V.シュミノーって?

ステイヤーズSなら何と言っても1995年のステージチャンプなふぉんてんですm(__)m

その当時はまだGIIIのハンデ戦でしたっけ。
ハンデ58.5kgを背負って1番人気に推されたステージチャンプ。

道中は中団後ろを進み、2度めの3コーナーから2番人気のインターライナーとともに進出を開始、直線で前のシグナルライトを捕まえるとそのまま2着インターライナーを1馬身3/4離してのゴール。

当時、3000mを超える距離ならなかなか強い馬だったと思うけどなあ。脚元の不安で6歳以降はあまり順調に使えなかったけど。
ちなみにダイナアクトレスの初仔(^o^)
もちろん追っかけましたとも。
このステイヤーズSはインターライナーとの馬連1点に当時の自分が入れられる最高金額を入れていました。ドキドキしたなあw
 
 

というわけで今週は日曜日のチャンピオンズカップの他には土曜日にGIIが2鞍、中山のステイヤーズSと中京の金鯱賞。

まずはステイヤーズSの登録馬を見てみると、、、

アルゼンチン共和国杯をシュヴァルグランの2着したあと、登録のあったジャパンカップをパスしてステイヤーズSに回ってきた昨年の覇者アルバート。

昨年と同じR.ムーアを鞍上に配し、ここは断然人気になりそうな雰囲気。

ファタモルガーナ、モンドインテロ、カムフィー、ジャングルクルーズ辺りまで手を広げれば馬券は決まりそうな気がするけど、各馬の状態や如何に。

長距離戦なので人気のなさそうなスズカデヴィアスが内枠に入ってすんなりハナを取れるような展開になりそうだったらちょっと狙ってみたいけど、サムソンズプライドが内に入ってハナを主張するような感じだと普通にアルバートが連覇だろうか。

そもそも前走ダートを使って惨敗しているスズカがここを本当に使うのかどうか。

内枠からすいすいノーマークの逃げで逃げ切ってくれたらおもしろいんだけどな。
妄想だけが広がっていくw
 
 
 

 
 
 
などとスズカデヴィアスで想像を広げていたら金鯱賞にも登録があって吹いたw
 
そしてその金鯱賞には昨年の有馬記念以来のリアファルが登録。
11ヶ月半ぶりですか。
 
ルメールの鞍上も相まって菊花賞では1番人気に祭り上げられ、有馬記念でも3番人気に支持されていましたが、今回はどうでしょうか。
 
すんなりハナを取れるようなメンバーになったら休み明けとは言え軽い印は打ちにくい少々厄介な存在だとは思いますが。。。
 
他にも宝塚記念以来のトーホウジャッカルや去年の宝塚記念以来のデニムアンドルビーの名前もあって復活を狙う陣営が目につきますね。
 
デニムアンドルビーなんてもうとっくに繁殖にあがってるもんだと思ってたよ。ジェンティルドンナのハナ差2着したジャパンカップが懐かしいね。
 
 
ところで、今回人気になりそうな1頭のサトノノブレスに騎乗予定のV.シュミノーって騎手はどんな騎手なんだろうかとちょっと調べてみると。。。
 
昨年の仏ダービーにあたるジョケブルク賞をニューベイで勝った若手騎手。この仏ダービーを勝ったときはまだ21歳!
 
しかもフランスのダービージョッキーとなった一週間後にはアランデュブレイユ賞という仏の障害GIレースを勝っている。
 
 
ダービーを勝つまではどちらかと言えば障害で活躍していた騎手で、2014年シーズンには仏における障害の最優秀騎手賞といえるクラヴァッシュ・ドール賞を獲得した障害のチャンピオンジョッキー。
 
アンドレ・ファーブル調教師にその手腕を評価されて主戦騎手の一人として起用されるようになり、ニューベイでのダービー勝利となった今売り出し中の若手騎手といったところ。
 
 
日本で言うとデビュー2~3年目の武豊みたいなもんでしょうか。ユタカは障害には乗ってなかったけど。。。
 
 
日本での騎乗は今回が初めてだし、これはサトノノブレスが人気ならちょっと軽視する手もアリか、なんて思ってたけど日本での経験不足を材料に軽く見てると逆に痛い目に合いそうな騎手かもしれない。
 
ちょっと注目してみよう。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

チャンピオンズカップ(2016)のサインは「佐々木希」

チャンピオンズカップ、プレゼンターは佐々木希さんだそうで。

チャンピオンズカップの広報大使を務めているということで当日トークショーがあり、プレゼンターとしても表彰式に登場するそうです。

レースの広報大使とはいったい何をするの?という疑問はおいといて。
イイなあ、中京競馬場行きたいなあw

これ、もし新垣結衣がプレゼンターだったら中京競馬場行ってしまうな、きっと。

はい、今なおドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」にドハマり中のふぉんてんですm(__)m
 
