われるという。

ラッキーと言えばラッキーですが、なんともはや。

ゴール前では自分の予想そっちのけで「ロゴ2着に残れ!」って思いましたけどね。馬連45倍くらいついてましたからw
もっとドカンと馬連ワイド各1点で勝負してたら熱かったろうなあ

レースは予想外にロゴタイプがハナに立つ展開。

さすが田辺w

12.6 – 12.2 – 12.6 – 12.9 – 11.1 – 11.6 – 11.6 – 11.3 – 11.7

ラップを見ても何この前半の流れ、如何にもトライアルという感じ。というか前半緩すぎ。で5ハロン目に一気にペースが上がってその後は最後まで11秒台。中団から後ろに構えた組はレースがしにくそうな流れ。

前半はあまりの遅さに業を煮やしたかマイネルミラノが向こう正面でハナに。ネオリアリズムも引っ掛かりながら上がっていくもなんとか2番手におさまる。

こんなに引っ掛かってたら終い脚なくすだろうと思いながら見てたけど、そんなこともなく。
デムーロが上手いのか、馬の本格化が我々の想像以上なのか。

いずれにしても大阪杯の参考にはならなさそうなトライアルだったし、アンビシャスは本番に向けてどこまで仕上げられるか。中距離路線では中心馬の1頭という見方は変わらないが。

ただドバイ連覇を狙うリアルスティールはこのレースぶりじゃ厳しそうだなあという印象しかない。

ヌーヴォレコルトはこれまでよく頑張ったし、そろそろ次の仕事に向かっても良いんじゃないかな。
 
 
 

 
 
 
 
阪神最終のミスズスター。
 
まさか昇級初戦であんな強い勝ち方するとは思わなかった。
なにこれ、本格化してきたの?スクリーンヒーロー産駒の成長力?
 
と我が目を疑った。武幸四郎の最後のレースなのに幸騎手まったく意に介せずw
 
昇級戦だしそれほど信用してなかったので馬連を少ししか買ってなかった。
単勝にガツン!と入れておけばよかったなあとメチャクチャ後悔。
 
今年の産駒の中での上がり馬はこの馬か。
ただこれまで距離は1400までしかこなしてないから目標のレースをどこに置くかが難しそう。
 
ダート路線のスクリーンヒーロー産駒は他にヨヨギマック、プロトコル、クライスマイルといるのでなかなか層が厚くなってきた。
 
もうすぐゴールドアクターも戻ってくるし、準オープン、オープンでの産駒の活躍も期待できそうで楽しみになってきた。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

阪急杯(2017) 予想


ミッキーアイルが引退、ダンスディレクターが故障、ビッグアーサーも脚部不安と有力馬が次々に戦線離脱して混とんとしてきたスプリント路線。

阪急杯を勝てば高松宮記念の有力馬に大きく浮上してくる、ということになるんでしょうか。

メンバーを見るとこれといった逃げ馬もいなくあまりペースは上がらなさそう。
開幕週とあって前に行けるタイプに有利な流れか。

となると人気でもシュウジには逆らえない。

嫌うなら前走阪神カップでもスタートいまいちで上がり最速ながら5着に敗れた2番人気のロサギガンティア。
人気馬からヒモ荒れを狙う馬券で。

◎シュウジ
〇トーキングドラム
▲ムーンクレスト
△ブラヴィッシモ、テイエムタイホー、ダイシンサンダー

◎からの1頭軸3連複流し10点で。

 
 
 

 
 
 
 
昨日のスクリーンヒーロー産駒は
中山3Rタイセイエピローグ4着、小倉8Rコスモラパン4着、アーリントンCのカロス11着。
 
カロスはまあ予想通りに逃げて予想通りに直線沈んでいくレース(笑)
タイセイエピローグとコスモラパンは・・・惜しかったなあ。特にタイセイエピローグは人気もなかったのでちょっと期待して買ってたのだけど。
 
 
今日は中山8Rにココロノキャンバス、阪神12Rにミスズスターの2頭。
 
ミスズスターは昇級初戦なのに単勝4番人気とそこそこ人気しててちょっと意外w
 
無事にいいレースをしてきてくれれば。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中山記念(2017) 予想


中山記念

先手を主張しそうなのは11番クリールカイザーと2番マイネルミラノ。
ともにハナにこだわるというイメージはないが、このメンバーでは前に行ってどこまで粘れるかというタイプなので後続を引きつけての逃げよりも、できれば離して逃げたい2頭。

