新潟2歳ステークス(2016) 回顧


[新潟2歳S] ブログ村キーワード

新潟2歳S、最初の印どおりで良かったかあ、と笑ってしまった ふぉんてん です m(__)m

でもこれはおもしろい存在だと思ったアピールバイオ、直線でいったんはサンライズソアに交わされながそこからしぶとく差し返して4着。

予想通りスローで逃げられたので脚は溜められていたとはいえ、3~4角で2番手の位置にいたサンライズソアやマイネルバールマンが力尽きたのに対して8番人気ながら掲示板確保ですからよく頑張ったと思います。

次走以降も追っかけたい1頭になりました。

2着に突っ込んできたオーバースペックも本当に末脚は確かですね。2歳のこの時期で上がり32.9ですから、これはもうハープスター並かと。

こちらも鞍上、馬主とあまり人気にはなりにくいタイプですからお気に入りの1頭に入れておきたいところです。

もう少しスタートからの行き脚がつけばもっと注目される馬になれそうなんですけどね。。。

勝ったヴゼットジョリーは福永騎手らしく、好スタートから行きたい馬を先に行かせてガッチリと好位をキープ。

最初は少し行きたがってるのかなというふうにも見えましたが、すぐに折り合いもつき直線では馬なりで徐々に位置を上げ残り2ハロン標あたりからGOサインが出されるとしっかりと伸びての楽勝。

実に福永騎手らしい勝ち方だったかなと。

最初の印が▲→◎→☆で入線したのに馬券をハズしたのは悔しいですが、おもしろい存在と睨んだ2頭が好走してくれたので納得の新潟2歳ステークスでした。

アピールバイオ、うまく成長してクラシック路線に乗って欲しいなあ。。。
 
 

 
 
スクリーンヒーロー産駒が好調な世代なので、もしかしたらマイネルパラディ勝っちゃうんじゃないか?なんて期待してましたがw惜しくも掲示板を外す6着。
 
12番人気としてはよく頑張ったと思いますが、大外から3~4角でジワジワ前に取り付いていったのが脚の使い方としては少しもったいなかった感じ。
 
開き直ってもっとジッとしていたほうが直線で伸びたんじゃないかなあという印象でした。
 
ただ馬体重が+12kgと増えていた割に太め感はなかったと思いますし、今後の成長を待ちましょう。頑張ってほしいな。
 
 
この日は札幌の新馬戦でサリーバットマンが8番人気ながら2着に2馬身半差をつける完勝。
3着はそこからさらに10馬身差ですから1頭力が違ってたという感じでしょうか。
 
単勝2860円は実に美味しかった。
 
スクリーンヒーロー産駒の応援、これだから辞められません(笑)
 
 

キーンランドカップ(2016) 予想


[キーンランドカップ] ブログ村キーワード

キーンランドカップはなかなかいいメンバーになりましたね。馬券的にはたっぷり悩ませてくれます。
能力的にもいいレベルで駒が揃った感じがします。

どの馬から入りましょうか、悩みます。

人気はシュウジ、ブランボヌール、レッツゴードンキ、ソルヴェイグと続きますが他の馬もそれほど能力差があるとは思えないんですよね。

スプリント重賞としてはそれほど流れが速くなりそうもなく、各馬お互いの出方を見ながらといった雰囲気を感じます。

ならば先行してそのまま押し切れそうなタイプを中心に大穴を狙ってみたいと思います。

◎セカンドテーブル
○オメガヴェンデッタ
▲アクティブミノル
×エポワス
△ソルヴェイグ、ナックビーナス、ホッコーサラスター

セカンドテーブルからの馬連、ワイド流しで遊んでみようかと。
 
 

 
 
WASJは武豊とミルコが40ポイントで並んでトップ。
 
チーム対抗ではJRA選抜146ポイントに対してWAS選抜が78ポイント。
 
武豊もミルコも今日の騎乗にAグループの馬の騎乗があるのでかなり有力で今年はJRA選抜がかなり優勢ですね。
 
 
それにしてもこのシリーズのレースになると各騎手とも積極的な動きを見せてくれるので、展開が読みにくく予想は難しいのですが面白いレースが行われて本当に楽しいですね。
 
毎週こんなレースが見られればいいのになあ、と昨日のレースを見ていてつくづく思いました。
 
競馬は馬の能力に大きく左右されるとはいえ、騎手の力量によっても大きく変わるものだということを再確認しています。
 
 

