東京大賞典(2016)の結果

今日の東京大賞典、昨日の記事に書いた買い目ではなくちょっと買い方を変えたら3連単が的中してしまったふぉんてんです。

ラッキー♪

アポロケンタッキーが気になって昨日書いてた◎-〇から印への2頭軸流しを止めて、◎〇▲の3頭を1,2着に置いた3連単フォーメーションに変更しました。

う~ん、偉いぞ、自分。

今年最後に買ったレースで万馬券を当てられたので、とてもいい気分で新年を迎えられそうです(笑)
金額は最小単位でしたがw


 
 
 

 
 
 
月曜日に久しぶりに競馬ブックを買いました。
 
有馬記念のレース後コメントを見たかったんですが、来週の重賞登録馬を見たらシンザン記念にトラストの名前があって、え?という感じなんですが。
 
 
ちょっと使いすぎじゃないか?と思ったりします。
 
ま、ローテーションは陣営が考えることだし、我々ファンは異論をはさむ権利などないわけですが、札幌2歳S勝ってるし収得賞金はクラシック出走のためにはある程度確保できてるからもう少しゆったりした使い方でもいいんじゃないかと心配です。
 
疲労が蓄積して、いざクラシックシーズンにまったく力を発揮できないようなことのないように祈るばかり。
 
それともマイル路線に絞って、NHKマイルを目標に稼げるだけ稼ごうって戦略でしょうか。
 
東京2歳Sにしても朝日杯FSにしても馬券にこそ絡まなかったけど、十分に力はあると思うんだけどな。
 
 
できれば登録だけで少し休養させて成長を促すという方向だったらいいなと思っています。
 
心配していても仕方のないことですけどね。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

東京大賞典(2016)予想とClub A-PATデータ

今日あたり仕事納めという方も多いんでしょうね。
ども、ふぉんてん@年内は12月30日まで仕事です (´・ω・`)

明日は東京大賞典ということなので普段地方競馬は交流重賞も含めてあまり買うことはないのですが、一応予想だけはしておこうと思います。

地方では確か唯一のJpnじゃないGI。
2011年に外国馬も出走可能な国際GIレースとなりましたが、やはりなかなか外国馬が出走してくることはありませんね。
国際競争に指定されてから出走した外国馬は2014年のソイフェット号だけでしょうか。
鞍上ケント・デザーモ騎手で16頭立てで15着から大きく離れた16着。
時期的な問題もあるのかもしれませんが、いつか強い外国馬が何頭も出走してくれて国際レースとして盛り上がってくれるといいのですが。

南関競馬のサイトの出走表を見ているのですが、アウォーディーが断然人気、やや離れてチャンピオンズカップを勝ったサウンドトゥルー、コパノリッキー、ノンコノユメと続いています。

サウンドトゥルーがチャンピオンズカップで負かしたアウォーディーに人気で負けるのはやはり脚質によるものでしょうか。
前走のサウンドトゥルーの勝ち方を見るともう少し接近した人気になってもおかしくないと思うんですけどねえ。

この枠順ならばコパノリッキーが先手を取りそう。

好位にハッピースプリントとアウォーディー、それを見る形でアポロケンタッキー、その後ろにノンコノユメとサウンドトゥルーといった隊列でしょうか。

前半はそれほど速い流れにはならなさそうなメンバーですが、コパノリッキーが単騎で行けるとなると好位追走組もそうそう前に楽をさせるというわけにもいかないでしょから仕掛けは早くなりそうな気がします。

それならば直線に賭ける騎乗をしてくれるタイプを中心にしたいところ。

オッズ的な妙味も勘案して印は次の通り

◎ 5番ノンコノユメ
◯ 8番アウォーディー
▲11番アポロケンタッキー
△14番サウントトゥルー
× 6番ハッピースプリント

3連単マルチ 5-8-11,14,6 の18点を最小単位で買う感じかと。。。8→14→5とかなったら壮大にガミりそうだけどw
 
 
 

 
 
 
先日Club A-PATのデータ更新が終わった後で、TwitterのTLを見てたら多くの人が自分の今年の成績を振り返っていたので自分もちょっと見てみました。
 
競馬場に行っている時はPAT投票はしないので年間収支は別にエクセルで付けているのですが、的中率はどちらも同じ15%、回収率はPATでは76%、エクセルでは80%とこちらもそれほど大きな差はないものの、しかしこれは競馬場に行っているときのほうがやや回収率が良いということ?
 