人気薄なので後ろの組が牽制しあえばまさかの逃げ残りというパターンもなくはないが、ロゴタイプやリアルスティールはある程度は前目に位置するのでそうそう楽には行けなさそう。

前売り段階で一番人気になっているアンビシャスの末脚を警戒して、その前にいる有力馬が逃げる2頭をノーマークにしてしまえば前々の競馬になるかもしれないが。

その可能性は低いだろうな。。。

やはり人気だけど本命はアンビシャスで仕方がないか。

脚質から東京や京都阪神の外回りのほうが良さそうなイメージがあるが戦歴を見ると明らかに中山や阪神内回りを後方から追い込むのが得意なタイプ。

リアルスティールは強敵だと思うが1kgのアドバンテージもあるし、ここは押し切れるのではないか。
不安点を挙げるなら目標は間違いなく大阪杯のはずだからここがメイチの仕上げではないこと。
GI獲りのために余力は残しているはずだからそこに隙はあるはず。

なので頭固定では買いにくい。波乱の可能性の考えて3連単フォーメーションが馬券としては正解のような気がする。

印は
◎アンビシャス
〇ツクバアズマオー
▲リアルスティール
△ヌーヴォレコルト、サクラアンプルール
×ネオリアリズム
穴マイネルミラノ

◎〇→◎〇▲△→◎〇▲△×穴、この3連単フォーメーションで40点。ん~、微妙。
 
 
 

 
 
 
 
勝負としては1列目は〇ツクバアズマオー1頭にして20点に抑えてみたいところ。
 
アンビシャスやリアルスティールに勝たれたら「あぁ、やっぱりそうなっちゃうか」と諦めるというのもいいような気がする。
 
ヌーヴォレコルトとかロゴタイプに勝たれたりしたら「そうですか、参りましたm(__)m 」という感じでw
 
でも、ヌーヴォレコルトなんかが頭で来て波乱になったりしたら穴党としては完敗だなあ・・・
 
調教の雰囲気がやけに良さそうに思えたのでとても気になってる。
 
8枠じゃなかったらもっと重い印にしたんだけど。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

ミホノブルボン


ミホノブルボンが亡くなった。

坂路の申し子、栗毛の超特急と呼ばれ、本質はスプリンタータイプと言われながらも鍛えられ、鍛えられてダービーを勝ち、唯一の敗戦となった菊花賞でさえも2着は死守。

好きだったなあ。
菊花賞では無印にしてたけど(当時は長距離だけは血統重視してたw)

古馬になってからのレースも見てみたかったけど、あれだけのスピードをもって長距離も克服するのはやっぱり脚にも負担は大きかったんだろうな。

1994年だったか95年だったか。日高軽種馬協会に繋養されていた頃に一度だけ会いに行ったことがある。

現役を引退してもお尻のボリュームはやっぱりミホノブルボンだと思わせる姿。
あの時の写真、どこにしまいこんであるだろうか。

今年の夏は久しぶりに北海道で牧場巡りでもしようか、と先週に友人と話していたのでその時はミホノブルボンにも会いに行くことはできるかな?なんてぼんやり思ってたのだけれど。。。

28歳。
サラブレッドとしては天寿を全うしたと言っていい年齢だし、老衰で亡くなったとのことだから、現役の時の走りと同じように力をすべて出し切って、命をすべて燃やし尽くして旅立っていったのだろう。

あちらで戸山為夫さんや小島貞博さん、ライスシャワーやマチカネタンホイザなんかと再会を楽しんでいるだろうか。

安らかに。
 
 
 

 
 
 
 
やっぱり大好きな1頭だったから、訃報を聞くと寂しいと思うものだ。
 
ブルボンの子供が活躍したというわけでもないし、後継種牡馬もいないので滅多に思い出すということもなかったのに。
 
勝手なものだなと。。。
 
せめてほんの僅かに残っている母系にミホノブルボンの血のある繁殖から活躍馬が出てくれるといいのですが。
 
 
せっかく今年の夏、北海道で牧場巡りをしようと思っているのだから、今のうちに会いたいと思う馬にはちゃんと会ってこようとも思う。
 
それに気づかせてくれたミホノブルボンに感謝。
 

 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村