新潟2歳ステークス(2016) 予想


[新潟2歳S] ブログ村キーワード

前売りオッズを見ると意外に人気が割れてますね。
もっとイブキとモーヴサファイアに被るのかと思ってましたが・・・

前日売りではサンライズソアが5倍台で1番人気、続いてイブキ、ヴゼットジョリー、モーヴサファイアが7倍台で続き、オーバースペックが9倍台とここまでが単勝10倍以下。

未勝利のマテラフィールドが13倍というのがなんとも混戦ぶりを象徴してるかと。

実際にこれまでのレースぶりで抜けた感じの馬はいないのが正直なところ。

過去、ハープスターやイスラボニータを出しているレースではあるけれど今年はちょっとレベルは低いのかな。

これならどこから狙っても良さそうな感じはします。荒れそうだなあwww

直線の長い新潟外回りだけに上がりでしっかり切れる脚を使える馬を狙うというのは必須条件だとは思うけど、15頭中6頭が前走で最速上がり、5頭が上がり2位というメンバーなので絞るのはなかなか難しそう。

ここは思い切ってアピールバイオを狙ってみようかと思います。

唯一前走を逃げて勝ってきた馬。

福島の1800mなので基本逃げ馬には有利なコースではありますが、逃げながらも上がり最速でまとめて2着を8馬身ちぎる圧勝。
これは持続力があるのかな、と。相手が弱かっただけとも言えそうですがこのレースで3着だったセイウングロリアスは次走でしっかり勝ち上がってますから、そんなに極端に弱いメンバーでもなかったんじゃないかと。

単勝オッズ18倍台の10番人気なので手広く3連複流しをしてもトリガミにはならないで済みそうw

相手候補はモーヴ、イブキ、マテラ、ウイン、サンライズ、ヴゼット、キャスパ、オーバー、マイネル2騎。

3連複1頭軸流しで45点、、、か。うむ。

ワイド10点流しでもガミることはなさそうだから堅実にこちらにするか。そんなところで悩みそう。

あ、もちろんマイネルパラディの単複は抑えますよ。スクリーンヒーロー産駒ですからね(笑)
 
 

 
 
各馬の前走を見直した時の印象を印にすると
 
◎オーバースペック
○モーヴサファイア
▲ヴゼットジョリー
☆イブキ
注アピールバイオ
△サンライズソア、マイネルパラディ、キャスパリーグ
 
という感じなんですけどね。
 
オーバースペックが思ってたよりも人気してる感じがしてちょっと評価を変えてみました。
 
展開的には今回スローは間違いないと思うのですが、隊列が一団で行くのか縦長になるのかがいまいちイメージできないので先行しそうな馬を重視してみようと考えました。
 
 
スローの一団になったら単純に前走上がりタイムの早い順に入ってきそうな気もするのでアピールバイオは影も形もない、というのは十分に考えられるし、それで外れるなら仕方がないと割り切った馬券になります。
 
 

コスモラパン


[スクリーンヒーロー] ブログ村キーワード

今日のスクリーンヒーロー産駒は新潟12Rの6番コスモラパン。

500万クラスでは[0.0.2.16]だからあまり強調はできないんだけどそこそこ上位人気に支持されるのはどうしてでしょうか(笑)
(朝10時の段階で単勝4番人気、複勝2番人気です)

ここでは降級初戦のタケデンタイガーが休み明けだけど身体ができていれば断然だと思うし、好枠に入ったトルセドールも叩き2戦目なら勝ち負けしそうな気がするので、コスモラパンにはちょっと厳しいような気がします。

展開的にスローになりそうなメンバーなので先行してどこまで粘れるかという感じだと思うので、大知には積極的な競馬をして粘りこんでほしいものです。

新潟3Rには母母ダイナアクトレスのサトノバレットが鞍上武士沢で出走。

ここまで芝を3戦して9,16,18着とまったく良いところがなく、当然人気もない。
初ダートでどこまで着順を上げられるかといったところだけど、こういう時に単複をちょろっと買って応援するのが血統を応援する面白さなので、がんばってほしいなあ・・・
 
 

 
 