いや、たぶん海外馬券とかたまに買う地方競馬とかはPATのデータには含まれてなさそうなので、それがエクセルのデータを少し上げている気がします。
 
競馬場に行っている時にそれほど成績が良いという実感は残念ながらないですからw
 
 
騎手別成績を見ると購入額の多いのは柴田大知。うん、自分らしいなw
しかも回収率127%ですからなかなかのもじゃないかと。
 
以下、多い順に戸崎、クリストフ、ミルコ、田辺、ウチパク、エビショー、ユタカと続きます。あ、ユタカは武豊ね。
 
そしてリーディングを最後まで争っていた戸崎とルメールが購入上位にいるものの回収率はそれぞれ50%、26%。
 
やっぱり本命党にはなれそうもありませんw
 
自分的に意外だったのは購入額では13番目だった福永。回収率が169%もある。そんなに儲けさせてもらっているイメージはないんだけどな。
 
 
回収率順に並べ替えてみると上位にはバルザローナ1121%、村田一誠661%、エダテル527%というのが目立ちます。
 
もっともバルザローナと村田は購入金額が1万円どころか5000円にも満たないのでたまたま買ったときの穴一発という感じ。
 
エダテル以外に1万円以上購入額のある騎手で回収率の高いのは、石橋脩375%、松山弘平301%、勝浦正樹222%、松若風馬202%といったところ。
 
なんだかこのへんは数字で見ると自分のイメージとはずいぶん違っていました。
 
来年は少しこの辺は意識して馬券を考えてみたほうがイイのかもしれない。
特にバシシューなんかはいつも買う時に「う~ん、バシシューか、どうしよう」って思いながら買ってるイメージしかないのに意外に好成績w
 
あとミルコも購入額多めにしては131%と頑張っている。
ルメールよりもミルコの方が自分は相性がいいということは覚えておこうw
 
この辺のイメージはミルコのほうが穴馬持ってくるというイメージと重なって違和感がない。
 
ルメールは人気馬をきっちり持ってくる、というイメージだもんな。
 
 
A-PATのデータ、よく見てみるとなかなか参考になるかも。みなさんも是非♪
 
 
それにしても今年の馬券成績、散々だったなw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

有馬記念2016~こんなレースを見られる幸せを噛みしめよう

年末最後の月曜日、やることはヤマほどあるので頑張って仕事しましたが実際には有馬記念が終わってすっかり気が抜けているふぉんてんです。
 

有馬記念、馬券的にはまったくつまらない結果で私も壮大にガミってしまいましたがw、とてもとても、とてもいいレースでした。

直線からの人気馬3頭の熾烈な叩き合い、我らがゴールドアクターもよく頑張って一瞬抜け出すかと思わせるシーンもありましたが、そこからのキタサンブラックの脅威の粘り腰。
そして、やはり直線の坂ではもう一杯か?とみせて坂を登りきると最後に一瞬の強烈なキレをみせたサトノダイヤモンド。

いや~、痺れました。堪能しました。

ゴールドアクターが負けたのは悔しいけど、サトノダイヤモンドとキタサンブラックの強さに脱帽です。

今後、相当展開に恵まれるなどがないとゴールドアクターがこの2頭に勝つのはなかなか難しいだろうなと感じさせるレースだったなあ。
 
 
 

 
 
 
ルメール騎手の勝利ジョッキーインタビューも良かったですね。
 
彼の涙にはグッときました。
 
ルメールがJRAの騎手試験に合格した時に、短期免許との違いは若駒にずっと乗り続けられることということを言ってましたが、ずっとサトノダイヤモンドに騎乗し続けて、そして大きなレースを勝ってあの時言っていたことはこういうことなんだなあと。
その喜びをとても真っ直ぐに我々ファンに伝えてくれたと思います。
 

 
 
来年はサトノダイヤモンドを中心に日本の競馬は回っていくんだろうし、キタサンブラックやゴールドアクターも一矢報いるためにさらに研鑽を積むでしょう。
 
来年の競馬がとても楽しみになる良い有馬記念だったなあと思います。
 
 
ずっと、ずっとこういう競馬が続いていってほしいし、そしてそれをライヴで見られる我々はなんと幸せなのでしょう。
 
有馬記念の余韻に次の競馬が始まるまでたっぷり浸っていたいと思います。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