 
 
というわけで佐々木希さんでサインを探してみます。

1988年2月8日生まれ(28歳)
秋田県秋田市出身、血液型AB型
2005年集英社「週刊ヤングジャンプ」の「ギャルコンJAPAN」で初代ブランプリ
2006年集英社「PINKY」の「第2回プリンセスPINKYオーディション」でグランプリ
以降、ファッションモデル、タレント、女優として活躍

まず誕生日が同じ2月8日生まれの騎手・調教師を探してみましたが、調教師にはおらず騎手では江田照男騎手が同じ誕生日ですが、どうやらチャンピオンズカップには騎乗予定はなさそう。
ちなみに出走予定馬の中にも2月8日生まれはいませんでした。

また同郷の騎手・調教師も見当たらず・・・

名前をヒントに佐々木晶三厩舎の出走馬はいないかと思いましたがそれもなく。
 

・・・
 

しかし!
佐々木希さんの愛称にはのんちゃん、ノンタンというのがあり、また現在は雑誌「non-no」のレギュラーモデルでもあります。

これはノンコノユメが浮かび上がってくるんじゃないでしょうか。
 
そして佐々木希さんといえば2010年、アメリカの映画情報サイト「TC Candler」が発表しているランキング「最も美しい顔100人」で日本人で唯一選出されて33位にランクインしています。

これにはモンドクラッセ(フランス語で世界の最高格付の意)が浮上するのではないかと思います。

というわけで佐々木希さんを頼りに取り上げたい馬はノンコノユメモンドクラッセの2頭となりました。
 
ノンコノユメはそこそこ上位人気に支持されそうですが、モンドクラッセはあまり人気もなさそうなので3連系馬券の1頭に加えたくなってきました。
 
 
 

 
 
 
もう一つ佐々木希さん絡みで見つけた馬がw
 
今年10月1日に公開された映画「カノン」
あまり話題になった記憶もないですが感動モノのなかなか良い映画らしい。
 
その作品の主人公である三姉妹の三女を佐々木希さんが演じています。
 
カノン→アスカノロマ
 
まんま作品名が馬名の中に入っています。
こちらも今回は人気を落としそうで面白そうかなあと。。。
 
ちなみに映画「カノン」
もう公開からけっこう日が経っていますが福岡県中間市のユナイテッド・シネマなかま16で唯一上映中です(2016/11/28現在)
 
ちょっとその映画見るために福岡県までは行けないけど(^_^;)
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

馬券の強弱が違う(T_T) ジャパンカップ(2016)観戦記

日曜日、当然のように東京競馬場へ行ってきたふぉんてんですm(__)m

実は土曜日に突然熱発。
昼ころには38℃まで熱が上がって「これは明日ジャパンカップ観に行けないかも・・・」と馬友に緊急メール。

予定では調布駅5:26発の高尾山口行に乗って東京競馬場の開門待ちの列に並ぶはずだったのですが、最悪家を出られないかもと連絡。

一般席は確保しておくから9時までに来れるかどうかの連絡をくれと言ってくれたので、朝7:30頃に起床、熱を測ると36.7℃。
たっぷり寝たせいか意外にスッキリとして東京競馬場に向かいました。

9時ちょうどくらいに競馬場に到着。
席を取ってくれていた友人たちにお礼の缶ビールを差し入れてスタンバイ。

やはりジャパンカップデーとあって朝からお客さんがいっぱいで、指定席はもちろん一般席もすべて埋まっています。
(ま、埋まっていると言っても3分の1くらいは荷物やら新聞などでキープされている状態ということですが;)

さっそく1Rから参戦。

4番シュピールカルテと8番パンドラフォンテンから馬連をパラパラ買ってみましたがシュピールカルテ12着、パンドラフォンテン10着と見てるだけ~という結果。

2Rはパスして3R。

ここは15番マイネルスフェーンと11番バトルスピリッツの2頭は堅いと踏んで2頭軸の3連複。
3着にきたアンジェーヌは前走11着も上がり時計がまあまあだったので気にしつつも切ってしまいこれは悔しいハズレ。