札幌ではいよいよWASJ。
 
モレイラがさっそく1Rで単勝1.8倍の戸崎を下して勝ってるけど、今年も去年のような勝ちっぷりを見せてくるのでしょうか。
 
 
それにしても岩田のWAS選抜チームというのが笑える。エスピノーザ何やってんだよって話だけど、福永が新潟で騎乗を決めてたので順番で絶不調の岩田に回ってくるというのがなんとも微妙で。。。
 
まあ絶不調といっても全国リーディング7位にいるわけだから大したもんだけど、今年重賞未勝利の騎手がワールドオールスターというのがなんとも。
 
でも、こういう目立つところで頑張る騎手だからどんな騎乗を見せるかじっくり見ておきましょう。
 
 
ちなみに新潟で乗ってる福永騎手、WASJに出られない鬱憤を晴らすかのように1Rで通算1900勝を決めたかと思うと続く2Rも連勝。
 
今日は荒稼ぎしそうだなあ(笑)
 
 

キーンランドCはWASJには関係ないけど騎手の起用が気になった


[キーンランドカップ] ブログ村キーワード

日曜札幌のメイン・キーンランドカップは出走14頭。

スプリンターズSの前哨戦という位置づけなのでけっこう実力馬の出走があるものの、伏兵馬の台頭も目につきそれほど固い決着というわけではないレースという印象。

昨年は8番人気ウキヨノカゼ、9番人気トーホウアマポーラ、1番人気ティーハーフの順で入線して馬連3万円、3連単37万円と大荒れになった。

今年は前走函館SS組上位馬が中心のレースになりそうなメンバー構成。

なかでも同レース2着のシュウジは鞍上が岩田からモレイラに乗り替わりとなって人気となるか。
もともと小倉2歳Sで2馬身半差圧勝、NHKマイル惨敗・休養後の函館SSでレコードのハナ差2着、マイルよりもスプリント戦のほうが圧倒的に適性は高そうだし、人気でも軸候補の1頭。
枠順も3枠4番と良いところに入った。

その函館SSを勝ったソルヴェイグはシュウジの隣の4枠5番とこれも内目の良い枠に入った。
前走は桜花賞惨敗のあとで人気の盲点となっていたがフィリーズレビュー勝ちもあるように1200~1400mでは[3.0.2.1]で掲示板を外していない。
むしろ前走の斤量50kgは恵まれすぎていた感じもあり、今回も軽視はできない。

函館SSは3着と復調気配のレッツゴードンキ。
特にこれといった逃げ馬も見当たらないメンバーなので、桜花賞時のように先手を取ってスローに落とせれば久々の勝ち星もありそうだなと思っていたものの生憎の7枠12番。
早めに内に寄せられればいいが、外を回されるとコーナーの半径が大きい札幌コースだけに厳しい形になる心配もある。

穴っぽいところではエポワスなんかは前走UHB賞で[2.3.0.2]と相性のいい柴山騎手に手が戻って好走していただけに、引き続き騎乗ならおもしろいなと思っていたら鞍上はデムーロに。

昨年も柴山でUHB賞勝ちのあとモレイラで9着と負けてるのにどうして同じようなことするんだろうか。
外国人騎手なら良いってもんじゃないだろうに。馬主の意向なのか、調教師の判断なのか。
ま、柴山自身が札幌はWASJがあるから騎乗機会が少なくなりそうと判断して新潟に回ったのかもしれないけど。

これなら最内に入った水口騎手騎乗のセカンドテーブル。

ここ4戦ずっと水口騎手で1勝3着2回4着1回。人気はないだろうし、他馬にマークされずに楽に先行できれば馬券圏内に残るシーンは十分に想像できると思うがどうか。
G2・京王杯2歳Sを11番人気で逃げ切ったシーンの再現も期待できないだろうか。
 
 
 

 
 
 
重賞になると外国人騎手やリーディング上位騎手に乗り替わる、というのは仕方がないところもあるんだろうけど、もう少し日本の若手、中堅どころの騎手を育てる使い方、してほしいなあ・・・と。
 
水口騎手が重賞に乗るのは今年は3回目。
 
岩田なんか今年地方交流を合わせると既に46回も騎乗してるのにまだ重賞勝ちゼロだし、名前と過去の実績にとらわれる騎手起用の仕方をもっと考えてほしいもんだなあと、キーンランドカップの枠順を眺めていてそんなことを思った週末。