阪神カップ(2016)は決め打ちで

阪神カップは簡単ですよね。

勝ち馬は必ず連覇するという法則。

2013、2014年リアルインパクト
2011、2012年サンカルロ
2009、2010年キンシャサノキセキ

ちなみに上記3頭以前の2007年がスズカフェニックス、2008年がマルカフェニックスと別馬ですがなぜか馬名が◯◯カフェニックスと続いていますw

なので昨年の勝ち馬はロサギガンティアでしたから、今年も勝ち馬はロサギガンティアで決まりでしょう。

阪神内回り1400mというのは最も強く適正が求められるコース、ということなんだと思います。

なので今年もロサギガンティア本命で。

相手にはやはり昨年2着のダンスディレクターを筆頭に、同コースの阪急杯勝ちがあるミッキーアイルと芝1400m巧者エイシンスパルタン。

馬連3点でどうでしょう。
 
 
 

 
 
 
土曜中山のメイン・師走ステークスにはミュゼエイリアンが出走。
初のダート戦になります。
 
1800mという距離は良さそうですが果たしてダートはどうでしょうか。血統的には母父エルコンドルパサーなのでこなしてくれそうな感じはします。
 
ただ今回は枠順があまりよくありません。
 
中山ダート1800は内枠の先行タイプに向くコース。
7枠13番という枠は先行したいミュゼエイリアンには少々ロスの多い枠かも。
 
ただ初ダートなので砂を被る可能性のある内よりはもしかしたらいいのかも、という気がしますのでその点に期待して応援したいと思います。
 
馬券は・・・どうだろう。オッズ次第で考えたいと思います。
 
 
日曜日の有馬記念に備えて、あまり熱くならない程度に楽しんでおこうかと。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

有馬記念(2016)枠順抽選会-追記の追記あり

JRAは何が何でもキタサンブラックを年度代表馬にしたいと思ってるのかと考えてしまいそうな枠順抽選会でした(笑)

こういうのを「持ってる」と言うんでしょうか。
キタサンブラックが秋3戦ですべて1番枠を引く確率2720分の1、ですからね。陰謀説を唱えたくなる人の気持ちはわかるw

私は競馬場でまた北島三郎のまつりを聴きたい!などとと願ってるわけでは全然ないので、「またかよ」と呆れるというかちょっとシラケる抽選会だったなとは思いますが、最後2番か大外16番かの天と地ほどの差のある枠順を残したところで吉田隼人が2番を引いてくれたことにホッとしています。

しかし去年の有馬記念からマリアライトがグランプリで3連続大外16番というのもかなりの確率。
4096分の1ですからね。蛯名騎手の達観したかのような表情が印象的でした。ちょっと応援したくなる。
馬場が荒れてくれたら面白いな。。。
 

ただ枠順も決まり、これで印もほぼ固まりました。

宗教上の理由wでゴールドアクターは一番手に取り上げざるを得ない私ですが、それを除いて考えると本命はサトノダイヤモンドかな。

☆ゴールドアクター
◎サトノダイヤモンド
◯サウンズオブアース
▲シュヴァルグラン
△キタサンブラック
△マリアライト
△ヤマカツエース

以上の7頭で馬券を組み立てることになりそうです。応援の単勝2番はもちろん買います。

マルターズアポジーに果敢な逃げを期待したいし、サムソンズプライドなんかにも横山典騎手の意地を見せてガンガンに攻めるレースをしてほしいなと思ったりしています。
 
 
 

 
 
 
ゴールドアクターの祖父グラスワンダーが最初に有馬記念を勝ったときが1枠2番、連覇した時は4枠7番でした。
 
ゴールドアクターはその逆の順番だけど有馬記念で同じ枠に入るというのも何かの偶然でしょうか。
 
祖父のように連覇を決めてくれると嬉しいなあ。。。
 
[追記]
ゴールドアクター、有馬記念で引退って話を見掛けたけど、ホントなのかな。だとしたら寂しいなあ。。。
 
[追記の追記]
ゴールドアクターの引退話、どうやらスポーツ報知の記者が宝塚→有馬のグランプリ連覇がかかるマリアライトが引退レースなのを、有馬連覇がかかるゴールドアクターが引退するのだと勘違いして記事中に書いたもののようです。
騒動の発端となった記事中にあった引退レースの文字が消えてましたw
人騒がせな話です。
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村