4Rの新馬戦は2番人気5番ナイルストーリーの単勝にするか、1番人気11番オーロラエンブレムとの2頭軸3連複にするか迷って3連複を選択。

3着にきた13番人気12番ゲンパチマサムネを拾えるはずもなくハズレ。

どうも選択が裏目裏目に来てるのに、ジャパンカップの高揚感か、ゴールドアクターが負けるわけがないという自信からかはわからないものの余裕で馬券検討を続けてました。

昼休みを挟んで5R。

ここは1番人気メイスンスパートと7番人気4番ワンボーイとの2頭軸3連単マルチ。
相手を3頭に絞ったものの一番人気のなかった13番メイプルキングが来てくれて的中♪

20161127_122335

これで一息つきましたw

6Rをパスして7Rを9番エトルディーニュから馬連を買うもののムーア騎乗のサトノアレスを切ってハズし、8Rは2番リアリスト、8番トーセンラムセス、10番セネッティ、15番フィールザプリティのワイド3連複BOXを買うもハズしてここでジャパンカップを待ちました。

場内はどんどん人も増えてきて、トイレに行くにも人をかき分けかき分け向かう状況。

本当はジャパンカップはパドックに行ってゴールドアクターの姿をスマホで撮ろうと思っていたのですが、人の多さに諦めて本馬場入場を待ちました。

そして本馬場入場で撮れたのがこの画像

20161127_152527

自分の席からではスマホの倍率を目一杯上げてこれが限界でしたw
 
 
 

 
 
 
それでも本馬場入場の時にはついにゴールドアクターがジャパンカップ父子制覇を成し遂げるときが近づいてきたとグッと来たものです。ちょっと泣きそうw
 
ちょっとうるさい感じはしましたが、このくらいならレースにいって鞍上の指示に素直に従う馬なので大丈夫だろうと思い見つめていました。
 
しっかり確認して馬券は単勝をたくさんwと、馬連を手広く、相手を1番キタサンブラック、12番サウンズオブアース、2番ビッシュに絞った3連単マルチを購入。
 
 
レースはキタサンブラックが好スタートを切り、1コーナーに入るところまでワンアンドオンリーとリアルスティールが積極的に行く構え。
 
ゴールドアクターはその後ろの内につけるような感じ。
 
 
向こう正面では1~2コーナーでの内外の差でアクターは3番手。
 
 
ここから3~4コーナーまでいい感じだなあと眺めていましたが直線坂上でアクターが意外に伸びない。
 
隼人!アクター!なんとか踏ん張ってくれ!と声援を送るもゴール前ではシュヴァルグランにも交わされて4着・・・orz
 
この時は本馬場入場のときとはまた別の感情で泣きそうでしたw
 
 
負けるとしたらキタサンブラックにだろうと思っていましたし、結果そのものに納得がいかないということはなかったのですが、ただただ無念という想いが頭の中を支配していました。
 
ホント、悔しかったなあ。。。
 
 
一緒に観戦してた馬友はキタサンブラックをずっと応援していたのでおめでとうと握手。
 
友人は自分の気持を察して「これで終わりじゃないでしょ、有馬記念があるから」と慰めてくれました。
 
「でも、有馬記念もキタサンブラックが勝って年度代表馬を確定したい」とも言ってましたが(笑)
 
 
 
このあと、敗戦の落胆を打ち消すために京阪杯にも手を出して返り討ちにあったこともご報告しておきます。あんな堅い馬券取れませんw
 
それにしても、ジャパンカップをもう少し控えめにして5Rをもう少し金額張っていれば一日の収支としては大幅プラスだったのになあ。強弱の付け所が違いました。。。
 
 
ジャパンカップの表彰式、北島三郎さんの唄うまつりを一節拝聴し、「あ~、悔しいけど、でもやっぱり競馬は楽しいな」とつくづく感じながら帰路につきました。
 
 
 
有馬記念、次こそは!
 
今度は祖父グラスワンダーと同じ有馬記念連覇を目指して頑張れ、ゴールドアクター!
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

スクリーンヒーローの種付け料と種付頭数(2016年)

都心で11月の初雪は54年ぶりと聞いて、スゲ~昔じゃん!と思ったけどよく考えたら54年前というと自分が生まれた年だと気づいて驚愕している ふぉんてん ですm(__)m

レックススタッドの2016年度の種付頭数が発表されました。

【2016年度の種付頭数】~レックススタッド編(スクリーンヒーローなど)

スクリーンヒーローの種付け料は2015年の100万円(受胎条件)から300万円(受胎条件)にアップ、種付頭数は2015年の190頭からちょっと減らして168頭になりました。
今やすっかりレックススタッドの稼ぎ頭になっています。

だんだんと交配相手の質もグッと上がっているようですし、今年の2歳馬たちの活躍も目覚ましいものがありますが来年夏以降にデビューしてくる仔たちの期待も大きくなってきます。

そんなスクリーンヒーローの代表産駒の1頭、ゴールドアクターがいよいよジャパンカップに。

親子制覇なるかにも注目が集まります。
 
 
 

 
 
 
ゴールドアクターの母ヘイロンシンは父キョウワアリシバ、母ハッピーヒエン。
 
近親にこれといった活躍馬もなくヘイロンシン自身の競走成績は28戦2勝、その2勝も障害でのものでよく繁殖として残っていたなあと思うくらいの存在。
 
母父のキョウワアリシバは米国産でケンタッキーダービーを勝ったAlysheba産駒。
5勝を挙げ、重賞は2度使われ朝日チャレンジカップ3着が最高。
競走成績を見ると種牡馬にするほどの成績ではなかったが米国の良血馬だからこそ残されたという血統で、直仔はもちろんブルードメアサイアーとしても目立った成績はなかった。
 
ゴールドアクターはこのオーナーだからこそ誕生したと言えるか。(ヘイロンシンとハッピーヒエンのオーナーはゴールドアクターの前オーナーの居城要氏)
 
もしゴールドアクターが種牡馬になって、その血をつなぐことができたらキョウワアリシバの血も残っていくことになる。
そのへんのところを考えると競走馬の血統ってロマンだなあとつくづく。
 
 
 
ジャパンカップは枠順も確定してゴールドアクターは2枠3番。
1枠1番にはキタサンブラックが入り、これは願ってもない枠順になったような気が・・・
 
出遅れさえしなければ淀みないペースを作って逃げるであろうキタサンブラックを大名マークで競馬ができそう。
 
府中の2400mで底力勝負に持ち込むレースを期待したい。
くれぐれもレース上がり33秒台なんていう競馬はしないで欲しいなあと。。。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

ジャパンカップ(2016)の展開はどうなるだろう?

木曜日、東京の朝は積雪がありそうだという予報ですが、外国馬はちゃんと追い切りできるのかな?

もっとも外国馬は追い切りでも軽いキャンター程度に留めることも珍しくないから影響はあまりないでしょうか。

ジャパンカップの出走馬はアルバートがステイヤーズSに回り、トーホウジャッカルも金鯱賞、トウシンモンステラ、ジャングルクルーズも回避の見込みで17頭立てになりそうな様子。

外国馬は眼中にないというファンが多く、実質14頭立てと考えれば良いくらいに思っている人もたくさんいそうです。(私もその一人だったりしますがw

netkeiba.comの予想オッズではリアルスティール、キタサンブラック、ゴールドアクターの3頭が拮抗した人気で単勝オッズ4倍前後、少し差が開いてディーマジェスティ、シュヴァルグラン辺りまでが単勝10倍以下の人気になっています。

ま、早くからステイヤーズSに向かうと発表されていたアルバートよりも、ワンアンドオンリーやイキートスの人気が下だったりしますからあまりあてにはできませんがw
 
 

出走各馬のこれまでの位置取りを眺めると人気になりそうなキタサンブラック、ゴールドアクター、それとサウンズオブアースあたりが前に行きそう。
武豊キタサンブラックが逃げるとなると、むやみに競りかけるのはいなさそうではあるものの全体に仕掛けは早くなりそうな気もします。
キタサンにあまり楽に逃がせるとどうぞ勝ってくださいというレースになってしまうので、各ジョッキーもその辺は何らかの動きをするはずだとは思います。

ただ、前走は番手に控えて直線で抜け出す競馬をしていますし、どんな展開になるかはやはり武豊の動き方次第といったところでしょうか。
 
おそらく前走の武豊騎手はスローの瞬発力勝負でどのくらいの脚を使えるのかを計っていたと思います。
それを踏まえてどういったレースを作るのか、馬券を考える側もその辺をアレコレ考えることが正解に近づく道ではないでしょうか。

瞬発力勝負になりやすい府中の2400m。
 
どちらかと言えば消耗戦に持ち込みたいキタサンブラック、ゴールドアクター vs 瞬発力勝負に勝機を見出したいリアルスティール、といった構図を想定しています。

枠順確定、楽しみですね。
 
 

 
 
もちろん自分の馬券はゴールドアクター本命以外あり得ないのですが、3着までに入ってくれれば的中という馬券も買うとは思うので(できればお金は減らしたくないw)展開はじっくりと考えることになると思います。
 
ただ、実際には昨年有馬記念の1~3着馬に3歳世代3頭がどう挑むか、そんな馬券になるのかな~と思ってたりもしますが。。。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村